僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
今でも不気味に感じてしまう、ヴィラ・ロボス「前奏曲第1番」
高1の時、NHK「ギターをひこう」のミニミニコンサートで、
講師の芳志戸幹雄が、ヴィラ・ロボスの曲を演奏したが、
減5度の和音・ディミニッシュコードが、不気味に感じて、
現代音楽、それも前衛音楽で、難解と決めつけてしまう。

その後、ジャズのテンションコードなどに、慣れるにつれ、
嫌悪感もなくなり、練習もしたと、先日記事にも書いたが、
それでも、例えば、「前奏曲第1番」は、この歳になっても、
冒頭の和音から、不気味な響きがする、現代曲に思える。

出だしの部分は、ホ短調で、開放弦のEmコードが主体で、
「禁じられた遊び」と、同じようなコード進行になっているが、
片や叙情的な旋律で、哀愁かつメランコリックな響きに対し、
ヴィラ・ロボスの曲は、不気味な響きと感じるから、不思議。

この「前奏曲第1番」は、先日の「前奏曲第4番」と同様に、
東京音楽アカデミーの教材で、楽譜付LPを持っていたが、
こちらは、ほとんど弾いたことがなくて、クラシックギターに、
気合の入った04年に、他のヴィラ・ロボスと合わせて練習。

同じ頃に買った、「クラシックギターのしらべ」にも載っていて、
こちらはTAB譜も併記しているから、運指も分かりやすくて、
冒頭の部分は、初心者でも、何とか弾けそうな運指だったし、
メロディも覚えやすく、ある意味「禁じられた遊び」の中級向。

メロディ部分を、「禁じられた遊び」では、1弦で弾きながら、
2弦、3弦の開放弦を、アルペジオで鳴らして、伴奏するが、
「前奏曲第1番」は、4・5弦でメロディを弾き、1から3弦の、
開放弦の和音で伴奏し、どちらも、うまく開放を利用してる。

左手は、指1本で押さえて、ポジション移動しても弾けるし、
かなり楽な運指だが、メロディをちゃんと歌わせるとなると、
初級向けの「禁じられた遊び」でも、自分には至難の業だし、
「前奏曲」での低音弦・ハイポジションは、音程さえ危ない。

エレキギターのチョーキングや、ビブラートは苦手なのだが、
クラシックギターでも、メロディを歌わせるのに、わずかでも、
ビブラートをかけることがあると、音程が外れがちになったり、
ほとんどかけてないに等しい、ヌメーっとした音になってくる。

この前奏曲での低音弦のメロディは、チェロを意識していると、
解説にあったが、タレガが弦やポジションを使い分けることで、
ギターの音色を巧みにあやつるよう、作曲・運指したの同様、
ヴィラ・ロボスも、そうした配慮が多くて、難易度を上げている。

サビの部分は、2拍子と3拍子が交互になっていて、さながら、
5拍の変拍子のようだが、ジャズの名曲「テイク・ファイブ」とは、
ノリは全然違うし、自分が弾くと、つっこみ気味の3拍子となり、
ゆっくりにすれば、少しは正確に弾けるので、気持ちの焦りか。

不気味に感じ、敬遠した曲は、実は、演奏は楽なのかと思い、
安易に取り組んだら、相反して、難しい箇所だらけと気づいて、
やっぱり、とっつきにくい曲だと、結局は放り出してしまったが、
今回練習すると、メロディはわかりやすく、珍しく暗譜もできた。

ヴィラ・ロボス、全5曲の前奏曲より、セゴビアも好んで演奏し、
おそらく5曲のうち、一番多くのギタリストが取り上げただろう、
「前奏曲第1番」を、セゴビアを意識しつつ、セゴビアトーンより、
淡白な音で、テンポも遅れがちと、反省も多いままアップです。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


一番のり
長けた方がコメントする前に入れないと、、言えなくなる、、、(笑)

今回は同曲の村治さんの運指でYouTube動画も併せて観ました。
やはりマジシャンさんは凄いんだなぁ~と音では難度具合が分からない素人は思う次第です。

そうそう村治さんは cavatina , portraits とドライブのお供中です。
以前、海外の賞をとってNHKに出演された少女が村治さんだったことも知りました。

実は最近、、、キーボよりも、ギターにはまっています。
少なからずマジシャンさんの影響、、、左指先が痛い・・・(汗)

1週間単位で仕上げてゆくスピード、飽くなき挑戦、、、、。
色んな意味で記事も動画も勉強と刺激になります。

ロッシー | URL | 2013/05/26/Sun 18:15 [編集]
Re: 一番のり
いつも、コメントありがとうございます。


> 長けた方がコメントする前に入れないと、、言えなくなる、、、(笑)


ブログに訪問され、演奏を聴いていただくだけでも、ありがたく、
そのうえに、コメントいただけるのは、何よりも嬉しいことです。


> 今回は同曲の村治さんの運指でYouTube動画も併せて観ました。
やはりマジシャンさんは凄いんだなぁ~と音では難度具合が分からない素人は思う次第です。


セゴビアを始め、そうそうたる巨匠の演奏がYoutubeにありますが、
村治佳織は、丁寧な演奏で、運指もきれいなので、参考になります。


> そうそう村治さんは cavatina , portraits とドライブのお供中です。
以前、海外の賞をとってNHKに出演された少女が村治さんだったことも知りました。


どちらのアルバムも名曲ばかりで、自分でも村治のベスト3に入りますし、
昔から有名なので、あの少女が、すごく立派になったと、感慨深いですね。


> 実は最近、、、キーボよりも、ギターにはまっています。
少なからずマジシャンさんの影響、、、左指先が痛い・・・(汗)



ロッシーさんは、キーボードを始めとして、マルチ奏者ですから、
もともとギターも演奏されてますが、さらにレベルアップですね。



> 1週間単位で仕上げてゆくスピード、飽くなき挑戦、、、、。
色んな意味で記事も動画も勉強と刺激になります。



弾きたい曲が、次から次へと出てくるので、未完成のまま、
どんどん進めているのですが、そうやって弾き続けるから、
怠け癖を克服して、少しずつでも上達してると思ってます。
ギターマジシャン | URL | 2013/05/26/Sun 20:45 [編集]
タメのあるような、独特のリズムがすごく難しく思いました。
テクニカルなのに、さらに細かい表情を付けるなんて神業です。
いつも難曲に挑んでおられ、さすがでございます。
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2013/05/26/Sun 21:26 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> タメのあるような、独特のリズムがすごく難しく思いました。
テクニカルなのに、さらに細かい表情を付けるなんて神業です。
いつも難曲に挑んでおられ、さすがでございます。



クラシック音楽は、ギターに限らず、ノーミスで弾けて当たり前、
そのうえで、曲を解釈しつつ、表情をつけたりしていくのですが、
ミスだらけなので、せめて音色くらい何とかしようと弾いてます。

爪の当たる雑音、開放弦や隣の弦が鳴る、単純ミスを減らしつつ、
きちんとしたリズム、音色を出せるのは、いつになることやら…。
ギターマジシャン | URL | 2013/05/26/Sun 23:20 [編集]
はじめのタメの利いたベースフレーズから、
ディミニッシュの早いコードチェンジ、
ブラッシングのところの切れ、いつもながら全体を通して、
基本のテンポが心地よく素晴らしい演奏ですね。
エンディングのベース音が伸びるところもチェロみたいで、
大事に音を置いておられるのが感じられました。
(クラシックの用語や奏法名が分からず感覚的な表現ですみません)
よねちゃん | URL | 2013/05/28/Tue 23:46 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> はじめのタメの利いたベースフレーズから、
ディミニッシュの早いコードチェンジ、
ブラッシングのところの切れ、いつもながら全体を通して、
基本のテンポが心地よく素晴らしい演奏ですね。
エンディングのベース音が伸びるところもチェロみたいで、
大事に音を置いておられるのが感じられました。
(クラシックの用語や奏法名が分からず感覚的な表現ですみません)




まだまだ指弾きでは、思ったような速さで、指が動かず、
せめて音色や抑揚ぐらいはと、気をつけて弾いています。

自分も用語は、あまり詳しくなく、ロックと混ざったり、
教則本や、Wikiで、確認しつつ、記事を書いてます。
ギターマジシャン | URL | 2013/05/29/Wed 07:09 [編集]
スペインとブラジルと
こんにちはーー
セゴビアよりセゴビアらしい ・・なんて 思ってしまうほど メロディーがよく歌っているなぁって。

ところで これは 私の幼稚な発想なんですけど・・(笑)
ロボスって ブラジルにヨーロッパのいい音楽を
とり入れたかったのでしょうか? なんて・・
どうしても この曲の始まりは あのカタロニアの「鳥の歌」に似た感じがして・・・

でも、どっかで きちんと ブラジルのリズム、ブラジル風なにおいを
感じさせずにはいられない曲なんかなぁなんて マジシャンさんのギターから
そんな想像をしてしまいました・・・うううん、それにしても ゆさぶられる
フレーズを作ってらっしゃるなぁって・・・。
kao | URL | 2013/06/01/Sat 19:25 [編集]
Re: スペインとブラジルと
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちはーー
セゴビアよりセゴビアらしい ・・なんて 思ってしまうほど メロディーがよく歌っているなぁって。


いつも以上に、メロディに気をつけて、演奏してはいますが、
「セゴビアらしい」のお言葉は、嬉しくも、おそれ多いです。


> ところで これは 私の幼稚な発想なんですけど・・(笑)
ロボスって ブラジルにヨーロッパのいい音楽を
とり入れたかったのでしょうか? なんて・・
どうしても この曲の始まりは あのカタロニアの「鳥の歌」に似た感じがして・・・



ヴィラ・ロボスは、幼い頃からチェロを習っていたので、
カザルスの「鳥の歌」は、しみついていたかと思います。

ブラジル民謡を採取しつつ、モーツァルト、ヘンデルを、
勉強したそうで、西欧音楽をまさに取り入れたはずです。



> でも、どっかで きちんと ブラジルのリズム、ブラジル風なにおいを
感じさせずにはいられない曲なんかなぁなんて マジシャンさんのギターから
そんな想像をしてしまいました・・・うううん、それにしても ゆさぶられる
フレーズを作ってらっしゃるなぁって・・・。



ヴィラ・ロボスのメロディは、すごく耳に残るフレーズで、
独特の和音と合わせて、ギターをすごく生かした作曲です。
ギターマジシャン | URL | 2013/06/01/Sat 21:54 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.