僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
不思議と歌詞はスラスラ出る「アクロス・ザ・ユニバース」
74年、中2の夏に、新宿武蔵野館で、三本立ての映画、
「ビートルズがやってくる」「ヘルプ」「レット・イット・ビー」で、
ビートルズと出会ったが、コメディタッチの前2者とは違い、
「レット・イット・ビー」は、製作現場のドキュメンタリーだった。

スタジオ内の映像が多いせいか、全体に暗い印象がして、
曲を作り上げていく過程も、どこか、ぎくしゃくとして見えて、
何よりも、「ヘルプ」とかで、快活に、はしゃぎ回った若者が、
メガネをかけたり、髭も伸ばして、まったくの別人に思えた。

翌年にも映画館だったり、ビートルズ・シネクラブの大会で、
「レット・イット・ビー」を何度か見て、屋上でのコンサートは、
いわゆるサプライズのゲリラ・ライブに驚く、オフィス街の人、
噂を聞きつけ集まる人など、周囲の反応に、妙に感動した。

それでも、全体的に、暗さだったり、違和感がつきまとって、
ポールとジョージが演奏で口論したり、遊び半分の演奏で、
盛り上がったところへ、ポールが来た途端、急にやめたりと、
こうも雰囲気が悪いのを、なんで、わざわざ上映したのか。

演奏は、圧巻のルーフトップ・コンサートは、言うまでもなく、
スタジオの場面でも、完成された演奏は、聴かれるのだが、
楽屋裏をお見せします、みたいに、曲を作り上げる過程や、
演奏を途中でやめたりは、興味深い反面、ちぐはぐに思う。

口頭で曲のコードを伝えて、ヘッドアレンジしていく場面は、
曲作りの秘密にせまる感じで、すごく貴重な場面で良いが、
今で言うメイキングフィルム、それのみで構成された感じで、
ライブDVDの特典映像を、ロードショー公開したような印象。

もちろん、「レット・イット・ビー」こそ、メイキングの先駆けと、
言えなくもないし、「マジカル・ミステリー・ツアー」が、当時、
マスコミから酷評されたが、今では、MTVの元祖だったと、
再評価されたよう、今の自分の目で、改めて確かめたい。

ビートルズが好きになり、その曲をギターを弾くようになると、
これらの映画は、ギターのコードを、どう押さえているかとか、
ストーリーと別に、演奏場面の、細かい部分も見るようになり、
なかでも、「アクロス・ザ・ユニバース」には、すごく感動した。

曲のイントロを弾き始めた、ジョンの左手が、2フレットから、
10フレットへと、スッとポジション移動するのが、ものすごく、
格好良く見えて、やっぱり、ビートルズは、ギターがうまいな、
自分も練習して、弾けるようになりたいと、ひたすら憧れた。

考えてみれば、「アルハンブラの思い出」でも、転調してから、
2から10フレへと移動する箇所があり、クラシックギターでは、
ごく当たり前の、ポジション移動なのだが、当時の自分には、
ジョンのギターテクニックが、神業に見え、ジョンを目指した。

LP「レット・イット・ビー」での、「アクロス~」のリズムギターは、
フォークギターで、他の3人の楽器の音は、ほとんど聴こえず、
オーケストラや合唱団も入るが、映画の中のリハーサルでは、
ジョンはエレキのカジノを弾き、バンド形式で、ポールもハモる。

こうして曲を固めていき、あの形になったのかと、思ってたら、
実際は、ホワイトアルバム直前に録音し、没になっていたが、
チャリティアルバムに提供され、さらに映画で再演したからと、
そのサントラ盤となる「レット・イット・ビー」にも、収録した模様。

今では、4つのテイクが聴けるが、「アンソロジー」は別として、
同じ音源から編集したそうで、バード・バージョンと呼ばれる、
チャリティアルバム版は、スタジオ前にいたファンがコーラスし、
イントロに、鳥の羽ばたく効果音を加えて、テープ速度を上げ、
音程を半音高くしたもので、今は「パストマスターズ2」に収録。

「レット・イット・ビー」では、逆にテープ速度を下げ、半音低くし、
オーケストラや合唱団を加えた、壮大な編曲へと変貌したが、
本来の演奏に戻すという、コンセプトによる、「ネイキッド」では、
速度は変えず、ほぼジョン一人の、弾き語りに近くなっている。

回転数を変えて、音程を上げ下げしたのは、何が目的なのか、
今でも自分には、よくわからないが、おかげで市販の楽譜は、
E♭や、D♭で書かれることになり、初級レベルの自分には、
押さえにくいコードだらけ、かなり苦労して弾いた記憶がある。

もともとが、ジョンの弾き語りだったからか、ベース、ドラムや、
オケが入らなくても、様になるので、昔から弾き語ってた曲で、
久々に演奏しても、歌詞がスラスラ出るのが、ちょっと嬉しくて、
その反面、最近のJ-POPなどは、口ずさむそばから忘れる。

「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」の時に、書いたが、
ポールが、フィル・スペクターのオーケストラ編曲に、怒ろうと、
「ネイキッド」で、本来の演奏へと近づけようと、自分にとっては、
やはりLP「レット・イット・ビー」が、聴きなれたバージョンとなる。

スコアには、オケ、ハープ、コーラスが、一段ずつ載っていて、
本当は、もっと何段にもなるところを、省略しているのだろうが、
そのままギターシンセで演奏し、時折、バックに聴こえてくる、
ワウワウのギターと、タンブーラを、コードだけ弾いて、重ねる。

昔、渋谷河合楽器の発表会で、ギターが、せっかく良いのに、
歌が始まると、あまりの下手さに、ギャップがひどすぎるから、
やはり歌わないほうが良い、と言われたが、今回の演奏でも、
イントロは、自分でも満足の出来なのに、歌が始まると目まい。

いただいたコメントに、年甲斐もなく、調子づき、歌を続けたが、
自分の歌のひどさは、自分が一番わかっていて、反省しつつも、
みんなに背中を押され、3年前に始めた、毎週のギター演奏で、
目に見えてギターが上達したように、歌も、ましにならないかと。

ビートルズの現役時代、発売順としてのラスト・アルバムとなる、
「レット・イット・ビー」に収録の、「アクロス・ザ・ユニバース」を、
できるだけ、LP版のオーケストラ、合唱入り編曲に近づくように、
多重録音して、最後の歌入れだけが、相変わらずの課題です。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


素晴らしい
ギターマジシャンさん こんばんは。

ビートルズシリーズ楽しみにしております。
いいですねぇ。特にサビが音が厚くてとてもいいです。
ジョンが弾いているのが目に浮かびますね。
私もそうですが歌は難しいと毎回感じています。
マサジョン | URL | 2013/12/21/Sat 20:35 [編集]
Re: 素晴らしい
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
ビートルズシリーズ楽しみにしております。
いいですねぇ。特にサビが音が厚くてとてもいいです。
ジョンが弾いているのが目に浮かびますね。
私もそうですが歌は難しいと毎回感じています。




やはり、フィルスペクターの編曲が、一番親しんだバージョンなので、
そのサウンドに近づけるように、ギターシンセなど5本を重ねました。

この曲の歌は、音程を取るのは元より、息継ぎの場所がわからなくて、
息が切れそうになって、腹式呼吸とかを覚えないと、全然駄目ですね。



ギターマジシャン | URL | 2013/12/21/Sat 21:34 [編集]
神の業ですね
ギターマジシャンさん
こんにちは。
このところの活動パワーすごいですね。
そしてビートルズや歌にも録音を続けられていて本当に楽しみです。

僕も新宿武蔵野館3本立てにルーツがあるので、ギターマジシャンさんのお話が毎回自分のことにように蘇ってきます。
当時高校生の僕にはたしかにあのレットイットビーの映画の雰囲気が急には理解できませんでした。
音的には見どころいっぱいですよね。

このAcross The Universeは前々からギターマジシャンさんがおっしゃっていたジョンの神の技ですよね。
その神の技が今回の録音でたっぷり聴けますよ。
歌もますますいい感じです。
ST Rocker | URL | 2013/12/23/Mon 11:20 [編集]
Re: 神の業ですね
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
こんにちは。
このところの活動パワーすごいですね。
そしてビートルズや歌にも録音を続けられていて本当に楽しみです。



クラシックギターに加えて、ビートルズも演奏したいので、
たて続けにアップしましたが、そろそろ週一回に戻ります。



> 僕も新宿武蔵野館3本立てにルーツがあるので、ギターマジシャンさんのお話が毎回自分のことにように蘇ってきます。
当時高校生の僕にはたしかにあのレットイットビーの映画の雰囲気が急には理解できませんでした。
音的には見どころいっぱいですよね。



リアルタイムで経験した人には、ごく当たり前なのでしょうが、
3本一度に見た自分には、1本だけ全く別の映画に感じました。



> このAcross The Universeは前々からギターマジシャンさんがおっしゃっていたジョンの神の技ですよね。
その神の技が今回の録音でたっぷり聴けますよ。
歌もますますいい感じです。



イントロを弾くジョンのギターが、すごく印象に残っていて、
ST Rockerさんのブログでも、コメントさせてもらいました。

ジョンの手がアップだったくらい、イメージが広がってますが、
Youtubeで見ると、ポールも一緒に映った、全景の映像でして、
いかに、思い込みが激しすぎるか、これだけでもうかがえます。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/23/Mon 12:36 [編集]
ありがとうございます♪
いつもいつも即行でリクエストに応えていたいてありがとうございます(*^_^*)

それにしても、以前からずっと弾いてこられた曲とはいえ、
一週間でこれだけの仕上がり・・・ すごいの一言です!
演奏も歌もとってもステキ♪

これからもどんどん歌っちゃってください。
やはり歌うほどに上達するものですよ!
なんて、いつまで経ってもへたっぴな私が言っても
窃盗力ないですが^^;

楽しんでやること・・・ それが一番ですね♪
ちゃらこ | URL | 2013/12/24/Tue 22:19 [編集]
Re: ありがとうございます♪
いつも、コメントありがとうございます。


> いつもいつも即行でリクエストに応えていたいてありがとうございます(*^_^*)


リクエストいただく曲が、どれも演奏したことがあり、
ツボにはまった選曲ばかりなので、すぐにできました。



> それにしても、以前からずっと弾いてこられた曲とはいえ、
一週間でこれだけの仕上がり・・・ すごいの一言そのです!
演奏も歌もとってもステキ♪


バンドスコアがあるので、ひたすら、ドラム入力して、
ギターをダビングすれば、演奏は何とかなりますが、
歌は、やっぱり下手なので、かなり練習が必要です。


> これからもどんどん歌っちゃってください。
やはり歌うほどに上達するものですよ!
なんて、いつまで経ってもへたっぴな私が言っても
窃盗力ないですが^^;


ちゃらこさんが、メイさん名義で、ロッシーさんと、
コラボされている歌は、とても素晴らしいです。


> 楽しんでやること・・・ それが一番ですね♪


おっしゃるとおりで、楽しく、やっていきます。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/24/Tue 23:39 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.