僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
中1で見た、「日本沈没」のトラウマが、現実味をおびて
中1の73年、小松左京「日本沈没」は、原作小説と、
映画化とでは、どちらが先に、同級生の間で話題となり、
それこそ、読んでから見たか、その逆だったのだろうか。

原作のカッパブックスは、NHK放送センター前にある、
NHKテキストを扱う書店で、立ち読みの末、購入して、
年末公開の映画は、年明けくらいに、見に行ったはず。

「日本沈没」は題名どおり、日本列島が沈没してしまう、
いわば近未来小説で、ジュール・ベルヌや、アシモフの、
SF小説に親しんでいた自分には、別世界のSFよりは、
現実味があって、どことなく「ウルトラQ」に近い世界観。

映画の中で、竹内均教授、本人が出演し、国会だったか、
プレートテクニクスを説明する場面は、説得力があって、
良くも悪くも、地震の原因はこれだと、固定観念になった。

ラストシーンは、どれが最後だか、記憶があいまいだが、
博士が沈み行く日本で、立ちすくむ姿、多くの人を救おうと、
悪戦苦闘する主人公・藤岡弘、遠い異国の地で列車に乗り、
窓の外を見る、ヒロイン・いしだあゆみと、どれも印象的。

それぞれが、今思い出しても、すごく胸に突き刺さる場面で、
自らのデータ、理論から導かれた結末を確認するように、
沈み行く列島と命運を共にする、小林圭樹演ずる博士の姿。

愛する女性を救いたい、そのため一人でも多くの日本人を、
助け出そうと、必死な藤岡弘は、片目が血だらけの包帯で、
覆われている痛々しい姿で、自分にはすごいショックだった。

伊達政宗や、柳生十兵衛、フック船長の眼帯姿とは違って、
「ああ、いったいなんで、そんなことになってしまったのか」と、
取り返しのつかない事に感じ、悔しさいっぱいに、見ていた。

異国にいるヒロインは、「さまよえるユダヤ人」ではないが、
国を失った日本人は、これから、どうやって生きていくのか、
島国の中で長年生活してきた人々が、あちこちの国へ散り、
いわば居候するような形で、やっていけるのか、不安に感じた。

すごくいろいろなことが、中1の自分には、理解できないくらい、
とびこんできて、その内容を整理しきれないこともあってか、
ある意味、これが、地震という災害へのトラウマとなった。

ちょっとした地震でもおびえる自分に、今は亡き祖父母らは、
「あの関東大震災に比べれば、こんなものは、屁でもない」と、
なかば自慢話をするように、笑いながら、慰めてくれた。

じいじ、ばあば、今、あなた達が経験したことのない大地震が、
日本列島を襲っています。どうか、空から見守ってください!

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ギターマジシャンさん

日本沈没の話、確かに象徴的なことでした。
全く同感です。

私の父は、幼少時代、横浜で関東大震災に遭い、木造家屋の倒壊の下敷きになり、奇跡的にわずかな隙間に入り込み、救助されたそうです。

今回の地震、一体何ができるのか、自分のブログにも書いてみたいと思います。
ST Rocker | URL | 2011/03/13/Sun 11:48 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 日本沈没の話、確かに象徴的なことでした。
全く同感です。


自分にとっては、かなりのトラウマになっています。


> 私の父は、幼少時代、横浜で関東大震災に遭い、木造家屋の倒壊の下敷きになり、奇跡的にわずかな隙間に入り込み、救助されたそうです。


隙間に入ったかどうかで、生死が分かれてしまう、そんな奇跡的な体験だったのですね。


> 今回の地震、一体何ができるのか、自分のブログにも書いてみたいと思います。


節電に努めることと、募金くらいしか、思い浮かばない状態です…。
ギターマジシャン | URL | 2011/03/13/Sun 13:31 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.