僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ビートルズ熱、未だ冷めやらず、「サムシング」と「ガール」を
ポールのライブへ行ってもいないのに、ブログ仲間の、
刺激を受け、何十年ぶりの、ビートルズに興奮の日々、
いただいたコメントで、触れた程度の曲名にも、反応し、
「ガール」「サムシング」も名曲だと、早々に練習する。

「ガール」を最初に聴いたのは、「ラバー・ソウル」だか、
「赤盤」だったかは、覚えてなくて、もう解散後とはいえ、
LPを発売順に、聴いたりはしなかったし、曲順にしても、
当時は、片っ端からラジオで録音して、バラバラだった。

サビにある、特徴的なブレス音を、息を吸っているのか、
吐いているのか、さらに鼻息なのか、口呼吸なのかと、
友人たちと、ワイワイ話したり、後半のギターの部分を、
これはツインリードだと、真似しては、盛り上がっていた。

中1の時のガットギターに加え、中3の春にはエレキを、
夏にはフォークギターを、父の配達を少しだけ手伝って、
二光通販の恵比寿店で、買ってもらい、バンドスコアや、
「ひき語りビートルズ」で練習して、次第に、うぬぼれる。

そんな頃、文化祭のステージで、バンド演奏する連中が、
1ヶ月ほど前から、ギターを学校に持ってきて、放課後に、
教室で練習していたので、自分も弾けるのを、見せたくて、
文化祭には、出もしないのに、ギターを担いで登校する。

何か弾くよう言われて、ただコードをかき鳴らすだけでは、
馬鹿にされると思い、低音のベースラインを加える奏法の、
ビートルズの「ロッキー・ラクーン」を、弾き語りしたところ、
ギターはまあまあだが、歌はやめとけよと、皆に笑われた。

リードギターはできるかと聞かれ、「サムシング」を弾くと、
そんなゆっくりなのは、リードギターじゃないよと言われて、
いや、もともとこんな曲だよと、慰めてくれる友人もいたが、
ろくにギターも弾けないのに、口先だけの奴という結果に。

ただ、友人らに悪意はなく、小学生からのつき合いだから、
「巨人の星」で、野球チームに入り、「おれは男だ!」では、
剣道部へ入部、漫画家になる、手品師になると騒いだのに、
今度はギタリストかよと、ただただ呆れていたというところ。

その後も、今にいたるまで、プロを目指しはしないものの、
スキーだったり、ブレイクダンスだったり、ジャグリングから、
曲芸MTBと、一時的に集中しては、すぐに飽きたのだが、
ギターだけは、ずっと続けていて、今も毎日練習している。

買ったばかりの、ビートルズのクラシックギター編曲集に、
「サムシング」が出ていて、かなり原曲の雰囲気に近くて、
気に入るが、途中のジョージのアドリブが省略されていて、
物足りないので、二重奏にしてみようか、いろいろ考える。

ポール・マッカートニーが、ジョージの追悼コンサートでは、
この曲をウクレレで歌ったと、雑誌か何かで読んだので、
Youtubeで見ると、チャンカチャンカと、コードを刻んでて、
ハワイアンでもないし、ボードビルのバンジョー演奏のよう。

ちょっと、がっかりすると、サビから観客との合唱になって、
やがてバンドが加わってくると同時に、あのギターソロを、
バックバンドのギタリストが、音色は少し歪ませているが、
ジョージがLPで弾いたのと、ほぼ同じフレーズを弾ききる。

ああ、やっぱり、「サムシング」は、エレキでこのアドリブを、
弾かなければダメだ、中学では、フォークギターだったから、
いけなかったんだと、単に下手くそだったのを、棚に上げて、
エレキギターを出すが、やはりジョージのようには弾けない。

それでも、「サムシング」のギターソロを、再現したくなって、
MTRにドラムを打ち込み、ベースや、リズムギターを重ね、
オルガンはギターシンセで、メロディは、先にガットで録音、
オケを完成させ、自分としては、渾身のソロを乗せたつもり。

もう一方の「ガール」も、せっかくだから、ギターをダビングし、
なるべく原曲に近づけるが、ジョンのリズムギターは難しくて、
力強く、リズミカルにコードを刻むのは、今も弾けないまま、
歌も当然NGで、インストにするのは、「サムシング」と同様。

ポールの来日に便乗しての、ビートルズ演奏も、こうも続くと、
だんだん飽きられそうですが、これまでのソロギター編曲を、
バンドスコアの演奏と、目線を変え、しかもポールの曲でなく、
ジョージの「サムシング」、ジョンの「ガール」をアップします。









スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


お久しぶりです。とても素敵です!原曲にとても近く暖かいサウンドで、特に「サムシング」解説とともに興味深く聴かせていただきました。ポールがジョージの追悼コンサートの時にウクレレで演奏していたのですか…。
wwpower | URL | 2013/11/30/Sat 09:50 [編集]
ギターマジシャンさん こんにちは。
2曲とも最高ですね。ここまで弾けるとは羨ましい限りです。
特にサムシングは完璧ではないでしょうか。
今度、サムシングのベースを担当するので勉強になりました。
やはり、シンセの効果も絶大ですね。
マサジョン | URL | 2013/11/30/Sat 14:44 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> お久しぶりです。とても素敵です!原曲にとても近く暖かいサウンドで、特に「サムシング」解説とともに興味深く聴かせていただきました。ポールがジョージの追悼コンサートの時にウクレレで演奏していたのですか…。




ポールの来日で、なんだか勝手に、ビートルズに盛り上がっています。

ウクレレ演奏の「サムシング」は、ジョージの追悼コンサートに限らず、
最近のライブでは、必ず演奏するレパートリーになっているようです。

wwpowerさんのYoutubeチャンネルが、復活したので、過去の演奏や、
新曲で、弾き語りやソロギターを聴かせていただくのが、楽しみです。
ギターマジシャン | URL | 2013/11/30/Sat 18:09 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんにちは。
2曲とも最高ですね。ここまで弾けるとは羨ましい限りです。
特にサムシングは完璧ではないでしょうか。
今度、サムシングのベースを担当するので勉強になりました。
やはり、シンセの効果も絶大ですね。



「サムシング」は、リズムギターやベースが、1番、2番で変わるのを、
バンドスコアでは省略されてて、自分も同じフレーズを繰り返したので、
完全コピーとは程遠いのですが、マニアの方に誉められると嬉しいです。

この曲は、かぶってくるオルガンやオーケストラの音が、すごく良くて、
ギターシンセを重ねたら、音に厚みが出て、けっこう雰囲気が似ました。

ギターマジシャン | URL | 2013/11/30/Sat 18:15 [編集]
久々のカキコですf(^^;
サムシングもガールも素敵なですね
ビートルズってだけで
横道的で、すみまへん。
あたいはAnd I Love Herをインストとして
ギターデュオで昔ライヴでプレイ。
Helter SkelterやCome Togethe
セゥション的な意味合いで
よく取り出されるGet Backとかも演奏しました。
あとLet It BeぐらいならKey…ピアノの弾けるかなと
ガンバしてみましたが、たどたどしかった思い出が…(苦笑)
NOBU | URL | 2013/11/30/Sat 22:54 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 久々のカキコですf(^^;
サムシングもガールも素敵なですね
ビートルズってだけで
横道的で、すみまへん。
あたいはAnd I Love Herをインストとして
ギターデュオで昔ライヴでプレイ。
Helter SkelterやCome Togethe
セゥション的な意味合いで
よく取り出されるGet Backとかも演奏しました。
あとLet It BeぐらいならKey…ピアノの弾けるかなと
ガンバしてみましたが、たどたどしかった思い出が…(苦笑)



And I Love Herのギターデュオは、良い感じでしょうし、
その他の曲は、もろロックで、アドリブしやすいですよね。

NOBUさんのお師匠、和田アキラも、プライアのライブで、
The Long And Winding Roadをカバーされていましたね。

ギターマジシャン | URL | 2013/12/01/Sun 01:07 [編集]
両曲ともにギターがリリカルに歌っていて素敵です。
バッキングもさりげなくワウが鳴っていたり、12弦の音が聴こえたり、
細部まで拘りを持って演奏されているのにも感動しました。
よねちゃん | URL | 2013/12/01/Sun 01:43 [編集]
いやぁ~~
飽きることなんて ないですよ~~
私の青春時代ですもん
私はど田舎育ちなので、もし、当時いろいろならえ、
ギター仲間がいて弾ける環境にあったなら
きっと もっともっと のめりこんだだろうと思います

ジョージのサムシング 
うううん なんだ 当時にタイムスリップです!
仕上がりのなんと素敵なことか・・・
(これを パーカッションも加えて おひとりで 合わせていくなんて・・・才能だわーー) 

※唯一 共通点を見出しました!
>一時的に集中しては、すぐに飽きたのだが、
ギターだけは、ずっと続けていて、今も毎日練習

あははは ここ だけ 一緒 で 満足なkaoの朝が始まります
今日もすてきなギター日和にね♪
kao | URL | 2013/12/01/Sun 08:51 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 両曲ともにギターがリリカルに歌っていて素敵です。
バッキングもさりげなくワウが鳴っていたり、12弦の音が聴こえたり、
細部まで拘りを持って演奏されているのにも感動しました。



歌が下手なので、メロディラインを、ガットギターで弾いている分、
なるべくボーカルに近い雰囲気を出すよう、歌うようにと心がけて、
半ば自己満足で、原曲にあるギターの細かい部分を、再現しました。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/01/Sun 08:56 [編集]
Re: いやぁ~~
いつも、コメントありがとうございます。


> 飽きることなんて ないですよ~~
私の青春時代ですもん
私はど田舎育ちなので、もし、当時いろいろならえ、
ギター仲間がいて弾ける環境にあったなら
きっと もっともっと のめりこんだだろうと思います


ビートルズばかり続きましたが、力強いコメントありがとうございます。



> ジョージのサムシング 
うううん なんだ 当時にタイムスリップです!
仕上がりのなんと素敵なことか・・・
(これを パーカッションも加えて おひとりで 合わせていくなんて・・・才能だわーー) 



多重録音そのものは、何度もやっていると、コツをつかんできますが、
肝心の演奏となると、日々の練習が大切で、まだまだミスも多いです。


> ※唯一 共通点を見出しました!
>一時的に集中しては、すぐに飽きたのだが、
ギターだけは、ずっと続けていて、今も毎日練習

あははは ここ だけ 一緒 で 満足なkaoの朝が始まります
今日もすてきなギター日和にね♪



kaoさんもギターの日々で、ますます演奏も音色の磨きがかかって、
フレーズのタイム感、曲の背景の考察など、深い次元になってますね。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/01/Sun 09:34 [編集]
ジョージとジョン
ギターマジシャンさん
こんばんは。
3週連続のビートルズシリーズ。とてもうれしいです。

今回はジョージとジョンのそれぞれ名曲ですね。
いつものことながら学生時代の懐かしい思い出のお話がまたいいですね。
僕も思い出します。

さてこの2曲、ジョージやジョンが表現したかったはずである音がとてもよく出ていると思います。
ああ、改めて名曲なんだな、と感慨を新たにしました。

他の楽器もみごとに表現されてますね。
ST Rocker | URL | 2013/12/01/Sun 17:05 [編集]
Re: ジョージとジョン
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
こんばんは。
3週連続のビートルズシリーズ。とてもうれしいです。



ポールの来日に便乗して、一人で盛り上がり、調子づいていたのが、
自己嫌悪気味で、そう言っていただけると、こちらこそ嬉しいです。



> 今回はジョージとジョンのそれぞれ名曲ですね。
いつものことながら学生時代の懐かしい思い出のお話がまたいいですね。
僕も思い出します。



ST Rockerさんも、昔から楽器を演奏されたり、文化祭での写真も、
ブログに載せられているので、たくさんの思い出話がおありですね。



> さてこの2曲、ジョージやジョンが表現したかったはずである音がとてもよく出ていると思います。
ああ、改めて名曲なんだな、と感慨を新たにしました。



ビートルズの曲は、歌詞も良いのですが、こうしてインストにして、
メロディだけの演奏でも、名曲だと感じられる、そこがすごいです。


> 他の楽器もみごとに表現されてますね。



バンドスコアを元に、なるべく雰囲気を出すようにしました。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/01/Sun 18:49 [編集]
今回はバンド編成復活なんですね。
サムシングはとても味わいのある演奏でした♪
ガールはオシャレな雰囲気がいいですね。
ビートルズにギターマジシャンさんの歴史を感じました^^
リッチーエリックボーン | URL | 2013/12/01/Sun 20:29 [編集]
いいです!いいですぅ♪
飽きるなんてないですよ!
私のブログもご覧いただいたとおりビートルズネタだし・・・
みなさんのコメントもとっても盛り上がってるし!

「サムシング」、そうですこれですよね。
イントロ聴いてすぐニンマリしている自分がいました(笑)
「ガール」も名曲ですよね。
今回どちらの曲も「ビートルズ」にしての演奏だったのがとても嬉しく思いました。

一時的に集中・・・ 笑えたというか同感ですね(笑)
みんなそんなもんじゃないでしょうか?^^;
ちゃらこ | URL | 2013/12/02/Mon 00:15 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 今回はバンド編成復活なんですね。
サムシングはとても味わいのある演奏でした♪
ガールはオシャレな雰囲気がいいですね。
ビートルズにギターマジシャンさんの歴史を感じました^^



久々に、バンドスコアに沿った演奏を、MTRで録音しました。

クラシックギターの原点が、テレビ「ギターをひこう」ならば、
ロックギターの原点は、ビートルズと言って良く、それ以上に、
その後の人生そのものを、左右してしまったと言えるほどです。

ギターマジシャン | URL | 2013/12/02/Mon 00:34 [編集]
Re: いいです!いいですぅ♪
いつも、コメントありがとうございます。


> 飽きるなんてないですよ!
私のブログもご覧いただいたとおりビートルズネタだし・・・
みなさんのコメントもとっても盛り上がってるし!



これまでブログにいただいたコメントの中でも、この数回、
ビートルズ関連が、いちばん盛り上がっている感じですね。



> 「サムシング」、そうですこれですよね。
イントロ聴いてすぐニンマリしている自分がいました(笑)
「ガール」も名曲ですよね。
今回どちらの曲も「ビートルズ」にしての演奏だったのがとても嬉しく思いました。



ビートルズの曲は、クラシックギター編曲でも、すごく合いますが、
やはり原曲どおりのバンド演奏が、何をおいても、良いと思います、



> 一時的に集中・・・ 笑えたというか同感ですね(笑)
みんなそんなもんじゃないでしょうか?^^;



何もかも飽きずに続けるのは、時間がいくらあっても無理ですし、
そのなかで、続けられたものがあるだけ、少しはましでしょうか。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/02/Mon 00:44 [編集]
我がビートルズは永久に不滅です!?
ギターマジシャンさん、今晩は。

何からカキコして好いか不明ですけど、全てが懐かしく心地好くハートウォームであり色褪せないメロディライン、且つ初めて聴くギタマジさんの五本指演奏のビートルズ、力まず簡単に弾いている感じが素晴らしく、ゼーンゼン飽きませんよ。

約半世紀前の今頃、AM放送からPlease please me が聴こえて来たアノ日の事、私は生涯忘れられません。ご存じないと思いますが・・・・因みにDJはケン・タジマ氏と云う方でした!?それ以来、彼等はどれほど私に影響与えたか計り知れませんね。

中学時代、スキモノ仲間とコード演奏とヘタクソな歌主体で、彼等のコピー演奏してましたが、長じてからそれでは物足りなく五本指演奏へ没頭していました。

江部氏教則本は基よりですが、他編曲者で富山詩曜氏のClassic guitar Beatles や、矢堀孝一氏のJazz guitar Beatles などを買い込み、身に浸み込んだビートルズ・フレーズの各人各様のアレンジメント相違など、嬉しくも愉しいインスト・ビートルズ、私にとっては永遠不滅のメロディですなァ。
take10n | URL | 2013/12/03/Tue 00:40 [編集]
Re: 我がビートルズは永久に不滅です!?
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん、今晩は。
> 何からカキコして好いか不明ですけど、全てが懐かしく心地好くハートウォームであり色褪せないメロディライン、且つ初めて聴くギタマジさんの五本指演奏のビートルズ、力まず簡単に弾いている感じが素晴らしく、ゼーンゼン飽きませんよ。



ビートルズについては、いつの何から書こうか、あまりにも多くて、
ポールの来日をきっかけに、ようやく、記事らしいものを書いたり、
クラシックギター編曲を手始めにして、自分でも演奏してみました。



> 約半世紀前の今頃、AM放送からPlease please me が聴こえて来たアノ日の事、私は生涯忘れられません。ご存じないと思いますが・・・・因みにDJはケン・タジマ氏と云う方でした!?それ以来、彼等はどれほど私に影響与えたか計り知れませんね。



自分は、解散後の後追いで、ビートルズを聴いたのわけですが、
リアルタイムで、しかも、今までになかったような類の音楽が、
突然現れたのですから、その衝撃は、すごかったのでしょうね。



> 中学時代、スキモノ仲間とコード演奏とヘタクソな歌主体で、彼等のコピー演奏してましたが、長じてからそれでは物足りなく五本指演奏へ没頭していました。



take10nさんは、クラシックギターを小原安正について学ばれたので、
コピーも本格的だったでしょうし、クラシックギター編曲の演奏でも、
教室で身につけたテクニックを駆使され、弾きこなしたのでしょうね。



> 江部氏教則本は基よりですが、他編曲者で富山詩曜氏のClassic guitar Beatles や、矢堀孝一氏のJazz guitar Beatles などを買い込み、身に浸み込んだビートルズ・フレーズの各人各様のアレンジメント相違など、嬉しくも愉しいインスト・ビートルズ、私にとっては永遠不滅のメロディですなァ。



クラシックギターでなく、ジャズギターへのアレンジも数多くあって、
編曲者によって、こうも違うのかと、比較するのも楽しいでしょうし、
どんな風に料理されても、メロディが光り輝くのがビートルズですね。
ギターマジシャン | URL | 2013/12/03/Tue 02:42 [編集]
これ きれい!
なんだか せつなくなる感じにしあがっていて・・・

なつかしいなあって・・・・

それにしても よく合わせられるものですね・・一人でいろんな音を。感心しているのですほんとうに。
kao | URL | 2014/03/05/Wed 22:26 [編集]
Re: これ きれい!
いつも、コメントありがとうございます。



> なんだか せつなくなる感じにしあがっていて・・・
なつかしいなあって・・・・
それにしても よく合わせられるものですね・・一人でいろんな音を。感心しているのですほんとうに。



MTR、マルチトラックレコーダーを使っていて、メトロノームを鳴らし、
リズムギターやベースを入れるので、クラシックの一人二重奏に比べて、
リズムは崩れませんし、あとは、どんどん音を重ねる作業ですみます。

耳コピはできないので、楽譜があれば、それなりのオケが作れますが、
ミスも多く、PCソフトで作る人のクオリティには、届かないですね。
ギターマジシャン | URL | 2014/03/06/Thu 07:25 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.