僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ホールズワースのような、ヴァイの「ボストン・レイン・メロディ」
スティーブ・ヴァイのバラード集「7thソング」で、
書き下ろしの新曲「ボストン・レイン・メロディ」は、
コードで奏でるテーマ部も、続くアドリブのソロも、
もろアラン・ホールズワースのようで、気に入る。

ホールズワースは、ピアノを弾く父から、コードを、
教わったので、通常のギターの和音とは違った、
ピアノ特有の、クローズ・ボイシングを押さえる為、
左手をストレッチすることで、その和音を再現した。

このヴァイの曲は、そうしたホールズワースが弾く、
コードに似ていて、イントロは、まんまストレッチで、
続くテーマは、うまく開放弦をからめたアレンジで、
テンションのぶつかり合う響きを、うまく再現した。

アドリブソロの入りも、完全にホールズワースで、
つっかえたようなタイミングと、ピッキングを省いた、
レガート奏法による、ウネウネしたフレーズなどは、
ホールズワース奏法の、教則本にでもしたいところ。

ただヴァイらしさと言うか、終始ホールズワース風、
レガート・フレーズではなく、時折ロックならではの、
力強いピッキングハーモニクス、チョーキングあり、
ペンタトニックの早弾きなど、まさにハイテクギター。

ヴァイが、ギタープレイヤー誌で、完コピ譜を連載し、
ホールズワースの「デビル・テイク・ヒンドモスト」を、
採譜したとき、「譜面の音程とリズムは問題ないが、
TAB譜は、ちょっと考えてしまう」と、解説していた。

「彼の奏法は独特だから、どう弾いているやら?」と、
鬼才ヴァイをしても、ホールズワースの運指となると、
やっかいだったようだが、日本の雑誌、スコアよりは、
かなり本物に迫った運指に思えて、早速真似した。

そして、このヴァイの曲、「ボストン~」にしたところで、
どう弾いているか、不明な箇所が多く、Youtubeの、
カバー演奏でも、弾いているポジションがまちまちで、
タッピングなのか、ピッキングなのかも、人それぞれ。

ただ、そんなカバー演奏している達人を見て思うのが、
ヴァイも手が大きいが、外人さんは、けっこう大きくて、
渋谷河合楽器のギター教室に通った、20歳前後に、
女子高生よりも手が小さかった自分とは、あまりの差。

今測ったら、左手の人差指、中指、薬指、小指の順で、
7.5cm、8.0cm、7.7cm、6.2cmで、ストラトの、
1から6フレットを押さえるのが、ストレッチの限界で、
大学生の長男と比べ、関節1つ違うという指のサイズ。

ホールズワースのような、ストレッチができないから、
エディ・ヴァン・ヘイレンは、ライトハンドを始めたという、
真偽不明の逸話があるが、「アイスクリーム・マン」で、
そんなエディも、ものすごいストレッチを披露している。

タッピングも、ストレッチも、ままならない自分としては、
とにかく練習あるのみで、高校の頃、教室の机の角で、
中指と薬指が直角以上に開くよう、押し付け鍛えたが、
今じゃ半分も開かないから、痛めない程度に鍛え直す。

スティーブ・ヴァイが、各アルバムの7曲目を集めた、
バラード集「7thソング」から、新曲として収録された、
ボストン・レイン・メロディ」を、ホールズワース風の、
フレーズが、ほとんど弾けてない、やや完コピです。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


演奏やサウンドの雰囲気がヴァイの演奏のようです。
滑らかな演奏で、ゆったりとした曲が心地よいですね♪

私も手が小さいので1から6フレットで限界です。
渡辺香津美さんは手が小さいのに、手が忙しそうによく動いていますが、凄いですね。
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2012/07/28/Sat 18:20 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 演奏やサウンドの雰囲気がヴァイの演奏のようです。
滑らかな演奏で、ゆったりとした曲が心地よいですね♪


ディレイやエコーを、しつこいくらい深くすると、
何となく、ヴァイの雰囲気が出せるようですね。



> 私も手が小さいので1から6フレットで限界です。
渡辺香津美さんは手が小さいのに、手が忙しそうによく動いていますが、凄いですね。


ヴィラロボスの練習曲で、ローコードのEを押さえながら、
6弦の4フレットを、小指で押さえるフレーズがあって、
自分は無理ですが、渡辺香津美は、普通に弾いてました。
ギターマジシャン | URL | 2012/07/28/Sat 19:19 [編集]
ギターの和音って、コードを作っている音以外の音程を連想させることがありますよね~。ピアノはそういうのが気薄でボイシングの展開を考えるのに向いていませんがギターはボイシングの展開を考えるのが楽しい楽器で、いつもいいな~と思っています^^。
ひょい。 | URL | 2012/07/31/Tue 22:08 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターの和音って、コードを作っている音以外の音程を連想させることがありますよね~。ピアノはそういうのが気薄でボイシングの展開を考えるのに向いていませんがギターはボイシングの展開を考えるのが楽しい楽器で、いつもいいな~と思っています^^。


ギターの場合、基本、弦が6本なので、最大6和音のうえに、
隣接した音を出すのが難しいので、ボイシングの工夫が要り、
本来積み上げる音をドロップしたり、省略したりしています。

ジャズギターのテンションコードは、3から4和音にして、
それでいて、ルート音や、短調・長調を表す3度を入れるか、
テンションをぶつけたり、リハーモナイズさせたりするので、
事前の仕込が必要だったりしますが、楽しい作業ですよね。
ギターマジシャン | URL | 2012/07/31/Tue 23:27 [編集]
ヴァイのナンバーが続きますね~スゴイっす(゚Д゚)
俺も手が小さいので、6フレットが何とか届く・・・てな感じです。おまけに太めでもあるのでコード弾きも複雑な奴はきちんと音が出ません(><)こんなんでようギター続けてるわ・・・と自分でも思う時があるのですが(゚Д゚)せめて、ストレッチして指の動きの自由度を上げればよいのですが・・・努力家タイプでもないという・・・(´・ω・)
マジェ | URL | 2012/08/01/Wed 23:53 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> ヴァイのナンバーが続きますね~スゴイっす(゚Д゚)


かなり厳しいですが、バンドスコアを無駄にしないよう、
タッピングの少ない曲とか、立て続けに弾いてみました。



> 俺も手が小さいので、6フレットが何とか届く・・・てな感じです。おまけに太めでもあるのでコード弾きも複雑な奴はきちんと音が出ません(><)こんなんでようギター続けてるわ・・・と自分でも思う時があるのですが(゚Д゚)せめて、ストレッチして指の動きの自由度を上げればよいのですが・・・努力家タイプでもないという・・・(´・ω・)



自分は指が短いうえに、わりと節くれだっているので、
バレーコードを押さえると、ちょうど間接のすきまに、
弦がはまって、ミュートしてしまうことが多いです。

練習すれば、何でも克服できるわけではないのだと、
現実をつきつけられますが、多少ましにならないか、
工夫してみたり、挫折したりで、数十年弾いてます。
ギターマジシャン | URL | 2012/08/02/Thu 04:56 [編集]
中指が5mm程長い位で、あとは殆んど変わりませんよ~!

自分ももっと練習しなきゃダメですねぇ・・・

パパさん | URL | 2012/08/07/Tue 23:31 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 中指が5mm程長い位で、あとは殆んど変わりませんよ~!

自分ももっと練習しなきゃダメですねぇ・・・



自分とあまり変わらない手のサイズの、パパさんが、
多弦ギターを弾くのですから、グリップが苦手とか、
手の大きさのせいには、今後はできないですね…。

クラシックの村治佳織は、見るからに華奢な指でも、
ストレッチの難曲を弾きこなすし、本当、練習です。
ギターマジシャン | URL | 2012/08/08/Wed 00:54 [編集]
こんばんは、初めまして。
ヴァイがお好きなのですね。
私も若いころギターをやっていて、ヴァイはコピーしようと思いましたが、挫折しましたです。
ホワイトスネイクのメンバーで来日した時に生で見ましたが、凄かったです。。。
かぴさん | URL | 2012/08/08/Wed 19:27 [編集]
Re: タイトルなし
コメントをありがとうございます。


> こんばんは、初めまして。
ヴァイがお好きなのですね。
私も若いころギターをやっていて、ヴァイはコピーしようと思いましたが、挫折しましたです。
ホワイトスネイクのメンバーで来日した時に生で見ましたが、凄かったです。。。



はじめまして。

ヴァイのアルバムは2枚しか持っていないのですが、
年甲斐もなく、ハイテクギターを習得しようと思い、
このところ、かなり必死に練習しているところです。

ヴァイの演奏を、ほんの僅かしか在籍していなかった、
ホワイトスネイクで見られたのは、すごい貴重ですね。

これからも、よろしくお願いします。
ギターマジシャン | URL | 2012/08/08/Wed 20:18 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.