僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
献呈された大萩康司が優しく奏でる、レイ・ゲーラ「そのあくる日」
03年末、新宿で忘年会があった際、早く着いたので、
小田急デパートの本売り場で、時間を潰したのだが、
一般の本屋では、あまり見かけなくなった、月刊誌、
「現代ギター」があり、懐かしさから、つい手にとった。

20年ぶりで見た雑誌の中身は、練習講座も充実し、
特集記事から、広告までも、すごく興味ある内容で、
迷わずに購入したが、次の号も読みたくなってきて、
近所には置いてないからと、年間購読も申し込んだ。

そうして、04年は、クラシックギターに気合が入って、
豊島区にある、現代ギター社ビルまで、何度も行き、
マニアックな楽譜やCDを探して、買い集めたのだが、
それで満足し、弾けるまではいかない、恒例パターン。

それにしても、歳を取るにつれ、出不精となっていき、
ポイントが一番つくからと、仕事帰りに、回り道しては、
CDを買った、銀座の山野楽器さえ、遠のいた自分が、
地下鉄を乗り継ぎ、よく出かけたなと、我ながら感心。

手品や漫画を買いに、新宿、神田、二子玉川、三鷹と、
遠出した中学の頃でも、楽譜を買うのは、近所の本屋、
レコード屋であって、演奏レベルも、興味の対象からも、
中学の自分は、一般的な楽譜で、十分だったのだろう。

高校に入ると、同級生の影響もあってか、興味も広がり、
渋谷のヤマハ、カワイ、石橋楽器らへ、通うようになって、
専門的な楽譜を買ったり、次第に、御茶ノ水や銀座へと、
足を伸ばして、20代は、あちこち出かけて買い集めた。

それに近いくらい、クラシックギターの楽譜を買いたくて、
現代ギター社のGGショップまで行ったが、通販でなく、
店員さんと話すことで、同じ曲でも、出版社による違い、
編曲者の違いなどを、いろいろ教わることも楽しかった。

若手ギタリストの大萩康司が、テレビで特集されたのは、
その頃だったか、記憶があいまいだが、演奏が気に入り、
CDを何枚かレンタルすると、1枚目「11月のある日」や、
2枚目の「そのあくる日」が、何よりも、弾いてみたくなる。

ギタリストのレイ・ゲーラが、大萩康司のために作曲した、
「そのあくる日」は、タイトルといい、曲の雰囲気といい、
大萩のデビュー作のアルバムタイトルであり、彼自身の、
代表曲となった「11月のある日」の、続編と言って良い。

GGショップへ行って、いろいろ楽譜を物色していた時に、
「『そのあくる日』の楽譜って、出てないんですよね?」と、
何気に店員さんに聞くと、「海外でも出版されていないが、
現代ギターには載った」と、バックナンバーを出してくれる。

ゆったりとした曲だが、ジャズのテンションコードのような、
複雑な押さえ方のコードあり、セーハやストレッチもあって、
当然ながら、きちんと音が出せないから、あきらめてしまい、
その後「名曲てんこもり」に載ったときも、練習しなかった。

今回、久しぶりに「そのあくる日」を、練習するにあたって、
Youtubeにある、本人の演奏を見て、運指を確認したが、
かなり左指を立てて、指先にも力をかけ、押さえていたり、
右手は、時にネック寄りにして、音色を作っていると判明。

ピアノの発表会で、チェロの演奏を、目の前で見たときに、
こんなに左指を、垂直に立てるのかと、フォームに驚いて、
渾身の力を入れるように押さえつつ、その指先を支点にし、
ビブラートをかける点も、ギターとは、かなり違うと思った。

ところが、この曲の大萩は、そのチェロの指使いに、近くて、
脱力し、最小限の力で押さえる、余分な音が鳴らないよう、
指を寝かせて消音すべきと、勝手に思い込んでいたのが、
いかに間違いだったか、百聞は一見にしかず、理解できた。

10代の頃、ギター教室の先生から、薦められて買ったのが、
「別冊ギターミュージック・ギター独習者へのアドバイス」で、
「左指は垂直に」「第一関節が伸びた、非音楽的な手」など、
しつこく書いてあったが、何を言ってるんだと無視していた。

中級を自負するエレキで、きれいなフォームのつもりでいた、
指を寝かせる形は、まったくの勘違いで、ロックやジャズの、
演奏動画を見ても、けっこう指を立てていて、ストレッチとか、
消音するときは例外として、基本、第一関節は曲げている。

ギターの構えや、右手の形は、クラシックは独特なのだと、
自分ができていない言い訳にしたが、左手も駄目となると、
いったい40年間、何をやってきたのかと、がっかりもするが、
この歳でも覚えることはあると、逆に練習に気合も入った。

ハバナ国際コンクール2位受賞、中南米の曲を得意とする、
大萩康司が、レイ・ゲーラから贈られ、2nd「シェロ」に収録、
「そのあくる日」を、できるだけ、左指を垂直に立てることで、
開放弦の響きを意識しつつも、逆に雑音が増えた演奏です。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


クラシックギターは確かにギターの持ち方も、指の使い方もエレキとは全然違うと感じます。同じ楽器なのに不思議です^^;
ピアノもクラシックの指使いは滑らかで、手首はもとよりヒジまで使って弾くので、あそこは真似出来ません。

またこのテイクはゆったりとした情緒感があって、またベースが結構響いているので迫力もありますね。
ひょい。 | URL | 2013/03/30/Sat 13:50 [編集]
開放弦と押さえた弦、ベースでも綺麗に鳴らすのは難しいです。ギターですと弦の間隔も狭いですし…
私も考えてみれば…今の方が沢山覚える事、覚えなければならない事が山のようにあるように思います(笑)
出来ない分、頑張ろうとする意欲が出るのか、逆に知識がついてきた為問題点がわかるのか…
若いときよりも今の方が、楽しく弾いています。

いい演奏ありがとうございます。
mar | URL | 2013/03/30/Sat 15:14 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> クラシックギターは確かにギターの持ち方も、指の使い方もエレキとは全然違うと感じます。同じ楽器なのに不思議です^^;
ピアノもクラシックの指使いは滑らかで、手首はもとよりヒジまで使って弾くので、あそこは真似出来ません。



ギターだけでなく、ピアノの場合も、クラシックとでは、
厳格さの違いもあり、いろいろ違ってくるのでしょうね。



> またこのテイクはゆったりとした情緒感があって、またベースが結構響いているので迫力もありますね。



この曲は、和音の響きを生かした編曲になっているので、
なるべく低音部を延ばすよう、左指を立てて弾きました。
ギターマジシャン | URL | 2013/03/30/Sat 17:34 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 開放弦と押さえた弦、ベースでも綺麗に鳴らすのは難しいです。ギターですと弦の間隔も狭いですし…
私も考えてみれば…今の方が沢山覚える事、覚えなければならない事が山のようにあるように思います(笑)
出来ない分、頑張ろうとする意欲が出るのか、逆に知識がついてきた為問題点がわかるのか…
若いときよりも今の方が、楽しく弾いています。



自分の場合は、演奏を録音することで、自分の欠点がわかったり、
Youtubeなどで、いろいろな人の演奏動画を見られるから、
フォームとか、ちょっとしたコツのわかることが、かなり大です。


> いい演奏ありがとうございます。



こちらこそ、お聴きいただき、ありがとうございます。
ギターマジシャン | URL | 2013/03/30/Sat 17:48 [編集]
和音が美しい響きで、ダイナミックな演奏、とても滑らかなアルペジオでとってもいいです。
タッピングになりますが、いつかマジシャンさんの「スパニッシュ・フライ」も聴いてみたいです。
タッピングと言えば、NHKで4/1 21:30~21:55 押尾コータローのギター講座が始まります。
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2013/03/31/Sun 14:42 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 和音が美しい響きで、ダイナミックな演奏、とても滑らかなアルペジオでとってもいいです。
タッピングになりますが、いつかマジシャンさんの「スパニッシュ・フライ」も聴いてみたいです。
タッピングと言えば、NHKで4/1 21:30~21:55 押尾コータローのギター講座が始まります。



ヴァン・ヘイレンの「スパニッシュフライ」は、生音のタッピングも難しいし、
イングヴェイ顔負けの早弾きもあるので、かなり気合を入れないと無理ですが、
楽譜はギターマガジンのアコギ特集に出ていたので、数年計画で取り組みます。

押尾のギター講座のことは、まったく知らなかったので、早速録画予約をして、
本屋さんへ行って、テキストを立ち読みして、どんな内容か確認してきました。

いまだに番組表チェックをしないので、貴重な情報をありがとうございました!
ギターマジシャン | URL | 2013/03/31/Sun 16:50 [編集]
こんばんは
ギターマジシャンさん
変な天気が続きますね。お元気でしょうか?
毎回僕は、ギターマジシャンさんのギターへの想いを熱く綴った文章を読むのがとても楽しみです。
指の立て方や開放弦のミュートのこととか、あるいはいつも僕の演奏にコメントいただくようなギターマジシャンさんの鋭い見方が僕はとても好きです。
残念ながら僕はそこまでの分析を自分のものにできていませんけど、ギターマジシャンさんの素晴らしい演奏を聴き、毎回感動を新たにしています。
ST Rocker | URL | 2013/04/03/Wed 19:48 [編集]
Re: こんばんは
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん
変な天気が続きますね。お元気でしょうか?


暑さ寒さも彼岸まで、と言われてきたような季節の変化は、
いったいどこへ行ったと思う程、めまぐるしい天候ですね。



> 毎回僕は、ギターマジシャンさんのギターへの想いを熱く綴った文章を読むのがとても楽しみです。
指の立て方や開放弦のミュートのこととか、あるいはいつも僕の演奏にコメントいただくようなギターマジシャンさんの鋭い見方が僕はとても好きです。
残念ながら僕はそこまでの分析を自分のものにできていませんけど、ギターマジシャンさんの素晴らしい演奏を聴き、毎回感動を新たにしています。



他の趣味、読書や手品に比べても、ギターへの思い入れは、半端でなく、
いくら書いても書いても、言いたいことの半分も表現しきれなかったり、
かえって、独りよがりの文章で、何も伝えてないと反省すること大です。

それでも、ブログ仲間の方々から、記事へコメントをしていただりたり、
演奏へのアドバイスなどいただき、それが嬉しくて、続けてこれました。

これからも、同じような感じで、文章と演奏をアップし続けていくので、
ST Rockerさんも、引き続き、お付き合いいただければ幸いです。
ギターマジシャン | URL | 2013/04/03/Wed 20:47 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.