僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
レイ・ヴォーンの弾く「メリーさんの羊」で、ブルースに取り組む
最近、ブログ仲間のブルース演奏やら、ギター、
エフェクター比較音源でのブルースフレーズに、
ブルースギタリスト紹介と、あちこちのブログが、
いつになく、ブルースの話題でもりあがっている。

単純な自分は刺激されて、話題に上がっていた、
スティーヴィー・レイ・ヴォーンを初めて聴いたら、
演奏もギターの音も、すごく格好良くて気に入る。

これまでブルースは、まともに聴いたことがなく、
大御所たち、B・B・キングアルバート・キング
フレディ・キングでさえ、聴いていないに等しい。

手元にある、リットー「ギタリスト名鑑329」には、
ブルースギタリストが、34名が掲載されているが、
レコードを持っているのは、ジョニー・ウィンターと、
マイク・ブルームフィールドの、たった2名のみ。

「100万ドルのブルースギタリスト」と呼ばれた、
ジョニー・ウインターだが、自分が聴いていたのは、
リック・デリンジャーと、ロックを演奏していた頃。

マイク・ブルームフィールドは、アル・クーパーとの、
「フィルモアの奇蹟」のレスポールの音が気に入り、
彼のブルースギター教則LPを、買ってきたものの、
楽譜が付いてないから、練習できないと、戸棚の奥。

いわゆる三大ギタリスト、ヤードバーズ出身である、
エリック・クラプトンジェフ・ベックジミー・ペイジは、
ブルースが基盤で、彼らのブルース曲も聴いたが、
それより、他の代表曲を、夢中になってコピーした。

その過程で、ペンタトニックフレーズを、身につけて、
自分なりのアドリブを、弾けるようにしていったから、
間接的に、ブルースの影響は、当然受けているが、
ブルースの曲として、コピーや、演奏したことなはい。

自分の欠点である、ビブラートを練習して、表現力を、
身につけるため、ブルースギターに取り組んでいき、
ブログ仲間たちの、適度な歪みのクランチサウンド、
絶妙のビブラートなどを、何とかしたいと思っている。

せっかくだから、聴き始めた、レイ・ヴォーンの曲で、
テンポが速くなくて、かと言って、スローブルースは、
ビブラートの欠点が、あまりに目立つからと、絞って、
メアリー・ハッド・ア・リトル・ラム」を演奏することに。

レイ・ヴォーンの曲は、フレーズもやっかいなのだが、
それ以上に、サウンド作りが難しくて、自分のストラト、
フェンダージャパンでは出せない音、フェンダーUSA、
それもビンテージの味わい深い音が、決めてとなる。

まあ、音色という点では、毎週アップの音源自体が、
「やや完コピ」と言い訳しているように、弾けていない、
フレーズ以上に、本物の音に似ていないのが、現状。

持っているギターのせいにしたが、それだけでなく、
ピッキングが軟弱だから、腰のある骨太の音が出ず、
さらに、実音と雑音が、同じ音量になってしまうので、
ブルースを練習しながら、その辺りも改善していく。

スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルの、
デビュー作、「Texas Flood・ブルースの洪水」から、
「Mary Had A Little Lamb」の、やや完コピです。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


メアリー・ハッド・ア・リトル・ラム
びっくりしました!
ギターマジシャンさんはレイヴォーンを研究してすぐに弾かれているのでびっくりしました。
それも私がギターの音がいいと言う理由でブルースにどっぷりハマらせたレイヴォーンのこの曲。
そしてこの後、私はジミヘンにどっぷりハマりました(笑)

めちゃくちゃカッコイイですね~!
ピッキンングが正確なんでリズム感がばっちり決まってます。
特にソロはタメと早弾きがバッチリ過ぎてかなりかっこいいデス~♪
流石のテクニック、なんでも弾けちゃいますね♪

それと、
私はサウンド作りが30年前からずっと苦手で、
気に入る音がなかなか出せず、ずっと自分の音に不満だったのですが、
宅録に関してはアンプシュミレーターだと、いとも簡単に「そこそこ」いい音が
でたので、文明の利器に頼るとあっけなく解決したなぁ~と思いました。
私の安物のジミヘン・ギターとヴィンテージがそれほどサウンドに違いが無いので
確信しました。(個人的に・・・)

選択肢が色々おおいのですが、(PODとかパソコン系ソフト)
いつかギターマジシャンさんに一度楽器屋さんで体験していただいて
サウンド作りでどのように感じられたか知りたいなぁ~と思ったりもします♪
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/09/24/Sat 11:40 [編集]
Re: メアリー・ハッド・ア・リトル・ラム
いつも、コメントありがとうございます。


> びっくりしました!
ギターマジシャンさんはレイヴォーンを研究してすぐに弾かれているのでびっくりしました。
それも私がギターの音がいいと言う理由でブルースにどっぷりハマらせたレイヴォーンのこの曲。
そしてこの後、私はジミヘンにどっぷりハマりました(笑)


リッチーエリックボーンさんに、レイヴォーンを教わり、
すごく気に入ったので、せっかくだから演奏しました。



> めちゃくちゃカッコイイですね~!
ピッキンングが正確なんでリズム感がばっちり決まってます。
特にソロはタメと早弾きがバッチリ過ぎてかなりかっこいいデス~♪
流石のテクニック、なんでも弾けちゃいますね♪



リフの部分は、何日もかけてフレーズを覚えて、
それでも、まだリズムが安定しないままです…。

ギターソロは、やはりビブラートが今一歩で、
細かいフレーズだと、かけそびれてしまい、
課題が多いのですが、やり甲斐があります。



> それと、
私はサウンド作りが30年前からずっと苦手で、
気に入る音がなかなか出せず、ずっと自分の音に不満だったのですが、
宅録に関してはアンプシュミレーターだと、いとも簡単に「そこそこ」いい音が
でたので、文明の利器に頼るとあっけなく解決したなぁ~と思いました。
私の安物のジミヘン・ギターとヴィンテージがそれほどサウンドに違いが無いので
確信しました。(個人的に・・・)



リッチーエリックボーンさんの、66年製ストラトは、
あのヴィンテージの枯れた音、レイヴォーンのサウンド、
どこをとっても、見事な音で、本当に感動しました。

自分の使っている、ZoomMTRの内蔵エフェクトは、
アンプシミュレーターもあるので、研究してみます。



> 選択肢が色々おおいのですが、(PODとかパソコン系ソフト)
いつかギターマジシャンさんに一度楽器屋さんで体験していただいて
サウンド作りでどのように感じられたか知りたいなぁ~と思ったりもします♪


なかなか、楽器屋さんに行く機会がないのですが、
何かエフェクターを買うことがあれば、ついでに、
いろいろ弾かせてもらって、研究したいですね。
ギターマジシャン | URL | 2011/09/24/Sat 12:38 [編集]
レイヴォーンも
ほんとに何でも弾けてすごいですね。下地があるということは強みなんですね。
ちょっと上品なレイヴォーンって感じです。(笑)

初期型のPODなら余ってます。MTRでの録音前提ならまだ使えますよ。使ってみます?
テイルピース | URL | 2011/09/24/Sat 15:28 [編集]
自分のブログ記事を書いてから、NETサーフィンで覗きにきたんですが、同じような趣旨のブルースの記事で驚きました。^^。
ブルース・・・私もまったく縁がなかったんですが、現在はマジェさんバンドの関係で避けては通れなくなってきていて、本格的にやろんとあかんな~という感じになってます^^;

しかし、やはりギタリストは意識しないままにブルースの影響を受けているんだと思いましたね。ギターマジシャンさんの演奏はブルースを知る尽くしている感がありました。
私はロック自体は色々と聴いているんですが、肝心な鍵盤はクラシックしか練習してこなかったので、一から出直しです^^;
ひょい。 | URL | 2011/09/24/Sat 16:53 [編集]
Re: レイヴォーンも
いつも、コメントありがとうございます。


> ほんとに何でも弾けてすごいですね。下地があるということは強みなんですね。
ちょっと上品なレイヴォーンって感じです。(笑)


譜面が読めるので、そこそこ弾くことはできますが、
音をなぞるのが、いっぱい、いっぱいな状態です。

やはりピッキングが弱いのと、ビブラートが今一歩で、
荒々しさが出せない感じで、いっそ、ひらきなおって、
おしゃれな(?)シティブルース路線を狙いますか。



> 初期型のPODなら余ってます。MTRでの録音前提ならまだ使えますよ。使ってみます?



今は、手持ちのエフェクターさえ、つながないで、
MTRの内蔵エフェクトだけの、手抜きなので、
まずは、2台あるラックで、音作りしてみます。

ただ、エフェクターよりも、フェンダーUSAが、
すごく欲しくなっていて、定年の退職金より前に、
何とかできないかと、思ったりする昨今です。
ギターマジシャン | URL | 2011/09/24/Sat 17:19 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 自分のブログ記事を書いてから、NETサーフィンで覗きにきたんですが、同じような趣旨のブルースの記事で驚きました。^^。


ひょい。さんのブログも、マジェさんバンド関連で、
ブルースの記事が多くて、かなり刺激になりました。



> ブルース・・・私もまったく縁がなかったんですが、現在はマジェさんバンドの関係で避けては通れなくなってきていて、本格的にやろんとあかんな~という感じになってます^^;



バンドのレパートリーが、もろにブルースの曲や、
ブルースをルーツに持つギタリストの曲ばかりで、
その曲をさらうだけでも、かなり身につくのでは?



> しかし、やはりギタリストは意識しないままにブルースの影響を受けているんだと思いましたね。ギターマジシャンさんの演奏はブルースを知る尽くしている感がありました。
私はロック自体は色々と聴いているんですが、肝心な鍵盤はクラシックしか練習してこなかったので、一から出直しです^^;



ギターとピアノの違いというか、ロックギターは、
ブルースが根底にありますが、キーボードだと、
プログレ以外でも、クラシックから入る気がします。

ピアノのブルースとなると、ブギウギ、ラグタイム、
ジャズブルースと、かなり裾野が広いようなので、
研究のしがいもあるし、身につけると武器になります。
ギターマジシャン | URL | 2011/09/24/Sat 17:39 [編集]
SRVサウンド・・・憧れますよね~。何とかあの音を出したい(テクの方は到底真似できそうにないので、せめて音だけでも・・・)のですが、やっぱ機材的な問題があるのか再現は難しいです。俺の場合、ギターマジシャンさんよりOverDriveキツめ、イコライザで中音域を削った感じにしてます。
SRVのナンバーの中で「メリーさんの羊」も好きな1曲ですが、レコーディング音源より断然LIVE音源の方が良いです(音質うんぬんじゃなく、フィーリングや演奏クオリティとして)。その中でもこのバージョンが俺は好きなんですよね~^^
http://youtu.be/s0ojCVmiQTw
マジェ | URL | 2011/09/25/Sun 16:05 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> SRVサウンド・・・憧れますよね~。何とかあの音を出したい(テクの方は到底真似できそうにないので、せめて音だけでも・・・)のですが、やっぱ機材的な問題があるのか再現は難しいです。俺の場合、ギターマジシャンさんよりOverDriveキツめ、イコライザで中音域を削った感じにしてます。



マジェさんは、ストラトを改造されたり、エフェクターも、
うまく使い分けていて、レイヴォーンの曲を弾くときは、
かなりエッジがきいて、近い音になっていると思います。

自分の場合、クランチの音に慣れていないせいもあって、
歪みすぎて、コードが汚くなったり、逆に、今回のように、
生音に近いような、セッティングになってしまいます。

イコライザーの中音域の件、試してみます。



> SRVのナンバーの中で「メリーさんの羊」も好きな1曲ですが、レコーディング音源より断然LIVE音源の方が良いです(音質うんぬんじゃなく、フィーリングや演奏クオリティとして)。その中でもこのバージョンが俺は好きなんですよね~^^
http://youtu.be/s0ojCVmiQTw



ライブ音源は、いくつか参考にしたのですが、この映像は、
まだ見てなくて、アドリブが、格好良いバージョンですね。

レイヴォーンのストラトは、クラプトン、ベック、リッチー、
ましてイングヴェイとは違う音ですが、この演奏など聴くと、
ジミ・ヘンドリックスに、近いんじゃないなんて思います。
ギターマジシャン | URL | 2011/09/25/Sun 17:26 [編集]
まいどです
聴かせていただきました。

まず原曲を知らないので比べることはできませんが
ノリノリで良い感じですね!!
テイルピースさんがおっしゃっているように
確かに少しお上品な感じですね。
お金持ちを集めたパーティでの演奏チックで
自分もその中に入った錯覚に陥ってしまいました。(笑)

何にしても良い演奏だとおもいますよ!
ごちそう様でした~。
たむ~ | URL | 2011/09/26/Mon 19:33 [編集]
Re: まいどです
いつも、コメントありがとうございます。


> 聴かせていただきました。


いつも、聴いていただき、ありがとうございます。


> まず原曲を知らないので比べることはできませんが
ノリノリで良い感じですね!!
テイルピースさんがおっしゃっているように
確かに少しお上品な感じですね。
お金持ちを集めたパーティでの演奏チックで
自分もその中に入った錯覚に陥ってしまいました。(笑)


いつもながら、自分は、ピッキングが弱く、
音をなぞる感じなので、荒々しさがなくて、
お上品というより、軟弱ヘナですね…。

たむ~さんが、演奏されたレイヴォーンの、
「Scuttle Buttin'」の、リフにしても、
自分の場合、あの速さで弾けない以上に、
やはり軟弱ピッキングで、迫力が出ません…。


> 何にしても良い演奏だとおもいますよ!
ごちそう様でした~。


まだまだ、課題だらけの演奏ばかりですが、
もっと練習するので、よろしくお願いします。
ギターマジシャン | URL | 2011/09/26/Mon 20:54 [編集]
ブルースも弾くんですねーー

いい感じですなーーー
やっぱピッキングはもう少しはっきりくっきり弾く方がよりブルース的になりますかねーー
太い弦で練習すると自然に強くなります


職人 | URL | 2011/10/08/Sat 11:16 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ブルースも弾くんですねーー


クラプトンのブルースを聴いて、真似てました。

今回、レイ・ヴォーンが気に入って、弾きましたが、
本来のブルース演奏には、まだ、程遠い感じです。


> いい感じですなーーー
やっぱピッキングはもう少しはっきりくっきり弾く方がよりブルース的になりますかねーー
太い弦で練習すると自然に強くなります


アコギで練習して、ピッキングの強化を目指します。

職人さんの演奏は、生音が、バッチンバッチン聴こえ、
フルアコで太い弦なのに、あれだけ、鳴っているのは、
かなり、強いピッキングで、弾かれているのですね。
ギターマジシャン | URL | 2011/10/08/Sat 11:44 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.