僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
夜中まで練習した、ジョー・サトリアーニの「ミッドナイト」
自分の欠点は、リズム音痴に、ビブラートが,
下手なことだが、それ以外にも、タッピングや、
スイープが、ほとんど弾けていないことだと、
いつも劣等感を感じつつ、練習しないまま。

アーミングも含め、特殊奏法は、使わずとも、
アドリブはできるわけで、そんな練習するより、
ひたすら、ビブラートを極めるべきなのだが、
ついつい、他のことにも、手を出したくなる。

しばらくは、タッピングを、きちんとやろうと思い、
まずは、全編、タッピング奏法で構成された、
無伴奏ソロギターで、格好の練習材料となる、
ジョー・サトリアーニの、「ミッドナイト」に挑戦。

この曲を初めて聴いたのは、サトリアーニが、
ミック・ジャガーのバックで、88年に来日した、
東京ドームのライブで、彼のソロコーナーの時。

生ビールが飲めるドームでは、ギターソロや、
ドラムソロが、友人たちのトイレ休憩となったが、
サトリアーニのギター、サイモン・フィリップス
ドラムを、自分は食い入るように、見続けていた。

サトリアーニが、タッピングで、演奏を始めた際、
日本公演だから、さくらさくらを弾いているのかと、
思ったが、やがて、両手を交互に指板に叩きつけ、
ものすごいタッピングフレーズとなり、あ然とした。

来日と前後して、国内盤が出た、彼のアルバム、
サーフィン・ウィズ・ジ・エイリアン」は、すぐ買い、
超絶プレイに感動したが、弾こうとは思わなかった。

今回、「ミッドナイト」の、タッピングを練習してみて、
音がきちんと鳴っていない、特に15フレット以上の、
ハイポジションでは、かすれて聴こえないくらいで、
まず、音を鳴らすことから、やり直すべきと気づく。

東京ドームで見たときには、ギターのネック部分に、
バンダナを巻き、開放弦を引っ掛けて鳴らないよう、
消音していたので、真似して、ハンカチを巻いた。

アラン・ホールズワースは、ソロ時に、ボーカルに、
ネックを握ってもらい、消音するなんて、荒業だが、
今、そんな人はいないので、演奏技術が向上して、
右手と左手を駆使して、消音できているのだろうか?

消音も自分の課題で、チョーキングして戻す時に、
隣の弦が鳴ることも多くて、初歩的なプレイでも、
まだまだ詰めて、練習することが多すぎて、忙しい。

課題を抱えつつ、それこそ、夜通し練習していたが、
軟弱ピッキング同様、タッピングの音は小さいから、
夜中でも、近所迷惑にも、家族の非難にもならず、
ひたすら弾き続け、それでも、このレベルが限度。

現時点での、自分のタッピングレベルの記録として、
いつも以上に、お粗末な演奏なのですが、アップし、
1年後に、どれだけ上達するかを、比較してみたい。

ギターインストの、新しい可能性を示してくれた、
ジョー・サトリアーニの、87年発表のアルバム、
サーフィン・ウィズ・ジ・エイリアン」から、ソロギター、
ミッド・ナイト」に、挑戦した、やや、やや完コピです。






スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


またまたすごいのに挑戦ですな~( ゚д゚ )
テクはさておき、音作りはサトリアーニの方が小細工がなくてストレートなんでやりやすそうですね^^;
俺はいわゆるライトハンド奏法なるものが苦手です。ま、難しいテク全般に苦手なんですけどね~(><)絶対要らん音が出ちゃうんですよね。
写真のバンダナミュートは良いアイデアですね~。そういや、先日のLIVEでうちの後に演奏したギター弾きさん(アコギだけど、エフェクト掛けまくりでアコギとは思えん音出してました)がバンダナミュートやってはりましたわ。
ギターマジシャンさんのタッピング、俺からすれば十分過ぎます^^;
マジェ | URL | 2011/10/06/Thu 10:10 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> またまたすごいのに挑戦ですな~( ゚д゚ )


相変わらず、こりないですよね…。



> テクはさておき、音作りはサトリアーニの方が小細工がなくてストレートなんでやりやすそうですね^^;


ディストーション、コーラス、ディレイで、
音作りをすれば、多少は似てくると思いますが、
ギターのボリューム、トーンにも精通しないと、
なかなか、本物には近づけず、課題の一つです。



> 俺はいわゆるライトハンド奏法なるものが苦手です。ま、難しいテク全般に苦手なんですけどね~(><)絶対要らん音が出ちゃうんですよね。


2弦だけの「暗闇の爆撃」でも、隣の1・3弦どころか、
低音弦までなってしまったり、自分も苦労しています。


> 写真のバンダナミュートは良いアイデアですね~。そういや、先日のLIVEでうちの後に演奏したギター弾きさん(アコギだけど、エフェクト掛けまくりでアコギとは思えん音出してました)がバンダナミュートやってはりましたわ。



アコギ界では、マイケル・ヘッジスや、押尾コータローが、
タッピングを駆使して、フォロワーも多いのでしょうが、
バンダナを使うと、アコギならではの響きが出ないような。



> ギターマジシャンさんのタッピング、俺からすれば十分過ぎます^^;


そう言っていただけると、すごく励みになりますが、
もっと練習して、「スパニッシュ・フライ」のように、
アコギ生音でも、鳴らせるくらいになりたいですね。
ギターマジシャン | URL | 2011/10/06/Thu 18:33 [編集]
新しい領域ですね
ギターマジシャンさん

こんばんは。
少しご無沙汰でした。

いつも新しい音楽に開拓。敬服です!
今日聴かせていただいた音楽はロックの領域から越えて、何か新しい感性を感じました。

私も音楽頑張らないと...。

ST Rocker

ST Rocker | URL | 2011/10/06/Thu 21:48 [編集]
よくわからないのですがタッピングと言うのはライトハンド奏法と理解してよろしいんでしょうか??(笑)すいません・・・ギター奏法がよく理解できません^^;
なのでギターマジシャンの演奏についてもコメントできません^^;
しかし曲はクラシカルな感じで私好みです。
サトリアーニは名前だけ知っていて演奏は知らないんですがこんなかんじの演奏家なんですね勉強になりました。
ひょい。 | URL | 2011/10/06/Thu 22:09 [編集]
ジョー・サトリアーニ
サトリアーニは名前と容姿ぐらいしか知りません。
この曲独特のインパクトありますね。
最初スパニッシュ風に聴こえたのですが、
ひょい。さんがクラシックと言われているのでクラシックっぽく聴こえてきました。
実際はタッピングで弾かれているのですね。

違ったアプローチの曲に挑戦されていて、いつもすごいですネ♪

本人の演奏している動画も見たのですが、まぁ~すごい奏法ですね。
ランディローズのクラシック系のフォームとかもすごく苦手です~
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/10/06/Thu 23:25 [編集]
Re: 新しい領域ですね
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
少しご無沙汰でした。


いつも、ST Rockerさんのブログを拝見していますが、
ビートルズだけでなく、科学のトピックス、政治まで、
鋭い切り込みで分析されていて、すごく面白いです。



> いつも新しい音楽に開拓。敬服です!
今日聴かせていただいた音楽はロックの領域から越えて、何か新しい感性を感じました。


ジョー・サトリアーニというギタリストは、ある意味、
ロックギターに、新世代の改革を起こしたと思います。



> 私も音楽頑張らないと...。


ボーカルで、よりハイトーンを出そうとされたり、
ベースを弾かれたりと、今後が楽しみです。
ギターマジシャン | URL | 2011/10/06/Thu 23:44 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます


> よくわからないのですがタッピングと言うのはライトハンド奏法と理解してよろしいんでしょうか??(笑)すいません・・・ギター奏法がよく理解できません^^;


自分でも、使い分けがあいまいですが、ほとんど同じです。

ライトハンド奏法は、チョッパーやチョーキングと同様に、
日本だけの呼び名で、海外では、昔からタッピングです。

ただ、ヴァン・ヘイレンが広めた、右手の指1本で弾いて、
基本は、トリルのパターンとなるのが、ライトハンドで、
他の指も使ったり、左右自在、複雑に組み合わせていると、
タッピングと呼ぶことが多いと、イメージしています。


> なのでギターマジシャンの演奏についてもコメントできません^^;
しかし曲はクラシカルな感じで私好みです。


曲の響きが、クラシックの和声に近いし、
クラシックギターの小品という感じです。


> サトリアーニは名前だけ知っていて演奏は知らないんですがこんなかんじの演奏家なんですね勉強になりました。


サトリアーニも、いろいろなパターンの曲を弾いていて、
是非、Youtubeで本物を聴いてみてください。
ギターマジシャン | URL | 2011/10/06/Thu 23:58 [編集]
Re: ジョー・サトリアーニ
いつも、コメントありがとうございます。


> サトリアーニは名前と容姿ぐらいしか知りません。


自分にとって、かなり大きな存在のギタリストですが、
一般的な知名度は、今に至るも、あまりないようです。


> この曲独特のインパクトありますね。
最初スパニッシュ風に聴こえたのですが、
ひょい。さんがクラシックと言われているのでクラシックっぽく聴こえてきました。
実際はタッピングで弾かれているのですね。


コードの響きといい、アルペジオパターンといい、
フラメンコのようで、いわば、スペイン発祥となる、
伝統的クラシックギターの曲に、近いのでしょうね。



> 違ったアプローチの曲に挑戦されていて、いつもすごいですネ♪


やりたいことが多くて、支離滅裂ですが…。



> 本人の演奏している動画も見たのですが、まぁ~すごい奏法ですね。
ランディローズのクラシック系のフォームとかもすごく苦手です~


生演奏を初めて見たときは、とにかく圧倒されました。

ランディも、クラシックを学んでいて、ロックギタリストも、
クラシックや、ジャズの素養があって、とにかくすごいです。
ギターマジシャン | URL | 2011/10/07/Fri 00:08 [編集]



トラックバック
TB*URL

最短距離でエレキギターを上達させる練習方法とは
あなたは、いつまでギターに苦労するつもりですか?「従来の方法」では、ギターの練習量を増やしてライバルに差をつけるしか方法はありません。今あなたに必要なのは、あっというまにギターが上達する方法ではありませんか? [続きを読む]
最短ギター上達法 2011/10/14/Fri 08:37




Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.