僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
左手のリガード奏法を鍛える、カルカッシ「練習曲第4番」
「カルカッシ25の練習曲・第4番」は、主にリガード奏法、
それも下降リガードの練習だが、クラシックギターで使う、
リガードの名称より、ハンマリング・オン、プリング・オフと、
ロックギターで使う名称のほうが、自分にとっては親しい。

リガードは、レガートと同義語、さらにスラーとも同じだが、
いわゆる「レガートに弾く」、音を繋げて弾くための奏法が、
リガード奏法で、これは、ギター特有のテクニックであって、
スラーは、音をつなげて弾く意味で、ピアノなどでも同様。

奏法としてのリガード、演奏表現としてのスラーとなるか、
このあたり、自分でも混同しているし、教本などを見ても、
リガード奏法を、レガートの練習、スラーの練習と分かれ、
単に、スペイン語、イタリア語、英語の違いという程度か。

フュージョンと分類しても良いのか、ジャズ・ロック出身の、
アラン・ホールズワースは、ピッキングをしないで、左手で、
ハンマリング、プリングにより、フレーズをつなぐ演奏へと、
変遷したが、この場合は、レガート奏法と呼ぶことが多い。

このあたりも用語の使い方が、まちまちになっているが、
ホールズワースの、左手だけでフレーズを奏でる方法は、
すでにタレガの曲にも見られ、マノ・イスクィエルダ・ソラ、
左指奏法と表記され、スラーの連続と、解説されている。

ちなみに、タレガは、特殊奏法に、相当たけていたようで、
「アルボダーラ」という曲では、左指奏法で弾くと同時に、
あいた右手では、ハーモニクスを鳴らしていて、これなど、
押尾コータローが得意なタッピング奏法の、原型と言える。

それで、肝心のリガード奏法だが、上昇リガードの場合は、
右指で弾いた音に続け、左指のみで、弦を押さえて鳴らし、
下降リガードは、右指で弾いた後に、押さえている左指で、
弦を引っかいて、指を外すことで、音を鳴らすという奏法。

その一連の動作は、まさに、ロックギターでいうところの、
ハンマリング・オンと、プリング・オフで、こう呼んだほうが、
スラーとの混同もなく、動きもわかりやすいと思うのだが、
実際に弾くことより、用語にこだわる自分は、頭でっかち。

あと、こうした文章で、いつも思うのは、ギターを弾く人には、
わかりきった話だし、弾かない人には、何のことか不明な、
言葉足らずな表現となって、大いに反省すべき点なのだが、
ブログタイトルを、ギターに変更したことでもあり、お許しを。

「カルカッシの25の練習曲」は、ドレミ出版「吉田光三編 
クラシック・ギター・テクニック・マスター」に、全曲があるが、
全音「鈴木巌 クラシック・ギター教本」に、載っている方が、
テンポ指定もあり、運指も合理的なので、それを使っている。

ただ、鈴木教本は、ソル、コスト、アグアド、ジュリアーニと、
多彩な練習曲を、項目別、レベル別に、掲載しているので、
10曲しか出ていないし、必ずしも、カルカッシの付番とは、
掲載順も一致していないから、レベル判断も分かれるところ。

荘村清志が講師だった、74年度「NHKギターをひこう」の、
テキストには、12曲が掲載されているが、前・後期を通じて、
前回苦労した第2番も含めて、10曲が初級のページにあり、
カルカッシが初心者向けと思い込んだ、その一因は、これか。

練習曲第4番は、各小節ごと、同じ音程の、下降リガードを、
三回繰り返すので、左手の移動よりも、リガードに集中でき、
その際の右手は、1弦を薬指、2弦を中指で弾く繰り返しで、
第2番ほど難しくはないが、a・m・a・mの良い練習にもなる。

鈴木教本に出ていないから、メトロノーム速度は不明だが、
アレグレットの指定だから、120より、やや早いのだろうが、
とうてい、その早さで弾けず、特にリガード奏法で弾く場合、
テンポを上げると、あせって、音符の長さより、はねてしまう。

「カルカッシの25の練習曲」から、リガード奏法の練習となる、
第4番は、荘村テキストでは、初級編に分類されてるのだが、
初級から中級者を自認していたのに、ゆっくりでないと無理、
クラシックギターの厳しさを思い知らされつつ、演奏しました。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


落ち着きます
ギターマジシャンさん
おはようございます。
今日はクラシックギターのよい音色ですね。
おかげで冬休み最後の日をとても気持ちよく過ごせそうです。
ビートルズ特集はまたそのうちお願いしますね。

タイトル変更ですね。
自分のブログのリンクの表示を変更しようとしましたら、最近は自動的に変更させるようですね。
ST Rocker | URL | 2014/01/05/Sun 10:23 [編集]
Re: 落ち着きます
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
おはようございます。
今日はクラシックギターのよい音色ですね。
おかげで冬休み最後の日をとても気持ちよく過ごせそうです。
ビートルズ特集はまたそのうちお願いしますね。


クラシックギターも、ビートルズの曲も、未完成のままで、
何とか週末に更新しようと、無理やりアップしているので、
いつも、温かいコメントをいただいて、本当に嬉しいです。



> タイトル変更ですね。
自分のブログのリンクの表示を変更しようとしましたら、最近は自動的に変更させるようですね。


タイトル変更への言及は、10月に変更したことの再確認というか、
あれ以来、独りよがりの記事が続いていることへの、開き直りです。

ギターマジシャン | URL | 2014/01/05/Sun 12:10 [編集]
展開が
早くって もう 一曲UPできてる
すらすら弾けると気持ちいがいいだろうな
むずかしいなんて もんじゃなくて・・・

はやい!

こちら もたもた 指がもつれてますの・・・・うううう

kao | URL | 2014/01/07/Tue 22:04 [編集]
Re: 展開が
いつも、コメントありがとうございます。


> 早くって もう 一曲UPできてる
すらすら弾けると気持ちいがいいだろうな
むずかしいなんて もんじゃなくて・・・

はやい!

こちら もたもた 指がもつれてますの・・・・うううう




ビートルズは、中学時代にすごく練習した曲ですし、
クラシックギターも、中学・高校で、かじった曲を、
何曲か並行して弾いては、少しずつ仕上げています。

クラシックギターは、ちょっと練習を怠けてしまうと、
情けないくらい下手になり、すぐに指がもつれます…。
ギターマジシャン | URL | 2014/01/07/Tue 23:05 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.