僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
一音一音に、愛情をこめて弾く、プリズム「Love Me」
日本のフュージョン史上で、最も初期に結成され、
77年にレコードデビューした、プリズムのLPは、
A面がソフトサイド、B面がハードサイドと呼ばれた。

ポップなメロディで、聴きやすいアレンジのA面と、
プログレ、クロスオーバー系の複雑なアレンジで、
早弾きギター全開のB面と、見事に分かれていた。

ラジオで聴いた、テーマ曲の早弾きに圧倒されて、
購入したLPだが、ソフトサイドも、すごく気に入り、
全部の曲を流しては、通しで、合わせて弾いていた。

もちろん、当時も今も、完コピなどは不可能であり、
ギタリストなら、誰でもやることだが、テーマ以外は、
自分なりに弾いて、その気になっていたパターン。

ただ、ソフトサイドの曲は、わりとソロも難しくなくて、
当時も、そこそこ弾けていて、特に「Love Me」は、
美しいメロディが気に入り、完コピしようと練習した。

ロックやブルースで使う、典型的なペンタトニックの、
チョーキングフレーズが、泣きのテーマとなって、
メジャー7の響きの、サビのメロディも美しかった。

全体のサウンドは、サンタナみたいで、テーマ後の、
サビはコーラスエフェクトの音色、後半部は一転、
サンバリズムの、アップテンポになり、アレンジが、
哀愁のヨーロッパ」の、パクリと思うほど似ていた。

高校の同級生が、ローランドのコーラスエフェクター、
CE-1を持っていて、プリズムと同じ音が出ると、
サビの部分を弾いてくれて、すごく感動したのだが、
自分は、マクソンを買ったら、音がきつい感じだった。

当時は、友人と同じエフェクターを、あとから買うのは、
真似したと言われそうで、コンプレッサーや、ディレイ、
ディストーションなども、別のメーカーを選んでいた。

就職した頃、大半のエフェクターは、ボスで買いなおし、
それなりの音色が得られたのだが、コーラスだけは、
今もローランドに憧れつつ、重そうで、敬遠している。

Love Me」の演奏は、Youtubeで、見られるのだが、
和田アキラのギターは、レスポールからストラトになり、
特徴となる鋭角的なトーンで、くって、つっかかるような、
かなりフェイクした、節回しで、メロディも弾いている。

最初に聴いたほうが一番、という性格の自分としては、
レスポールの甘い音で、歌い上げているLPの演奏が、
今も好きなのだが、和田アキラが、あの音色、メロで、
弾くことは、もうないだろうから、自分が弾いてみる。

自分は、ビブラートが苦手だが、もともとの演奏が、
ビブラートは少なく、それよりも、チョーキングの音程、
上げ下げのタイミングが難しくて、何度もやり直す。

自分としては、珍しく、丁寧にテーマを弾いたつもりで、
高校時代を思い出すかのように、感傷に浸りながら、
歌い上げるように努めて、いい線いったのではないか。

プリズムの77年デビューアルバム、「プリズム」から、
女性ボーカルをフューチャーし、シングルカットもされた、
Love Me」を、いつもながらの歌抜きでアップします。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


私も
当然のようにこのアルバムは聞きました。
日本のバンドではじめてカッコイイと思ったかもしれません。
ロックばかり聞いてきた自分をフュージョンとかジャズに興味を
持たせるきっかけになったバンドです。
自分の場合はテクニックの問題で、挑戦するというより聞くほう
になってしまいましたけどね。

LOVE MEはこのアルバムの中では演奏しやすい曲ですね。自分も
サワリは練習しましたよ。
情感を入れてわざとらしくない演奏をするのは結構難しいです。
スローな曲にはまた違った難しさがありますね。
懐かしい曲をありがとうございました。(^.^)
テイルピース | URL | 2011/08/27/Sat 18:10 [編集]
Re: 私も
いつも、コメントありがとうございます。


> 当然のようにこのアルバムは聞きました。
日本のバンドではじめてカッコイイと思ったかもしれません。
ロックばかり聞いてきた自分をフュージョンとかジャズに興味を
持たせるきっかけになったバンドです。
自分の場合はテクニックの問題で、挑戦するというより聞くほう
になってしまいましたけどね。



ちょうど、クロスオーバーが、ブームになり始める頃に、
プリズムがデビューして、友人達もこぞって、聴きました。

以前、テイルピースさんから、いただいたコメントの中に、
隣の高校や、楽器屋さんで、完コピしていた方の話があり、
自分も、またプリズムを演奏しようと、刺激を受けました。



> LOVE MEはこのアルバムの中では演奏しやすい曲ですね。自分も
サワリは練習しましたよ。
情感を入れてわざとらしくない演奏をするのは結構難しいです。
スローな曲にはまた違った難しさがありますね。
懐かしい曲をありがとうございました。(^.^)



くどいチョーキングや、ビブラートを避けるべきなのか、
うまく取り入れて、情感をこめた方が、表現が増すのか、
歌の場合の、こぶし回しに似た、難しさがあります。

サワリだけでも、テイルピースさんの、凝った音作りと、
絶妙のチョーキング、ビブラートで、お聴かせください。

ギターマジシャン | URL | 2011/08/27/Sat 19:14 [編集]
LOVE ME
ギターマジシャンさんの音源更新のスピードの早さにいつも驚いています。
サウンドや雰囲気も再現されていて凄いです~。
ギターも反対側からステレオで残響音が出ているんですか?
ギターの多重録音も駆使されて音が厚いです。
ソロもがんがんに熱く、軽やかなプレイで素晴らしい演奏でした!
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/08/28/Sun 00:40 [編集]
Re: LOVE ME
いつも、コメントありがとうございます。


> ギターマジシャンさんの音源更新のスピードの早さにいつも驚いています。


弾きたい曲が多いので、かなり雑なまま、毎週アップしています。


> サウンドや雰囲気も再現されていて凄いです~。
ギターも反対側からステレオで残響音が出ているんですか?


テーマの部分が、原曲は、ダブリングか何かしているので、
MTR内蔵エフェクトの、ワイドを使いました。


> ギターの多重録音も駆使されて音が厚いです。
ソロもがんがんに熱く、軽やかなプレイで素晴らしい演奏でした!


毎回、細かいところまで聴いていただき、ありがとうございます。
オケを作りこむ励みになるので、次回もがんばります。
ギターマジシャン | URL | 2011/08/28/Sun 02:51 [編集]
プリズムはほとんど聴いてないんですよね~。
私が高校生当時カシオペアがブレイクして、そのときの友達がスクエアやナニワエクスプレス、プリズム、パラシュート、ウエザーリポート、リーリトナーなどのいろんなアルバムを聴かせてもらったんですが、当時の私はプリズムが気に入らなかったんでしょうね(笑)
しかし今聞いてみると確かにサウンドと言うかギターの音はサンタナぽいですね。
それにメロディーもアダルトになった私は良さがよく分かりますよ~^^。
アダルト向きですね。
ひょい。 | URL | 2011/08/30/Tue 20:20 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> プリズムはほとんど聴いてないんですよね~。
> 私が高校生当時カシオペアがブレイクして、そのときの友達がスクエアやナニワエクスプレス、プリズム、パラシュート、ウエザーリポート、リーリトナーなどのいろんなアルバムを聴かせてもらったんですが、当時の私はプリズムが気に入らなかったんでしょうね(笑)


一般的認知度でも、スクエア、カシオペアが双璧をなしていて、
プリズムは、ギターキッズ以外には、マイナーだったような。

コンサートにしても、チケットの争奪戦に始まり、空席の有無、
会場の盛り上がりなど、明らかに差があったと思います。

( プリズムのギタリスト、和田アキラが参加した、
  松岡直也グループは、これまた、すごかったですが… )



> しかし今聞いてみると確かにサウンドと言うかギターの音はサンタナぽいですね。
それにメロディーもアダルトになった私は良さがよく分かりますよ~^^。
アダルト向きですね。


この曲が、とりわけ、サンタナのようなサウンドですし、
他にも、アル・ディ・メオラまんまの曲もあったりして、
ラテンフュージョン(?)の路線が、初期は多いです。
ギターマジシャン | URL | 2011/08/30/Tue 21:11 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.