僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
カシオペア「タイムリミット」は、ミス続きで、ぎりぎりのブログ更新
最近、ブルースと、ハイテクギターの演奏に、
夢中だったが、ブログ仲間のひょい。さんが、
最新シンセのデモ演奏を、記事で紹介され、
それが、フュージョン系の、良い音をしている。

すぐ影響される自分は、久々にフュージョンを、
演奏したくなり、これまで、高中正義プリズム
スクエアと弾いたから、次は当然、カシオペア

日本を代表するフュージョンバンド、と言える、
カシオペアを、初めて見たのは、高2の77年、
友人に誘われ、中野サンプラザまで出かけた、
ヤマハ主催のバンドコンテスト、EastWest

出場していたのは、サザンオールスターズや、
シャネルズなど、楽しませてくれるバンドあり、
フルムーンのような、ソウル系のバンドありと、
ジャンルの広さと、レベルの高さには、驚いた。

ジェフ・ベックを聴き、クロスオーバー路線が、
好きな自分には、前年の最優秀ギタリスト賞の、
野呂一生率いる、カシオペアの、インスト曲は、
メロディーも、演奏も、ずばぬけて、印象に残る。

その後、今はなき、渋谷道玄坂ヤマハにあった、
1階のミニステージで、カシオペアを何度も見て、
雑誌プレイヤーでの、紹介記事には、胸を躍らせ、
79年、待ち焦がれた、デビューLPを買ってくる。

待望のLPだったが、聴いてきたライブに比べて、
アドリブが短かいし、ホーンセクションが加わった、
アレンジに、すごい違和感を感じ、2枚目以降は、
買いもレンタルもせず、時々ラジオで聴く程度に。

そんな1枚目は、驚異の新人という、売りからか、
フュージョン特有の、ただテクニックを見せつける、
ユニゾンフレーズを、ビシバシきめる演奏などを、
RTF、プリズムに負けじと、カシオペアもやった。

キーボードの向谷実が、当時を笑って、振り返り、
「32分音符の必然性は、何だ」と、言っていたが、
その究極パターンが、「タイムリミット」に出てくる。

テクを聴かせる曲だからか、テーマやメロでなく、
全員でチャカチャカと、リズムを刻む部分が多く、
リズム音痴の自分にとって、拍がずれまくったり、
ノリが今一歩で、騒がしいだけと、欠点が目立つ。

ベースに、ビート感がなくて、だらだらと聴こえる、
ギターのカッティングが走ってる、キーボードは、
もたりがちだと、全部やり直すが、それでも駄目。

さらに、やり直したりしているうちに、タイムリミット
ブログ更新の締切りである、週末を迎えてしまい、
この方が、ずるずる、いかなくて良いのか、逆に、
中途半端なままでは、結局、上達できないのか。

この曲は、ライブ盤も多いが、1stのバンドスコアを、
元にオケを作って、後半のサックスソロの部分は、
シンセで似せても良かったが、面倒で、ギターで、
勝手にアドリブ、それも一発テイクという手抜き。

ともあれ、カシオペアの、79年デビューアルバム、
カシオペア」から、バカテクの「タイムリミット」を、
週末のブログ更新、ぎりぎりに間に合わせた、
やや完コピとも、呼べないレベルで、アップします。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


カシオペア
私が高校の時には、既にフュージョンブーム全盛で、
友人の中では、高中と並んで人気のあるバンドという事を教えてもらい知ったバンドでした。
当時NHK-FMの公開ライブを聴いていると(まだ録音テープ持ってます!)、
会場のファンが凄く盛り上がっており
人気のあるバンドだなぁ~と感心しました。

カシオペアのこの曲は、かっこよくて好きです。演奏がテクニックのバトルですね。
オリジナルはとても難しい曲なのに、とてもリアルに演奏されていてサスガです♪
いつかASAYAKEも聴かせてくださいネ!

リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/11/13/Sun 01:11 [編集]
Re: カシオペア
いつも、コメントありがとうございます。


> 私が高校の時には、既にフュージョンブーム全盛で、
友人の中では、高中と並んで人気のあるバンドという事を教えてもらい知ったバンドでした。


クロスオーバーからフュージョンとなっていった頃は、
今考えても、ものすごい人気で、信じられない程です。


> 当時NHK-FMの公開ライブを聴いていると(まだ録音テープ持ってます!)、
会場のファンが凄く盛り上がっており
人気のあるバンドだなぁ~と感心しました。


セッション’81あたりから、何度か出演しましたが、
会場の熱気もすごいし、彼らの生演奏も熱かったです。

自分も、当時のFM音源を、取ってあるのですが、
久々に聴くと、テープが切れたり、溶けたり…。



> カシオペアのこの曲は、かっこよくて好きです。演奏がテクニックのバトルですね。
オリジナルはとても難しい曲なのに、とてもリアルに演奏されていてサスガです♪
いつかASAYAKEも聴かせてくださいネ!



テクニックに追いつけず、リズムもバラバラのままで、
無理やりアップしたので、いつか再演したいです。

ASAYAKEは、カシオペアの代表曲と言ってよく、
これは外せないし、当然、バンドスコアもあります。
ギターマジシャン | URL | 2011/11/13/Sun 01:48 [編集]
また、えらい難しい曲に挑戦しましたね~。
いや~そのポジティブさに拍手します。
しかし、やはりドラムはリズムに違和感を覚えますね。
機械のリズム感じますが、でもギターは、すごくいいですよ。
リズムもすごくいいと思います。

・・・機械は正確なはずなのに、なぜかノレませんね・・・
この辺はフュージョンの奥深さを感じます。
ひょい。 | URL | 2011/11/13/Sun 16:33 [編集]
Re: タイトルなし
> また、えらい難しい曲に挑戦しましたね~。
いや~そのポジティブさに拍手します。


時々、自分の実力を考えずに、難しそうな曲とか、
単に音符が細かい曲に、とびついてしまいます…。


> しかし、やはりドラムはリズムに違和感を覚えますね。
機械のリズム感じますが、でもギターは、すごくいいですよ。
リズムもすごくいいと思います。


YMOが出た当初に、シーケンサーの正確ではあるが、
無機的なリズムに合わせられる、ドラムの高橋幸宏は
すごいなんて記事があり、今、すごく実感しています。

ベースがいけないのか、ギターがいけないのか、本当に、
堂々巡りで、何度やり直しても、バラバラになります…。



> ・・・機械は正確なはずなのに、なぜかノレませんね・・・
この辺はフュージョンの奥深さを感じます。


ドラムのスコアが間違っているのではないでしょうし、
機械だけに、正確なビートを叩いているはずですが、
いつもの演奏とは、すごく違和感があり、不思議です。
ギターマジシャン | URL | 2011/11/13/Sun 18:53 [編集]
これまた、難しい曲ですね
マジシャンさんはギターだけでなくドラム以外の演奏もされているんですよね。
このレベルのバンドの曲はほんとに大変だと思います。
そういえば自分は立派なDAWソフトを持っているのに打ち込みを全然していない
です。宝の持ち腐れですね、がんばらないと。(^^ゞ
テイルピース | URL | 2011/11/13/Sun 22:36 [編集]
Re: これまた、難しい曲ですね
いつも、コメントありがとうございます。


> マジシャンさんはギターだけでなくドラム以外の演奏もされているんですよね。
このレベルのバンドの曲はほんとに大変だと思います。


子供が、フリーのDAWソフトを、ダウンロードしてくれましたが、
画面を見ただけで、やる気が失せて、仕方なく、生演奏です…。

ベースがリズム音痴だったり、ピアノがまともには弾けなくて、
ギターシンセで代用したりと、いろいろと、苦労はしていますが、
少しずつ、音が積み上がるのが、すごく楽しくて、続けています。



> そういえば自分は立派なDAWソフトを持っているのに打ち込みを全然していない
です。宝の持ち腐れですね、がんばらないと。(^^ゞ


テイルピースさんの、見事なビブラートのギター演奏と合わせ、
DAWならではのオケや、音作りを、楽しみにしています。
ギターマジシャン | URL | 2011/11/14/Mon 01:23 [編集]
こんばんは。
速弾きなどができない自分にとっては、
あの拍の中にそれだけよく音が入れられるな、というのが率直な感想です。
相当な練習量が必要なのではと想像したりもします。
ギターだけを聴くようにしてみても、走っているようには感じません。
ばっちりだと思いますけど。
素人のコメントでごめんなさい。^^;
wwpower | URL | 2011/11/14/Mon 23:28 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> 速弾きなどができない自分にとっては、
あの拍の中にそれだけよく音が入れられるな、というのが率直な感想です。
相当な練習量が必要なのではと想像したりもします。


高1のときに、ジェフ・ベックを聴いた時から、
音楽性よりも、早く弾くことに、憧れてしまい、
今も、指がもつれながら、ふりしぼってます…。


> ギターだけを聴くようにしてみても、走っているようには感じません。
ばっちりだと思いますけど。
素人のコメントでごめんなさい。^^;


素人だなんて、とんでもない!

wwpowerさんが、このところ連載(?)されている、
弾き語りのギター解説は、「なるほど」と感心したり、
「そうそう」と、わが意を得たりで、参考になります。

wwpowerさんの弾き語りや、ソロギ演奏を聴くにつけ、
リズム感の良さが、うらやましいと思っているので、
そんな方から、「走っていない」と言っていただくと、
すごく安心した気になって、本当、嬉しい限りです。
ギターマジシャン | URL | 2011/11/15/Tue 00:05 [編集]
32分音符
ギターマジシャンさん、今晩は。

此の間、フッと野呂氏どうしてるかな?と思いつつ、カシオペアURLへお邪魔したらナント休業状態で、氏作曲の「 震災お見舞い楽曲 」が流されていました。

'80年前後は、キリンとかナニワ・エクスプレスとか優れたフュージョンバンドが、駆け抜ける様に活躍してましたよね。それにしても、32分音符羅列するとマクローリン節っぽく聞こえてしまうのは、私だけでしょうか?



take10n | URL | 2011/11/15/Tue 02:45 [編集]
Re: 32分音符
いつも、コメントありがとうございます。


> 此の間、フッと野呂氏どうしてるかな?と思いつつ、カシオペアURLへお邪魔したらナント休業状態で、氏作曲の「 震災お見舞い楽曲 」が流されていました。


個別の活動はされているようですが、グループとしては、
2006年頃から、どうも休業状態のようです。



> '80年前後は、キリンとかナニワ・エクスプレスとか優れたフュージョンバンドが、駆け抜ける様に活躍してましたよね。それにしても、32分音符羅列するとマクローリン節っぽく聞こえてしまうのは、私だけでしょうか?



とにかくフュージョン全盛期で、質の良いバンドが多かったし、
ライブの盛り上がり方も、尋常なないくらい、すごかったです。

マクローリン(マクラフリン、マクラグリンなど呼びますよね)は、
無機質な早弾きや、変拍子のリフなどの元祖みたいに思ってます。

同じようなラリー・コリエルが、泥臭く熱い演奏をするのに比べ、
クールな印象でしたが、その後の、スーパーギタートリオだと、
かなり熱い演奏もやっていて、こちらも、すごく好きです。
ギターマジシャン | URL | 2011/11/15/Tue 07:08 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.