僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
「いとしのレイラ」は、最初に聴いたバージョンが、今も愛しい
エリック・クラプトンが、ジョージ・ハリソンの妻、
パティへの恋心を歌にした、「いとしのレイラ」は、
彼の代表曲であり、今も、ライブの定番曲として、
時にアレンジを変えながら、演奏され続けている。

ブログ仲間が、ジャズのウィントン・マルサリスと、
共演したライブバージョンを、紹介してくれたが、
ビッグバンド演奏かつスローで、どうもなじめない。

最初に聴いたものが一番、という自分にとっては、
高校時代に聴いた、デレク&ドミノスの演奏こそが、
最高であり、評判高いアンプラグドの演奏にしても、
「だいたい、エレキじゃないからなあ」と思ってしまう。

レイラの20周年CDや、今年発売の40周年盤に、
別テイクが入っていないか、いつも期待するのだが、
おそらく聴けたとしても、違和感が先行するのだろう。

先日、クリームの曲を弾こうと、バンドスコアを買うが、
レイラも載っていたので、これが一番良いんだよと、
デレク&ドミノスの演奏を、何とか再現してみたくなる。

レイラは、6本から8本ものギターを、重ねた演奏だが、
スコアは2本に省略され、リピート記号だらけなので、
サイドギターやオブリガードは、できるだけ耳コピして、
自分なりにまとめて、4本のギターをダビングする。

高校の頃、このアルバムを聴いた時、なぜか自分は、
歌も含めての、一発録音だと、勝手に思い込んでいて、
Little Wing」なんかも、「よく、歌いながら、同時に
オブリやバッキングが弾けるなあ」と、感心していた。

スタジオでダビング作業を重ねるのは、ビートルズと、
ジミ・ヘンドリックスぐらいで、ロックは一発録音だと、
思っていたが、なんで、そんな勘違いをしていたのか。

レイラは、どう聴いても、何本もギターを重ねているが、
デュアン・オールマンと2人で弾いて、多少のハモリを、
あとから、ダビングするのだろうと、一人納得していた。

あまりに有名なイントロは、その頃から弾いていたので、
すぐに完成できると思ったら、裏ノリがけっこう難しくて、
改めて、クラプトンおそるべし。 (共演のオールマンも)

リズム音痴の自分は、イントロのリフから、ノリが悪く、
たった2小節なのに、走ったり、もたったりしてしまい、
それなりに聴こえるまで、録音し直し、3日もかかる。

さらに、リズムがずれないようにと、ドラムに合わせて、
各パートを録音したのだが、あまりにバラバラのノリで、
これも、他のパートを聴きながら、録音し直したわけで、
リズムの良い人や、バンドの人達には、ありえないミス。

ピアノメインとなる後半部は、聴くときも、とばしていたし、
まして、弾いたこともなかったので、譜面を追うのが、
やっとだから、スライドの演奏が、かなりいいかげんに。

ジェフェ・ベックの曲で、スライドバーが使われていて、
昔練習したので、そのあたりを、いずれアップしようかと、
今回バーを買ってきて、ちょうどレイラでも弾いてみたが、
30年ぶりなので、音程や、ミュートがけっこう大変。

しばらく、スライドギターの練習をしてから、弾くほうが、
良いのだろうが、次に弾きたい曲が多くて、無理やりの、
演奏アップとなり、いずれ、再録音したいと思いながらも、
これまた、新曲に手を出すから、いつになることやら…。

エリック・クラプトンの代表曲である、「いとしのレイラ」を、
1970年に、デレク&ドミノス名義で演奏したテイクで、
いつものボーカル抜きで、MTR録音した、やや完コピです。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ギターマジシャンさん

こんにちは。ご無沙汰してました。
涼しくてすごしやすいですね。

レイラ聴かせていただきました。
結構多重でやる必要があるんですね。

さすがです。
表情豊かなフレーズにも堪能しました。

ST Rocker
ST Rocker | URL | 2011/08/20/Sat 14:47 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。



> こんにちは。ご無沙汰してました。
涼しくてすごしやすいですね。


一昨日までの猛暑が、嘘のような涼しい週末です。



> レイラ聴かせていただきました。
結構多重でやる必要があるんですね。


ギター2本でも、十分なのでしょうが、
原曲に近づけたくて、4本にしてみました。


> さすがです。
表情豊かなフレーズにも堪能しました。


昔から、ビブラートや、チョーキングが苦手で、
単調になりがちなので、意識するようにしていて、
そう言っていただけると、練習した甲斐があります。
ギターマジシャン | URL | 2011/08/20/Sat 15:36 [編集]
私とは完成度が違います
自分の場合ギター1本でもなかなか進まないので情けなく思ってます。
最新の音源の録音でも細かく分けて録音してつなぎ合わそうかと何回思った事か。
(笑)

スライドまでこなされるマジシャンさんは技術が幅広いですね。音感も重要なんでしょうね。
テイルピース | URL | 2011/08/20/Sat 17:11 [編集]
Re: 私とは完成度が違います
いつも、コメントありがとうございます。


> 自分の場合ギター1本でもなかなか進まないので情けなく思ってます。
最新の音源の録音でも細かく分けて録音してつなぎ合わそうかと何回思った事か。
(笑)


テイルピースさんの新作、「ザ・ローナー」は、ギターが歌っていて、
チョーキングが苦手な自分には、すごく刺激になった演奏です。

自分も、以前は、4トラックくらいに、ギターを何度か録音して、
うまく弾けたところだけ、フェイダーを上げ、ミックスしました。



> スライドまでこなされるマジシャンさんは技術が幅広いですね。音感も重要なんでしょうね。


今は、必死で、フレットを見ながら、スライドしている状態で、
音感を鍛えれば、もう少し余裕で、ポジション移動できるかと。
ギターマジシャン | URL | 2011/08/20/Sat 17:40 [編集]
レイラ
レイラはそんなに、たくさんギターを重ねていたんですね!
全部のフレーズをコピーされていて、
ギターの音色もそれぞれ違って凄いです!
今回、スライドも導入され、見事な演奏でした♪
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/08/20/Sat 18:58 [編集]
素晴らしい!
いや~素晴らしいですね。
非常に奥行きのある音源で、聴いていて引き込まれてしまいました。

やはりギターはテクニックではなく表現力だと痛感しました。
レイラは定番の曲ですが、こういう曲をスマートに弾くというのはある意味一番難しい・・・・。
そろいすと | URL | 2011/08/20/Sat 19:18 [編集]
Re: レイラ
いつも、コメントありがとうございます。


> レイラはそんなに、たくさんギターを重ねていたんですね!


じっくり聴いてみると、かなり念入りに音を重ねていて、
さらに左右のチャンネルで、呼応していて、驚きでした。


> 全部のフレーズをコピーされていて、
ギターの音色もそれぞれ違って凄いです!


せっかくなので、ストラトとレスポールに分けた上に、
ディストーション、クランチなど変えてみました。


> 今回、スライドも導入され、見事な演奏でした♪


まだ、スライドは、アップするレベルではないのですが、
リッチーエリックボーン・ペイジリックスさんのブログで、
スライドの記事を読み、その気になってしまいました。

ギターマジシャン | URL | 2011/08/20/Sat 20:19 [編集]
Re: 素晴らしい!
いつも、コメントありがとうございます。


> いや~素晴らしいですね。
非常に奥行きのある音源で、聴いていて引き込まれてしまいました。


ギターを4本も重ねているので、広がりのある音が作れました。



> やはりギターはテクニックではなく表現力だと痛感しました。
レイラは定番の曲ですが、こういう曲をスマートに弾くというのはある意味一番難しい・・・・。


そんなに難しいことを、やっているわけではないのに、
聴かせるフレーズというのは、クラプトンならではです。

そろいすとさんが、今取り組まれている、ブルースギターは、
ペンタトニックでチョーキングという、シンプルな構成でも、
人をうならせるソロを作り出すわけで、まさに表現力です。
ギターマジシャン | URL | 2011/08/20/Sat 20:26 [編集]
いや~よかっです!ギターの音と言いプレイと言い素晴らしいと思いました。

そういえばこの曲、私が初めて聴いたときは後奏の長さにびっくりしました。
「大体、本文より長いって、あんた!!」と思いましたね。
なので当時は後奏を私も飛ばしていましたが、最近は後奏の方が好きだったりします。美しいメロディーで哀愁漂ってますもんね。

前半はなんか友達(ジョージ)の嫁さんに横恋慕して、悔しさをかき乱すような感じですが、後半に入り悟りの境地に入って、その感情が吹っ切れたかのようで非常に興味深い曲構成になっていると思いました。
ひょい。 | URL | 2011/08/21/Sun 17:04 [編集]
ボトルネックを買ったはいいけど、全然使いこなせず・・・ギターケースの中でサビてます(ステンレス製なもんで^^;)・・・
どうしたらきちんと音が出せるのかコツを教えてください~(><)
マジェ | URL | 2011/08/21/Sun 17:15 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> いや~よかっです!ギターの音と言いプレイと言い素晴らしいと思いました。


そう言っていただけると、こつこつ音を重ねて作った甲斐があります。



> そういえばこの曲、私が初めて聴いたときは後奏の長さにびっくりしました。
「大体、本文より長いって、あんた!!」と思いましたね。
なので当時は後奏を私も飛ばしていましたが、最近は後奏の方が好きだったりします。美しいメロディーで哀愁漂ってますもんね。



歌がなくて、何となくメロディがあるような、ないようなで、
延々と演奏されるので、最初聴いたときは、戸惑いました。

ピアノのコードが主旋律で、そこへ2本のスライドギターや、
アコギがからんでくる構成は、今は気に入っています。



> 前半はなんか友達(ジョージ)の嫁さんに横恋慕して、悔しさをかき乱すような感じですが、後半に入り悟りの境地に入って、その感情が吹っ切れたかのようで非常に興味深い曲構成になっていると思いました。


組曲でもなく、メドレーでもなく、1曲としているのが、
不思議ですが、パティへの強い思いは、こうした形でしか、
表現することが、できなかったのかもしれませんね。
( アルバム全曲を、捧げているという説もあるほどです )
ギターマジシャン | URL | 2011/08/21/Sun 18:43 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> ボトルネックを買ったはいいけど、全然使いこなせず・・・ギターケースの中でサビてます(ステンレス製なもんで^^;)・・・
どうしたらきちんと音が出せるのかコツを教えてください~(><)



今回、買ったのが、ガラス製で、フレットが透けて見えるから、
かなり必死で、目で追いかけて、音程を取っています。

スライドバーも、小指にはめるほうが良いらしいのですが、
薬指にはめて、中指と小指で挟んで、安定させてみたり、
人差し指で、ミュートしたり、いろいろ試しているところです。
ギターマジシャン | URL | 2011/08/21/Sun 18:48 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.