僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
リフもソロもキャッチーな、アルカトラス「ジェネラル・ホスピタル」
83年発表、アルカトラスのデビュー作、2曲目の
ジェネラル・ホスピタル」は、キャッチーなリフに、
これぞ歌ものの間奏、という構成のソロが聴けて、
若きイングヴェイの作曲能力の、見事さを感じる。

3本のギターが絡み合うイントロが、インテンポで、
メインリフへと移っていくが、6弦の開放弦を交え、
コードを刻むバッキングは、当時のLAメタルなど、
ヴァン・ヘイレン以降に、主流派となったパターン。

リフの音色は、まさにヴァン・ヘイレンの音がして、
フェイザーか、フランジャーによる、うねりがあって、
自分も真似したら、いわゆるジェット・サウンドの、
派手になりすぎて、ここはコーラスで代用しておく。

バンドスコアでは、2~4弦の和音になっているが、
どう聴いても低音弦の音なので、YouTubeを見て、
いろいろな達人の演奏を、参考にして、弾いたが、
それより、彼らのレベルの高さに、ため息ばかり。

サビのバッキングでは、2本のギターが、ハモって、
スケールで上がっていき、次にシンコペーションと、
まるでフュージョンや、プログレとかに出てきそうで、
アル・ディ・メオラアラン・ホールズワースに通じる。

このあたりが、70年代と、80年代のロックの違い、
そう分類したくなる部分で、フュージョンを通過した、
若い世代が、テクニックの部分でも、タッピングやら、
スイープと、ハイテクギターを弾くようになった気が。

間奏のギターソロは、起承転結のような、流れの中、
お得意の5、7連符ではなく、きっちりした6連符で、
緩急をつけながら、スケールで上下したかと思うと、
ロック定番の、チョーキングパターンも、入っている。

イングヴェイは、ライブでは、無伴奏のギターソロで、
ヴァン・ヘイレンの「暗闇の爆撃」の、クラシカル版と、
呼んで良いほどの、タッピング奏法を披露もするが、
アルバムでは、あまり弾かず、数曲で数小節程度。

アルカトラスの1枚目でも、目だったタッピングはなく、
唯一と言えそうなのが、この曲の、間奏の2小節で、
チョーキングしながら、3連符で、もたるようにして、
ハンマリングとプリングを繰り返す、基本のパターン。

もともと、ライトハンド奏法の時代から、タッピングは、
苦手の自分だから、オーソドックスなパターンなのに、
しっかりと音が出なくて、集中的に練習していたら、
右手の指に水泡ができ、いかに普段サボってたか。

早弾きは、昔から得意だと、いつも言ってるわりには、
イングヴェイのような、軽々としたピッキングには遠く、
レガートではないのに、音がにごって、つながったり、
せっかくの6連符が、もたったり、走ったりしてしまう。

いつもながら、まったく弾けていない、レベルのままで、
アップする繰り返しだが、「継続は力なり」ではないが、
懲りずに、続けていくことで、少しずつでも、上達して、
10年後くらいに、完コピに近づけるのではと、楽観的。

アルカトラスの1stから、「ジェネラル・ホスピタル」を、
リフの音色を工夫したり、厚手のピックを使うことで、
早弾きのニュアンスが近づけないか、試行錯誤中で、
いつもながらの、歌なし、やや完コピをアップします。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


歯切れのいいストラトサウンドですね。
3本も重ねたリフなんですか?原曲も凝ってるんですね。
カチットしたタイトな演奏で、リズム感を意識されているのがとても伝わりました♪

ずっと連続で毎週アップし続けておられるのは凄すぎます~!!
引き出しが増えてすごいことになりますね^^
リッチー・エリックボーン・ペイジリックス | URL | 2012/11/04/Sun 08:51 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 歯切れのいいストラトサウンドですね。
3本も重ねたリフなんですか?原曲も凝ってるんですね。
カチットしたタイトな演奏で、リズム感を意識されているのがとても伝わりました♪


イントロ部分だけですが、ギターを3~4本は重ねていて、
曲が始まると、1本に混ぜて(?)、弾いているようです。

リズム音痴を言い訳に、バッキングを手抜きしているので、
ドラムをよく聴いて、カウントしながら、弾いてみました。


> ずっと連続で毎週アップし続けておられるのは凄すぎます~!!
引き出しが増えてすごいことになりますね^^


楽譜を必死に見ながら弾くので、すぐに忘れてしまって、
レパートリーと呼べる曲は、増えてはいかないのですが、
ギターのテクや音作りは、進歩していると思っています。
ギターマジシャン | URL | 2012/11/04/Sun 11:06 [編集]
イングヴェイの楽曲相次ぎのアップ、凄いです。
この曲も難しくて、音を取るのも大変ですよね!
「継続は力なり」本当にそうですね!
私も”きっちりピッキング”のトレーニングしなければ!!
いい刺激を頂きました。ありがとうございます!!!

本当に綺麗なストラトの音で、
メインリフのアルペジオっぽいところも分離良いですね!

イングヴェイはリッチーの他、アルデメオラやウリロートから
大きな影響を受けてるんでしたよね!
このアルバムの頃のイングヴェイが、
やはり音も、フレーズも、音楽性も、ルックスも!!最高です。
くまねねク~(よねちゃん) | URL | 2012/11/04/Sun 17:52 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> イングヴェイの楽曲相次ぎのアップ、凄いです。
この曲も難しくて、音を取るのも大変ですよね!
「継続は力なり」本当にそうですね!
私も”きっちりピッキング”のトレーニングしなければ!!
いい刺激を頂きました。ありがとうございます!!!



自分のレベルより高すぎて、問題ありかもしれませんが、
毎日のスケール練習にも、気合が入っているところです。

くまねねク~(よねちゃん)さんは、正確なピッキングで、
スタジオミュージシャンのように、演奏されていますが、
さらにトレーニングで、より高みを目指されるのですね!




> 本当に綺麗なストラトの音で、
メインリフのアルペジオっぽいところも分離良いですね!



以前いただいたコメントで、イングヴェイの音色について、
「歪み過ぎていないスムースなストラトトーン」のように、
おっしゃっていて、その音に近づけようと、努力してます。




> イングヴェイはリッチーの他、アルデメオラやウリロートから
大きな影響を受けてるんでしたよね!
このアルバムの頃のイングヴェイが、
やはり音も、フレーズも、音楽性も、ルックスも!!最高です。



ウリロートも、マイナースケールや、アルペジオなどで、
ものすごく影響を与えた、ある意味、第一人者ですよね。

アルカトラスの曲での、イングヴェイの音、フレーズは、
ベストと呼んでも良いくらいで、自分のお気に入りです。
ギターマジシャン | URL | 2012/11/04/Sun 19:57 [編集]
ギターマジシャンさん こんばんは。
もうすっかり初冬ですが、いかがお過ごしでしょうか。
ギターマジシャンの演奏は最近ますます円熟されておりますし、音楽全体をプロデュースされている感じで素晴らしいです。
この曲もとても楽しませていただきました。
ST Rocker | URL | 2012/11/09/Fri 23:58 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん こんばんは。
もうすっかり初冬ですが、いかがお過ごしでしょうか。
ギターマジシャンの演奏は最近ますます円熟されておりますし、音楽全体をプロデュースされている感じで素晴らしいです。
この曲もとても楽しませていただきました。



円熟と呼んでいただくには、まだまだなのですが、
週末のアップを課して、日々練習に励んでいます。

ST Rockerさんのブログは、毎日更新されていて、
ビートルズや科学、政治経済と、話題が豊富で、
内容も濃いので、思考回路の刺激になってます。 
ギターマジシャン | URL | 2012/11/10/Sat 01:44 [編集]



トラックバック
TB*URL

まとめ【リフもソロもキャッチ】
83年発表、アルカトラスのデビュー作、2曲目の「ジェネラル・ホスピタル」は、キャッチーなリフに、こ [続きを読む]
まっとめBLOG速報 2012/11/04/Sun 10:47




Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.