僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ドレミの早さについていけない、カルカッシ「練習曲第1番」
スケール練習と聞いて、誰もが、思い浮かべるのは、
単純なドレミなのだろうが、けっこう馬鹿にできなくて、
実際のところ、ドレミファソラシドを、繰り返すだけでも、
良い練習になるし、そこから、変化をつけるのが基本。

高1の頃、まだ、ローポジションで、開放弦を使う形の、
ドレミファを練習していたら、ギターのうまい同級生が、
6弦の8フレットから始めて、1弦まで、2オクターブの、
スケールを弾いて見せてくれて、すごく驚いて教わる。

まだ、アル・ディ・メオラや、プリズムの和田アキラなど、
早弾きの代名詞となるギタリストは、知らなかったが、
教わったハイポジションのドレミを、いかに早く弾くかと、
必死に練習したのは、漠然と早弾きに憧れていたか。

大学入学と、ほぼ同時に通い出す、渋谷河合楽器の、
ジャズギター教室で、最初に教わったのも、ドレミで、
先生が手書きした、スケール練習の楽譜が渡されて、
ハ長調のCから始め、G・D・Aと別の調へ進んでいく。

開放弦を使うポジションに、5フレット中心のポジション、
9フレット中心のポジションと、およそ3通りの位置で、
各調のスケールを練習して、単純なドレミファであれば、
どのキー、どのポジションでも弾けるよう叩き込まれた。

さらに、ジャズの名門、バークリー音楽院の教本を使い、
スケール練習や、ジャズ特有のテンションコードなどを、
次々と繰り返し練習させられて、最初の1年間だけでも、
ピック演奏のテクニックに関しては、飛躍的に上達した。

教室に入ったとき、ジャズ理論、アドリブを覚えたいが、
何よりも、早弾きがしたいと、先生に話したこともあって、
こうした練習を徹底してくれたし、バークリー教本にある、
「スピード・スタディ」では、メトロノームをどんどん上げた。

先生からは、ゆっくりのテンポで、完璧に弾けていれば、
右手でピッキングできる、自分の限界スピードでも弾け、
早く弾いてミスするのは、どこかをごまかしているからで、
ゆっくりでも、ジャストのタイミングで弾くようにと、教わる。

さらに、自分で口ずさめるような、速度のフレーズならば、
当然に弾けるはずと言われたが、その逆は無理だろう、
ギターで弾けたからって、ジョージ・ベンソンがやるように、
一緒に歌うのは、特にお前の音痴では無理と、笑われた。

そうして鍛えたつもりの早弾きも、錆びた刀ではないが、
年をとると、衰える一方、もともと苦手だった指弾きでは、
ピックで弾く半分の速度でも、指が全然追いつかなくて、
それにつられて、左手もとんでもない音を押さえてしまう。

ここは、クラシックギターの指弾きを、初歩スケールから、
やり直そうと、鈴木巌「クラシック・ギター教本」全3巻の、
第1巻を見ると、開放弦中心の音階練習が、ハ長調から、
ト長調、ニ長調と進むのは、バークリーと同じパターン。

五線譜の臨時記号、シャープを1個ずつ増やしていくが、
フラット付きは、1巻ではヘ長調のみ、ギターの調弦では、
フラット系のキーだと、開放弦が使えなくて、難しいから、
初級では、変ロ長調、変ホ長調へと、進むことはしない。

鈴木巌の2巻では、ハイポジションの練習を終えた後に、
やはりハ長調(C)から、G、D、A、Eと進めていくのだが、
開放弦を含まない音階練習なので、この基本形を覚えて、
フレットをずらせば、全部の調に応用できると解説される。

その章のまとめが、「カルカッシ25の練習曲第1番」で、
ハ長調のドレミを主に、スケールで構成された練習曲は、
上昇、下降を繰り返しながら、アルペジオも交えていて、
単なるドレミよりは、演奏を聴かせる構成に、なっている。

この曲も、以前も書いたのと同様に、勝手な思い込みで、
ゆっくり弾いて、カルカッシは簡単だと、勘違いをしていて、
鈴木巌の指定するテンポ、2分音符=60~80で弾くと、
かなり早くて、左指はともかく、右指が全然追いつかない。

手に入らずにいた、現代ギター社による、練習曲CDが、
最近、再発されたので、今年6月に惜しくも亡くなられた、
稲垣稔が録音した、「カルカッシ25の練習曲」を買うと、
第1番から見事な演奏で、速度も1拍200近い、すごさ。

ちなみに、稲垣の演奏は、かつての宣伝コピーにあった、
「単なる模範演奏の域を超えた」、「鑑賞用にも」のとおり、
音色は美しいし、フレーズの歌わせ方も、見事なうえに、
それでいて、参考となるよう、テンポ変化は抑えている。

25の練習曲を、全部弾けるようにしたいと、思えるほど、
単なる練習曲と馬鹿にしていた、このカルカッシの曲が、
演奏会用作品として、魅力的に聴こえ、これが弾ければ、
テクニックも向上するから、少しずつ練習していくつもり。

単純スケールに近い、第1番は、アルアイレとアポヤンド、
それぞれで弾けるようにと、鈴木巌の指定があるのだが、
アポヤンドで、きれいな音を出そうとすると、今の自分は、
かなりゆっくりでないと無理で、アルアイレでも早くはない。

目の覚めるような、という表現が、ふさわしいか不明だが、
とにかく早弾きに憧れる自分に、この遅さは耐えられず、
そもそも、この手の曲は、ゆっくりだと、本当、文字通り、
単なるドレミファに過ぎず、演奏のアップなど意味がない。

ほとんどをアルアイレで、しかもミストーンも気にせず弾き、
それでも、稲垣のテンポに及ばないうえ、弾いているうち、
どんどん遅くなっていき、これが今の自分の右手の限界、
半音階練習も含め、スケール練習に励まないといけない。

カルカッシの「25の練習曲 op.60」から、その第1番、
音階練習で構成された曲を、自分の限界に近いテンポで、
慌しく弾いたつもりが、指定テンポには、はるかに及ばず、
自分で聴いても、トロトロ弾いていると思ってしまいます。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


おはようございます
ギターマジシャンさん
おはようございます。
ドレミ・・のシンプルかつ奥行きが深いこと、よくわかります。
ギターマジシャンさんはお友達や先生から影響されそれを自分のものとして発展させてこれらたというのは、素晴らしいです。

私も先日のピアノのMaybe I'm AmazedではベースのピアノがCからB♭まで半音ずつ上がるのが、シンプルではあるものの意外に難しかったでした。

今日の曲も素晴らしいですね。
ST Rocker | URL | 2013/12/15/Sun 10:45 [編集]
がんばるねん
>、第1番は、アルアイレとアポヤンド、
それぞれで弾けるようにと、鈴木巌の指定があるのだが、
アポヤンドで、きれいな音を出そうとすると、今の自分は、
かなりゆっくりでないと無理で、アルアイレでも早くはない。

ううん、速さについていけているから
私なんか・・・・私もやらなきゃ!ほんとうに 基本を見直して 気づくことも多くって・・・
最近私ってこんなに弾けないのねって 笑えます。
でも めげない五十路女はつよし うううん がんばるねん!!
kao | URL | 2013/12/15/Sun 12:03 [編集]
Re: おはようございます
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
おはようございます。
ドレミ・・のシンプルかつ奥行きが深いこと、よくわかります。
ギターマジシャンさんはお友達や先生から影響されそれを自分のものとして発展させてこれらたというのは、素晴らしいです。



単純なドレミの音階ですが、それがすべての基本でして、
友人、先生からのアドバイスも、すごく役立っています、


> 私も先日のピアノのMaybe I'm AmazedではベースのピアノがCからB♭まで半音ずつ上がるのが、シンプルではあるものの意外に難しかったでした。



ピアノで弾く半音階スケールは、ギターとは違って、
黒・白鍵盤が混在する分、かなり難しいと思います。


> 今日の曲も素晴らしいですね。



かなりミスが多いうえ、テンポも遅くなってしまい、
もっともっと、右指を訓練して、完成させたいです。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/15/Sun 12:45 [編集]
Re: がんばるねん
いつも、コメントありがとうございます。


> >、第1番は、アルアイレとアポヤンド、
それぞれで弾けるようにと、鈴木巌の指定があるのだが、
アポヤンドで、きれいな音を出そうとすると、今の自分は、
かなりゆっくりでないと無理で、アルアイレでも早くはない。

> ううん、速さについていけているから
私なんか・・・・私もやらなきゃ!ほんとうに 基本を見直して 気づくことも多くって・・・
最近私ってこんなに弾けないのねって 笑えます。
でも めげない五十路女はつよし うううん がんばるねん!!




指定されたテンポよりも遅く、しかも、弾いているうち、
どんどん遅くなっていくので、メトロノームを鳴らして、
テンポを上げていくように、基礎からのやり直しですね。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/15/Sun 12:57 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.