僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
年の瀬は、除夜の鐘代わりに、クラシックの「鐘の響(ショーロ)」
今年最後のブログは、、年末にふさわしい曲をと、
かなり強引なこじつけで、除夜の鐘にひっかけて、
クラシックギターの、ペルナンブーコ鐘の響」を。

この曲を、初めて聴いたのは、中2のときに見た、
NHKの「ギターをひこう」で、講師の荘村清志が、
番組のテーマ曲として、演奏していたときだった。

3月末の最終回には、生徒全員が、8小節交代で、
順番に演奏していて、初級の人も弾いていたから、
自分も、さわりくらいは、弾けそうな気がしたのだが、
番組テキストには、版権の関係だか、載っていない。

当時は、ヴィラ・ロボスの「ショーロ」とクレジットされ、
「荘村清志とギターをひこう」のLPが、出たときにも、
NHKのテーマ曲「ショーロ」収録と、宣伝されていた。

77年の現代ギター増刊号は、ペルナンブーコとあり、
「しばしば、ヴィラ・ロボス作曲と言われた」と解説され、
はるか昔ならともかく、現代でも、こうした作曲者やら、
曲名で、謎や誤解があるのは、すごく不思議な気分。

有名な「禁じられた遊び」でさえ、映画で演奏していた、
イエペスの作曲ではないとしても、作者不詳とされて、
はっきりせず、先日記事にした、ジミ・ヘンドリックスの、
「Voodoo Chile」か「Child」かという、曲名の謎も。

鐘の響」の楽譜は、当時のテキストには、出てなくて、
78年、小原聖子が講師となった際、掲載されたので、
ようやく演奏できたものの、難しくて、後半はお手上げ。

最近、CD付の楽譜集を買うまでは、この曲の音源は、
持ってなくて、テレビで見た記憶だけで弾いていたが、
中学・高校の頃に聴いた曲は、主題歌、CMソングなど、
かなり覚えていて、その半分でも、今、記憶力が欲しい。

74年にNHKで放送された、「ギターをひこう」の中で、
荘村清志が、テーマ曲として弾いた、ペルナンブーコの、
鐘の響(ショーロ)」を、今年、最後の演奏といたします。






この1年、このブログを訪問してくださった方々、
コメントや、アドバイスを、寄せてくださった方々、
すごく励まされ、本当に、ありがとうございました。

ブログは、音楽、読書、手品を中心に、思い出を、
つづることから、CD紹介へシフトしていき、今は、
もっぱら、自分の演奏をアップするばかりとなり、
それでも、おつきあいいただき、感謝しています。

来年も、もっともっと、今よりギターを好きになって、
うまくなりますので、引き続き、よろしくお願いします。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


鐘の響(ショーロ)
すごいです~。
クラシックギターは音もテクニックも別世界です。

継続して手際よくフル演奏で音源をアップされ、
テクニックに磨きを掛け続ける集中力
ただただ。オドロキです♪

今年一年ありがとうございました。
来年も楽しみにしてます!
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/12/30/Fri 23:42 [編集]
Re: 鐘の響(ショーロ)
いつも、コメントありがとうございます。


> すごいです~。
クラシックギターは音もテクニックも別世界です。


ギターに限らず、クラシック音楽は、弾けて当たり前、
そのうえで、表現力が要求される、半端でない世界で、
自分も、なんとか、初級の上と呼ばれるレベルかと。



> 継続して手際よくフル演奏で音源をアップされ、
テクニックに磨きを掛け続ける集中力
ただただ。オドロキです♪


ブログ仲間の演奏や、音楽情報に影響されたり、
何より、こうしたコメントに励まされながら、
何とか、アップを続けることができました。



> 今年一年ありがとうございました。
来年も楽しみにしてます!


こちらこそ、ありがとうございました。

自分も、リッチーエリックボーンさんのブログは、
音作りや、曲の紹介など、楽しみにしてますので、
来年も引き続き、よろしくお願いいたします。
ギターマジシャン | URL | 2011/12/31/Sat 01:17 [編集]
東京音楽アカデミー
ギターマジシャンさん、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

ところで、小原聖子さん!懐かしいお名前です。
実は、当方高校時代ビートルズ等のポップスのみではイキズマリ!?其れを打開する為通ったギタースクール校長が、彼女の御父上小原安正氏だったんですよ。

其れまで安易に弾いていたギターの奥深さと面白さ、音楽的な技巧や理論ご教授頂きましたが、残念ながら私は欠席気味で余り真面目な生徒ではありませんでした。でもソノトキの教えは、脈々と現在に通じている事今更ながら感じています。
take10n | URL | 2012/01/05/Thu 20:49 [編集]
Re: 東京音楽アカデミー
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさん、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



> ところで、小原聖子さん!懐かしいお名前です。
実は、当方高校時代ビートルズ等のポップスのみではイキズマリ!?其れを打開する為通ったギタースクール校長が、彼女の御父上小原安正氏だったんですよ。



自分も、東京音楽アカデミーの通信講座をとっていました。

小原安正先生の「一緒にがんばりましょう」のレコードに、
励まされつつ、途中から、ついていけなくなりました…。



> 其れまで安易に弾いていたギターの奥深さと面白さ、音楽的な技巧や理論ご教授頂きましたが、残念ながら私は欠席気味で余り真面目な生徒ではありませんでした。でもソノトキの教えは、脈々と現在に通じている事今更ながら感じています。



音楽アカデミーに、直接通われていたのは、すごいことです。

通信教材だと、模範演奏が聴けるだけで、いわば一方通行なので、
テキストがたまる一方で、モチベーションもあがりませんでした。

今になって、もっときちんと取り組んで、さらに上級コースも、
申し込んでいれば、貴重な財産になったろうにと悔やまれます。
ギターマジシャン | URL | 2012/01/05/Thu 21:14 [編集]
1960代の中ごろだったでしょうが、たぶん東京音楽アカデミーのなにか通信教育講座?のおまけだったと思いますが、小原聖子先生の愛奏曲集のような、いわゆるソノシートつきで郵送されてきたとおもいます。楽譜も付いていたように記憶してます。
それからしばらくして、荘村先生のテレビギター講座がはじまりました。
鐘の響という曲がテーマのようにつかわれておりました。わたしは小原聖子版の
楽譜、および先生の模範演奏で何とか演奏できるとこまでこぎつけました。
どうも曲のリズム部分というか旋律を支えるリズム部分が、庄村先生のとは異なっているようでした。
現在ほぼyutube等であがっている演奏は荘村先生が演奏なさっていたのと同じです。
最近またぞろ弾きはじめた身としましては、ひそかに小原聖子版の楽譜があれば、いまなら完璧にあの当時の演奏ができるのにと思わないこともありません。
とうぜん50年ほど前のものなど散逸してますし、手に入れるのはもはや無理というものです。ただ指だけが不思議に憶えています。
見事な演奏がタイムマシンのように、昔に引き戻されました次第です。感謝です。 通りすがり


gegoro | URL | 2016/04/25/Mon 01:03 [編集]
Re: タイトルなし
コメントいただき、ありがとうございます。


> 1960代の中ごろだったでしょうが、たぶん東京音楽アカデミーのなにか通信教育講座?のおまけだったと思いますが、小原聖子先生の愛奏曲集のような、いわゆるソノシートつきで郵送されてきたとおもいます。楽譜も付いていたように記憶してます。
それからしばらくして、荘村先生のテレビギター講座がはじまりました。
鐘の響という曲がテーマのようにつかわれておりました。わたしは小原聖子版の
楽譜、および先生の模範演奏で何とか演奏できるとこまでこぎつけました。
どうも曲のリズム部分というか旋律を支えるリズム部分が、庄村先生のとは異なっているようでした。
現在ほぼyutube等であがっている演奏は荘村先生が演奏なさっていたのと同じです。
最近またぞろ弾きはじめた身としましては、ひそかに小原聖子版の楽譜があれば、いまなら完璧にあの当時の演奏ができるのにと思わないこともありません。
とうぜん50年ほど前のものなど散逸してますし、手に入れるのはもはや無理というものです。ただ指だけが不思議に憶えています。
見事な演奏がタイムマシンのように、昔に引き戻されました次第です。感謝です。 通りすがり




自分が東京音楽アカデミーの通信教育を受講した頃には、ソノシートでなく、
ドーナツ盤になっていて、この曲は、テキストに掲載のプレゼント曲でした。

おっしゃるとおり、荘村清志の「ギターをひこう」とは、リズムが違って、
どうせ自分は弾けないし、メロディが似ている別の曲なのだろうと思って、
後の小原聖子の「ギターをひこう」のテキストで、やっと練習できました。
(こちらの楽譜は、細かい相違はあるものの、荘村版に近いです)

一つの曲をめぐって、同じような経験をされたり、テレビ番組とはいえ、
同じ時間を共有された方と出会えるのは、本当、ブログ冥利に尽きます。

とても嬉しくなるコメント、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2016/04/25/Mon 19:39 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.