僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
音色の変化が見事な、ベックの「グッドバイ・ポーク・パイ・ハット」
ジェフ・ベックは、75年「ギター殺人者の凱旋」で、
クロスオーバーの世界に、足を踏み入れたのだが、
当時の、その手のギタリストは、ラリー・コリエルや、
ジョン・マクラフリンら、明らかにジャズ出身だった。

ジャズからのアプローチというか、あくまでも基本は、
ジャズギターで、そこにロックの要素、チョーキング、
フィードバックといったテクニックや、歪ませた音の、
ディストーションを取り入れたという、スタイルだった。

ところが、ベックは、ロックギター・フレーズのままで、
ジャズフォーマットの中に、飛び込んだという感じで、
複雑なリズム、テンションによるコードチェンジの中を、
縦横無尽に、ベック節とも言えるフレーズで切り込む。

オクターブ奏法や、モードスケールで上下するような、
ジャズのフレーズを取り入れつつも、ペンタトニックで、
ブルース曲を弾いていた時と、変わらないフレーズを、
天性のひらめきで、複雑なコードにも対応させていた。

続けて、全曲インストの「ワイヤード」を76年に出すが、
高1の自分は、AM、FMかまわずに、ラジオの特集を、
エアチェックして、曲順はバラバラだが、LPの全曲を、
カセットテープに録音できて、LPは買わずにすませた。

特に、ジャズベースの巨匠、チャールス・ミンガスの曲、
グッドバイ・ポーク・パイ・ハット」をカバーした演奏は、
ジャズの知識がないうえ、原曲も聴いてない自分でも、
「哀しみの恋人たち」に似た泣きの曲で、気に入った。

さらに、ギターのボリューム、トーンをコントロールして、
少しずつ音色を変化させつつ、一部だけエフェクターを、
かけては、静から動へと盛り上がる展開にぞくぞくして、
楽譜がなかったものの、必死で耳コピして、練習した。

その頃、バウワウのギター、山本恭司が、歪んだ音の、
代名詞でもある、マーシャルアンプでも、音をしぼれば、
生音になるから、オーバードライブなどのエフェクターを、
つなげて切り替える必要はない、といった話をしていた。

歪んだ音でバッキングを弾いて、生音でリードギターを、
弾くときは、音量差はどうするかと、つっこみたくなるが、
実際、アンプから拾った音を、手元のミキサーに返すか、
アンプを2台にし、切り替えるのか、今も不思議なまま。

ただ、エフェクトに頼らずに、トーン、ボリュームをいじり、
音色を自在に変化させていくのは、ギタリストにとって、
ちょっとした憧れであり、ブログ仲間の7弦パパさんは、
ライブでも、メサブギーに、直接ギターをプラグインとか。

テイルピースさんは、先日買ったばかりのマーシャルで、
ゲイン、トーンなどの、つまみを動かしての比較音源で、
ほんのわずか回すだけで、こんなに音が変わるのかと、
すごく参考になる、見事な音色の変化を披露されている。

そして、まさに、このベックの演奏こそ、お手本のようで、
ひとつのフレーズの中でも、次第に音が変化していって、
右手で弾きながらも、小指とかで、ボリューム、トーンを、
こまめにコントロールしているそうで、ものすごい繊細さ。

当然、自分には、そこまでは無理で、多少ボリュームの、
上げ下げで、歪み方をクランチ、ディストーション気味に、
してみたり、ピックアップをフロント・リアと切り替えたが、
エフェクト側でゲインをセットし、パッチ切り替えが大半。

エンディング近く、フレーズが和音のように重なるところは、
本家ベックは、リングモジュレーターを使っているそうだが、
MTR内蔵エフェクトだと、ただの不協和音みたいになり、
代わりにオクターバーにしたが、逆に、きれいすぎた感じ。

最近のベックは、指弾きで、フレーズのニュアンスをつけ、
さらにトレモロアームを駆使しつつ、ボリューム、トーンも、
つねに動かす神業だが、自分は「ワイヤード」での演奏に、
近づけるのが精一杯で、アームを使う余裕もあまりない。

ジェフ・ベックの、76年発表のアルバム「ワイヤード」から、
ジャズの名曲である、「グッドバイ・ポーク・パイ・ハット」の、
カバー演奏を、音色の変化や、抑揚に気を使いながらも、
結局のところは、いつものレベルとなる、やや完コピです。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


グッドバイ・ポーク・パイ・ハット
ピッキングニュアンスやビブラート、アーミング、ブルージーなソロで、
表情豊かなこの曲はコピーしててとても楽しいのではないかと想像します。
ジェフベックはこの曲でトーンも変化させリングモジュレーターなるものまで使っているんですか!
ギターマジシャンさんの伸びる歪んだソロにぞくぞくしました♪




リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2012/06/30/Sat 09:45 [編集]
鳥肌が立ちました。(^-^)
出だしを聞いた瞬間から鳥肌がたちました。そのゾクゾク感は最後まで
ずっと続きました。細かいところまで気を配って演奏されているのが伝
わりましたよ。
この曲は私もよく聴いた曲です。それだけにおかしなところがあれば、
違和感を感じるところですが、そんなところは全くなしです。素晴らし
い演奏ありがとうございました。
テイルピース | URL | 2012/06/30/Sat 09:56 [編集]
Re: グッドバイ・ポーク・パイ・ハット
いつも、コメントありがとうございます。


> ピッキングニュアンスやビブラート、アーミング、ブルージーなソロで、
表情豊かなこの曲はコピーしててとても楽しいのではないかと想像します。
ジェフベックはこの曲でトーンも変化させリングモジュレーターなるものまで使っているんですか!
ギターマジシャンさんの伸びる歪んだソロにぞくぞくしました♪



ベックの、変幻自在な音色や、ニュアンスを真似るのは、
難しいのですが、何度やり直しても、すごく楽しいです。

自分の好みで、音は歪みすぎになってしまったのですが、
チョーキングを伸ばすときは、弾いてて気持ち良いです。
ギターマジシャン | URL | 2012/06/30/Sat 11:29 [編集]
Re: 鳥肌が立ちました。(^-^)
いつも、コメントありがとうございます。


> 出だしを聞いた瞬間から鳥肌がたちました。そのゾクゾク感は最後まで
ずっと続きました。細かいところまで気を配って演奏されているのが伝
わりましたよ。
この曲は私もよく聴いた曲です。それだけにおかしなところがあれば、
違和感を感じるところですが、そんなところは全くなしです。素晴らし
い演奏ありがとうございました。



ベックの演奏は、出だしから、アームを使ってるようで、
まだまだ完コピとは言えませんが、違和感がないという、
嬉しいコメントをいただき、モチベーションが上がります。

テイルピースさんのチョーキングや、ビブラートに憧れて、
ブルースの曲で練習を続けたから、ベックにせまる(?)、
表現力もついてきて、ブログ仲間の方々には感謝してます。
ギターマジシャン | URL | 2012/06/30/Sat 11:41 [編集]
こんばんは
これは雰囲気でてますねぇ。
いいですねぇ。

たしか、湯川れい子さんがライナーノートで、この演奏はギターの教科書だ、的なことを書かれていた曲ですよね。まさに感性の演奏って感じでしたよね。

とくに好きなのは、この3分50秒のところの素のクリーントーンになるところでした。ウワっ何すんねん!て思いましたね。笑

そこもよく雰囲気がでてますよね。

きっと、この曲は昔からよく弾かれていて
カラダに馴染んでるんじゃないでしょうか。
他所じい | URL | 2012/06/30/Sat 22:03 [編集]
Re: こんばんは
いつも、コメントありがとうございます。


> これは雰囲気でてますねぇ。
いいですねぇ。

たしか、湯川れい子さんがライナーノートで、この演奏はギターの教科書だ、的なことを書かれていた曲ですよね。まさに感性の演奏って感じでしたよね。

とくに好きなのは、この3分50秒のところの素のクリーントーンになるところでした。ウワっ何すんねん!て思いましたね。笑

そこもよく雰囲気がでてますよね。

きっと、この曲は昔からよく弾かれていて
カラダに馴染んでるんじゃないでしょうか。




音色を使い分けながら、時に感情的に弾きまくるベックは、
本当に感性の演奏で、高校の頃から、ずっと好きな曲です。

歪ませていった音が、スッと生音に戻り、メロディを奏で、
さらに続けて、エフェクターをかけたフレーズと、本当に、
今聴いても、見事としか言いようのない展開が、感動です。

新曲だと、メロディさえ覚えられず、楽譜を追いかけるのに、
10代で練習した曲は、この歳になっても、しみついていて、
演奏に集中できるから、雰囲気も何とか再現できるようです。
ギターマジシャン | URL | 2012/06/30/Sat 23:34 [編集]
バンド内での音色の作り方・・・あるいわ、ソロでどうやって目立つのか(音量を上げるだけでいいのか??)
この辺はみなさん色々試行錯誤しているんでしょうね~・・・
ソロを引く場合キーボードは比較的単純でボリュームペダル踏むかMW回すぐらいぐらいしかないので、事前のキーボードの設定でかなりきめ細かく作りこみます。例えばボリュームペダルの設定とか、モジュレーションホイール回してレスリーONにしたと同時に音量も上げる設定入れたりとかまたその曲でしか使わないようなモジューレーション回したときのエフェクトの設定とか、サスティンペダル踏んでどれだけ音が持続するのか??持続が足りなければリリース音伸ばすとか・・・
もう、その場の演奏は結果なんですよね。
事前の設定・・・これが一番大事だと思う今日この頃です^^;
ひょい。 | URL | 2012/07/02/Mon 21:45 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> バンド内での音色の作り方・・・あるいわ、ソロでどうやって目立つのか(音量を上げるだけでいいのか??)
この辺はみなさん色々試行錯誤しているんでしょうね~・・・
ソロを引く場合キーボードは比較的単純でボリュームペダル踏むかMW回すぐらいぐらいしかないので、事前のキーボードの設定でかなりきめ細かく作りこみます。例えばボリュームペダルの設定とか、モジュレーションホイール回してレスリーONにしたと同時に音量も上げる設定入れたりとかまたその曲でしか使わないようなモジューレーション回したときのエフェクトの設定とか、サスティンペダル踏んでどれだけ音が持続するのか??持続が足りなければリリース音伸ばすとか・・・
もう、その場の演奏は結果なんですよね。
事前の設定・・・これが一番大事だと思う今日この頃です^^;




ギターに比べると、キーボード、特にシンセ系になると、
事前の音の作りこみが、かなりのウェイトになりますね。

ギターでも、曲の中で、どんどん音色を変えられるよう、
細かくプログラムし、さらに、曲順にパッチを並べ変え、
瞬時に切り替えていく人もいて、自分には、別世界です…。
ギターマジシャン | URL | 2012/07/02/Mon 21:59 [編集]
この当時のジェフはほとんど聴いたことがなく、原曲はどんなだろうと聴き比べてみましたが、ピックアップの違いですかね?ジェフの音は乾いて抜けた感じがあり、マジシャンさんの音はもう少ししっとり系?という違いを感じた以外、全体的には違和感がありませんでした。EQでミッドを削ったらもう少し似た音にならないかな?と思うのですがね~?ビブラートなどの細かいテクニックは・・・完全にコピーするのは至難の技ですね^^;
マジェ | URL | 2012/07/04/Wed 22:59 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> この当時のジェフはほとんど聴いたことがなく、原曲はどんなだろうと聴き比べてみましたが、ピックアップの違いですかね?ジェフの音は乾いて抜けた感じがあり、マジシャンさんの音はもう少ししっとり系?という違いを感じた以外、全体的には違和感がありませんでした。EQでミッドを削ったらもう少し似た音にならないかな?と思うのですがね~?ビブラートなどの細かいテクニックは・・・完全にコピーするのは至難の技ですね^^;



ベックもストラトを使っているのでしょうが、いわゆる枯れた音がするし、
おそらくファズで歪ませているので、音の違いが出てくるのでしょうね。

他の曲でもそうなのですが、イコライザーには、かなり、いい加減でして、
録音時はフラット、ミキシング時に音抜けが悪いと、ハイを上げる程度で、
このあたりを、もう少し研究すれば、ギターの音色も何とかなりそうです。

ビブラートとなると、ベックに限らず、完コピ以前のテクニックの問題で、
まずは一般的なビブラートを、きちんとできるようにするのが課題です…。


ギターマジシャン | URL | 2012/07/05/Thu 01:15 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.