僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
エリック・ジョンソンが間違いなく、レイ・ヴォーンに捧げた「SRV」
エリック・ジョンソンは、テキサス出身であり、
同郷のよしみというか、交流もあったことから、
夭逝した、スティービー・レイ・ヴォーンに捧げ、
その名もずばり、「S.R.V.」という曲を書いた。

インストだから、当然、レイ・ヴォーンを思わす、
歌詞もなくって、コード進行もブルースでなく、
いったい、どこがどうなんだと言いたくなるが、
エリック流に、解釈した演奏ということらしい。

しいて言えば、テーマの音色が、いつもよりは、
骨太な音で、(フロント・ピックアップを使用?)、
何より、スティーヴィーの兄、ジミー・ヴォーンを、
ゲストに迎えているから、間違いなく「SRV」。

考えてみれば、ビートルズに捧げる曲だから、
リッケンバッカーを、弾かなきゃいけないとか、
ジョン・レノンの声を、真似しなければとかは、
ないわけで、気持ちを込める、ということだろう。

押尾コータローの師匠の、中川イサトの曲に、
「マイケル」があって、当たり前ながら、これは、
マイケル・ジャクソンではなく、タッピング奏法の、
パイオニアだった、故マイケル・ヘッジスのこと。

この曲も、ヘッジスが得意とした、タッピングは、
まったく出てこないし、変則チューニングなのに、
ヘッジスが使った、数多いチューニングの中の、
どれにも当たらない、独自のものにしたようだ。

昔から、「誰々に捧ぐ」「I Remenber ~」と、
枚挙にいとまがないが、カバー曲でもなければ、
まして、完全コピーでもないわけだから、作者が、
しみじみと捧げていれば、良いということでしょう。

そんなエリック・ジョンソンの、「SRV」なのだが、
テーマ部は、独特のフォームのコードに加えて、
スライドや、プリングをまじえた、ノリも難しいし、
ゆったりしているだけに、ついつい走ってしまう。

最初のアドリブが、ジミー・ヴォーンのようだが、
ほとんど、この人の演奏は、聴いたことがなくって、
今回、Youtubeで聴いてみると、スティーブより、
かなり泥臭いブルースギターだが、わりと良い。

自分は、あまりブルースギターには、詳しくないが、
B・B・キングよりは、バディ・ガイに近い気がして、
それからすると、この「SRV」でのギターソロは、
普段に比べて、洗練されたようなソロに聴こえる。

エリックのソロは、いつもの甘く太い音で鳴って、
急速なペンタトニックで、流れるようなフレーズ、
人工的ハーモニクスでの、高音フレーズといった、
おなじみのフレーズを、随所に詰め込んでいる。

この小技、それぞれが、1~2小節程度なのだが、
どれもが難しくて、早弾きは、運指が特殊なので、
ついていけないし、ハーモニクスも、フレットのない、
マイクの上で弾くから、きれいな音が出にくくなる。

このところのパターンで、何度も録音しなおしたり、
練習も繰り返すが、情けないくらいに、失敗続きで、
遅れ遅れのブログ更新となっているし、それでも、
満足できる内容ではなくて、修練を積むしかない。

エリック・ジョンソンが、96年に発表した3枚目、
ヴィーナス・アイル」から、レイ・ヴォーンに捧げた、
S.R.V.」の、完コピには、程遠い演奏ですが、
毎週の更新を課しているので、アップしました。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


SRV
軽快な曲ですね。サウンドとリフがSRVぽいです。
それ以外はエリックジョンソンの個性なんでしょうね!
ジミーボーンはコテコテのブルース全開の人ですね!

今回のギターマジシャンさんの演奏はギターがいつも以上に前に出ているように感じました。
サウンドもかなり本物に肉薄していて、とてもいいですね!
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2012/09/30/Sun 00:22 [編集]
Re: SRV
いつも、コメントありがとうございます。


> 軽快な曲ですね。サウンドとリフがSRVぽいです。
それ以外はエリックジョンソンの個性なんでしょうね!
ジミーボーンはコテコテのブルース全開の人ですね!

エリックの解釈による、レイ・ヴォーンのサウンドだそうで、
多少は似せているようですが、何せ個性的な音作りですからね。


> 今回のギターマジシャンさんの演奏はギターがいつも以上に前に出ているように感じました。
サウンドもかなり本物に肉薄していて、とてもいいですね!


この曲は、エレピやオルガンが、所々でしか鳴らないので、
いつものシンセの陰に隠れるミキシングは、無理でした。

ギターマジシャン | URL | 2012/09/30/Sun 02:29 [編集]
Youtubeで原曲を聴いてみました。
ギターの音色は確かにそれっぽい感じですが、レイボーンとは、当たり前ですがだいぶ違いますね~(って、そこを狙ったわけではないんでしょうが^^;)
エリック・ジョンソンは出音が滑らかな感じで音が丸く聴こえます。
鍵盤で言うとアコースティックピアノみたいな感じでしょうか・・・
レイボーンは出音が速いので鍵盤で言うとハープシーコードの様な・・・
これピッキングのアタック感覚が違うんでしょうかね~・・・
あるいわアンプ類のセッティング??
あ!ギター・ド素人がこんなこと書いても鼻で笑われますね^^;

またギターマジシャンさんの演奏はエリック・ジョンソンに似た感じが
しますね。音が丸くてやさしい感じです。
ひょい。 | URL | 2012/09/30/Sun 15:54 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> Youtubeで原曲を聴いてみました。
ギターの音色は確かにそれっぽい感じですが、レイボーンとは、当たり前ですがだいぶ違いますね~(って、そこを狙ったわけではないんでしょうが^^;)
エリック・ジョンソンは出音が滑らかな感じで音が丸く聴こえます。
鍵盤で言うとアコースティックピアノみたいな感じでしょうか・・・
レイボーンは出音が速いので鍵盤で言うとハープシーコードの様な・・・
これピッキングのアタック感覚が違うんでしょうかね~・・・
あるいわアンプ類のセッティング??
あ!ギター・ド素人がこんなこと書いても鼻で笑われますね^^;


シンセでの音作りに長けてらっしゃる、ひょい。さんならではの分析で、
まさに、レイヴォーンと、エリックの音色の違いは、ハープシコードと、
アコースティックピアノで、ピックの当て方や、セッティングですよね。


> またギターマジシャンさんの演奏はエリック・ジョンソンに似た感じが
しますね。音が丸くてやさしい感じです。


自分の場合、ピッキングが弱いので、アタックをつけたくても、丸くなり、
おかげで、エリック・ジョンソンの音に、多少近づいてはいるのですが、
ピッキングのアングルや位置を、使い分けている本人とは、大違いです…。
ギターマジシャン | URL | 2012/09/30/Sun 16:21 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.