僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ストラトを美しく奏でるエリック・ジョンソンの「マンハッタン」
Youtubeで見かける、すご腕ギタリスト達は、
数多いが、最近ハイテク・ギターの練習にと、
スティーブ・ヴァイで検索すると、メキシコの、
Ceasar Huescaという人が、よくヒットする。

ジョー・サトリアーニだと、彼以外にも、タイの、
Jack Thammaratという人が、ヒット数も多く、
エリック・ジョンソンの、「遥かなるドーバー」を、
見事に弾くのを以前に見て、よく覚えていた人。

本人の映像がない曲は、完コピの名人を見て、
ポジションや、タッピングを参考にするのだが、
中には、左右の手のアップで、ゆっくり弾いて、
弾き方の解説まで、してくれる映像も、あったり。

Youtubeの達人らが、エリック・ジョンソンの曲、
マンハッタン」を弾いていて、この曲は本人の、
映像もあり、ブログ仲間が記事にもされていて、
あらためて聴いてみると、すごく気に入ってくる。

オクターブ奏法のテーマに、エリックならではの、
見事な音色で、キャッチーなギターソロを聴いて、
絶対に、この曲が弾きたいと、毎度のパターン、
CDとバンドスコアを先週買うと、かかりっきりに。

エリック・ジョンソンは、演奏も、すごいのだが、
音作りのこだわりが半端なく、エフェクターに使う、
電池の銘柄、エフェクターボードとアンプの距離、
はては、ボードの木材の裏表にも、気を使うとか。

今の自分の録音は、面倒なのと、ノイズ対策で、
たまにワウを使う以外は、MTR内蔵エフェクトで、
しかも、プリセットパッチのままで、使っていたが、
今回は、内蔵エフェクトでも、かなりいじり回した。

コーラスをかけると、音が鋭角的になる気がして、
あまり、好きではないが、使わずに録音したら、
生音ジャズギターみたいになったので、なるべく、
音が丸くなるようなセッティングで、軽くかけてる。

コーラスより、ピッチシフトで、微妙にずらしたり、
ショートディレイで、ダブリングにしているようで、
そのディレイにしても、何台も使っていると思うし、
このあたり、今後もいろいろ試し、音を近づけたい。

ソロは、歪ませた音だが、リアピックアップなのに、
甘く太い音だから、ギター側のトーンで、こもらせ、
MTRのイコライザーでは、逆にトレブルを上げて、
歪みすぎて音が細くならないよう、ゲインは下げた。

ただ音作りも良いのだが、曲が弾けないことには、
話にならず、リズム音痴は、いつものこととは言え、
ノリが今一歩というか、最初の数小節を聴き返すと
なんだか盆踊りのリズムみたいで、目まいがする。

何度やり直しても、民謡のチャンチャカチャンという、
ノリになってしまい、ギターソロは、走ってしまって、
ジャストのリズムで、16分音符、3連符を弾くのは、
テクニックに余裕がないと、無理なのかもしれない。

演奏の細かいところだと、ヴァイも、やっていたが、
オクターブ奏法は、指弾き、ピック弾きを使い分け、
コードカッティングは、ネックの上で弾いてみたりと、
タッチによる音色の使い分けも、かなりのこだわり。

途中に出てくる、実音とハーモニクス音を交互にし、
アルペジオを奏でる方法は、昔、渋谷河合楽器の、
ギター教室で、チェット・アトキンスの特殊奏法だと、
教わっていて、楽譜にはなかったが、真似できた。

何よりエリックの特徴なのが、ペンタ主体のソロを、
弦とびフレーズや、ストレッチを駆使することにより、
一風変わったフレーズとなり、ホールズワースと、
同様に、運指を解析することから、完コピに近づく。

楽譜のTABは、かなり間違っていて、ライブ映像、
完コピ達人の映像など、参考にしながら弾いたが、
早弾きの部分は、自分の指癖になってしまうので、
基礎テクニックを磨いて、正確さを身につけたい。

エリック・ジョンソンが、96年に出した3rdアルバム、
ヴィーナス・アイル」から、オクターブ奏法による、
テーマが美しい「マンハッタン」のやや完コピです。






Youtubeの埋め込みコードは合っていますが、
なぜか、別のリンクが表示されたりします。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


貼り付けサイズも大きくなって音質アップですね!
エリックジョンソンはそんなにサウンドに拘りがあるんですね。
ギターマジシャンさんもサウンドへの更なるこだわりに火が付いたので
今後のエフェクトの変化にも楽しみです♪

マッハッタンはクリーンで音もいいし、表情豊かなので
このあたりはギター弾いていて醍醐味ですよね♪

YouTube から有名なミュージシャンが出る時代になりました。
スーザンボイルやジャスティン・ビーバー、ジャーニーのヴォーカル
あっ、知ってるのはみんなボーカルでした。

リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2012/08/25/Sat 09:43 [編集]
この人の音楽は
演奏もそうですが、音作りは困難を極めそうですね。再現するための機材と
セッティングが非常に難しそうです。 
テイルピース | URL | 2012/08/25/Sat 12:25 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 貼り付けサイズも大きくなって音質アップですね!
エリックジョンソンはそんなにサウンドに拘りがあるんですね。
ギターマジシャンさんもサウンドへの更なるこだわりに火が付いたので
今後のエフェクトの変化にも楽しみです♪



Youtubeが貼り付けサイズにより、音質が劣化するとは、
リッチーエリックボーンさんに教わるまで、知りませんでした。

エフェクトは、まずMTR側で、いろいろいじってみますが、
センドリターンがないから、他のエフェクトをつなぐ場合は、
MTRは空間系のみで歪ませられないとか、課題が多いです。


> マッハッタンはクリーンで音もいいし、表情豊かなので
このあたりはギター弾いていて醍醐味ですよね♪


本人の映像を見ると、ピッキング位置など細かい点で、
表情をつけていて、真似していて、すごく楽しいです。



> YouTube から有名なミュージシャンが出る時代になりました。
スーザンボイルやジャスティン・ビーバー、ジャーニーのヴォーカル
あっ、知ってるのはみんなボーカルでした。



ギタリストは、まだまだ知名度が低いというか、
マニアの知る人ぞ知る、といった感じですよね。
ギターマジシャン | URL | 2012/08/25/Sat 12:43 [編集]
Re: この人の音楽は
いつも、コメントありがとうございます。


> 演奏もそうですが、音作りは困難を極めそうですね。再現するための機材と
セッティングが非常に難しそうです。



エリック本人の、こだわり満載のセッティングは無理ですが、
少しでも、音質が似せられたら、自分の財産になりそうです。

今まで無頓着だったイコライザー等を、活用したりしますが、
ただ、その前に、曲が弾けないことには、話にならないです。 
ギターマジシャン | URL | 2012/08/25/Sat 12:47 [編集]
エリックジョンソン…
コーラスはT.C. Electronicの
「Chorus + Pitch Modulation & Flanger」
は外せないでせう。
ディレイはLINE6の「DL-4」
リバーブというかエコーは
マエストロの「エコープレックス」
あのキラキラクリーンサウンドに魅了されつつ
手持ちの機材で真似してみるけど
なかなか出来ず(苦笑)
アホ様(アランホールズワース)しかり
エリックジョンソンも
こだわりギター職人
あたいも日々精進と思うけど
つい妥協しちゃうorz
NOBU | URL | 2012/08/26/Sun 08:52 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> エリックジョンソン…
コーラスはT.C. Electronicの
「Chorus + Pitch Modulation & Flanger」
は外せないでせう。
ディレイはLINE6の「DL-4」
リバーブというかエコーは
マエストロの「エコープレックス」
あのキラキラクリーンサウンドに魅了されつつ
手持ちの機材で真似してみるけど
なかなか出来ず(苦笑)



まさにNOBUさんのおっしゃる機材が、必須ですが、
手に入れようにも、先立つものが、まったくないので、
手持ち機材で、少しでも近づければと思ってます…。



> アホ様(アランホールズワース)しかり
エリックジョンソンも
こだわりギター職人
あたいも日々精進と思うけど
つい妥協しちゃうorz



ホールズワースの音作りも、半端ないこだわりですし、
二人とも、バッキングは、エコー、ディレイをかけて、
ソロはチェロのような音色と、共通点もあるような。

そもそも、プロの人は、ディレイだけでも、ラックに、
何段も重ねているほどで、とうてい真似できません…。
ギターマジシャン | URL | 2012/08/26/Sun 11:09 [編集]
ちと脱線しまふが…
YAMAHA UD-Stomp
ストンプボックスの中に
ディレイが8台分!?
もう1台、欲しいなぁ~
と思った時には製造中止で
オークションとかで見かけると
とんでもない値段になってまふが…orz

ワイドストレッチは無理だけど
ちょっとしたテンションコードを
バーンと白玉弾き
これ1台でアホ様(アランホールワース)っぽいサウンドに
なるのにはビックリしましたf(^^;

アホ様に興味を持って
ディレイを何台も直列並列と繋ぎ
真似てはみたものの
それっぽいサウンドにならず
凹んでおりましたが
UD-Stompの
アホ様のエフェクト・プログラムの
設定値とかを見ると
こんな風にセッティングしてたのか!?と
勉強になりましたわf(^^;
NOBU | URL | 2012/08/27/Mon 09:27 [編集]
今度はエリック・ジョンソンに挑戦ですか~すごい実践力です^^;
エリック・ジョンソン・・・確かに上手いんですが、大人しめなギターサウンドやプレイスタイルのせいかな?ちょっと地味なイメージが強いです。大人しい音の裏にもすごいこだわりがあったんですね~。同じ機材を使ったからといって同じ音が出せるわけでもないし、他の機材でも弄り方次第では酷似した音を出せるかもしれない・・・とあれこれ試してみる。そういう部分も楽しみ方のひとつですよね~^^
マジェ | URL | 2012/08/27/Mon 10:38 [編集]
Re: ちと脱線しまふが…
いつも、コメントありがとうございます。


> YAMAHA UD-Stomp
ストンプボックスの中に
ディレイが8台分!?
もう1台、欲しいなぁ~
と思った時には製造中止で
オークションとかで見かけると
とんでもない値段になってまふが…orz



UD-Stompのことは、知らなかったので、
早速ネットで調べましたが、ホールズワースが、
開発にかかわった、ものすごいディレイですね。


> ワイドストレッチは無理だけど
ちょっとしたテンションコードを
バーンと白玉弾き
これ1台でアホ様(アランホールワース)っぽいサウンドに
なるのにはビックリしましたf(^^;


左右に振ったうえに、それぞれにディレイをかけたり、
フィードバックで、シンセのように持続させたりとか、
ラックやらミキサーを使っていたのが、1台ですか?



> アホ様に興味を持って
ディレイを何台も直列並列と繋ぎ
真似てはみたものの
それっぽいサウンドにならず
凹んでおりましたが
UD-Stompの
アホ様のエフェクト・プログラムの
設定値とかを見ると
こんな風にセッティングしてたのか!?と
勉強になりましたわf(^^;



自分もコンパクトのアナログ、デジタルを直列して、
さらにラックに入れましたが、風呂場エコーでした…。
ギターマジシャン | URL | 2012/08/27/Mon 18:50 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 今度はエリック・ジョンソンに挑戦ですか~すごい実践力です^^;


ギターソロが格好良いと、弾きたくなる悪い癖が出て、
あれこれと手を伸ばしすぎて、どれも中途半端ですが、
このほうが飽きずに、ギターを練習し続けられるかと。



> エリック・ジョンソン・・・確かに上手いんですが、大人しめなギターサウンドやプレイスタイルのせいかな?ちょっと地味なイメージが強いです。大人しい音の裏にもすごいこだわりがあったんですね~。同じ機材を使ったからといって同じ音が出せるわけでもないし、他の機材でも弄り方次第では酷似した音を出せるかもしれない・・・とあれこれ試してみる。そういう部分も楽しみ方のひとつですよね~^^



バラード系が多いですし、早弾きも、さらっと弾いていたりと、
派手さ、インパクトには欠けるかもしれませんが、味があって、
その独特のフレーズと、音色に魅せられたファンも多いです。

ヴィンテージと、フェンダージャパンの違いは、あるのですが、
同じストラトだから、手持ち機材のセッティングを変えてみて、
どこまで、似たような音色にできるか、しばらく試してみます。
ギターマジシャン | URL | 2012/08/27/Mon 19:01 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.