僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
10代で、バッハの対位法をマスターした、ジェイソン・ベッカー
ポール・ギルバートが、自ら率いるレーサーXに、
自分の生徒だった、ブルース・ブイエを加入させ、
高速ツインギターで、87年に2ndアルバムを出す。

その影響だろうか、こちらが先か、ほとんど同じ頃、
高速ツインギターが売りのバンド、カコフォニーが、
早弾きギター専門の、シュラプネルからデビュー。

今や日本通で知られる、マーティー・フリードマンと、
弱冠18歳のジェイソン・ベッカーが、その二人で、
翌88年には、それぞれが、ソロアルバムまで出す。

自分は、カコフォニーは知らなくて、そのメンバーが、
そろってソロを出したという、記事で二人を知ったが、
なぜか、ジェイソン・ベッカーだけ、CDを購入した。

あまり覚えてないが、カコフォニーは、二人参加でも、
ボーカル曲が半分だからスルーで、ソロアルバムは、
10代のジェイソンの方が、どの程度のレベルなのか、
気になったし、ストラトを弾いていたのも、大きな要素。

1曲目は、シンセをバックに、泣きのギターから入る、
王道のような曲で、早弾きも見事につきる演奏だが、
エッジが効いたギターの音色が、自分の好みである、
こもった音とは違い、それだけがすごく残念に思う。

基本的に、シュラプネルから出るギタリストのCDは、
イングヴェイ系の、ネオクラシカルの早弾きなのだが、
なぜか音色は、ヘビメタっぽい、エッジが効いた音で、
歪ませすぎで、時には汚く潰れた音に、感じてしまう。

その点、ジェイソンは、曲によっては、クリーンな音も、
使い分けているし、歪みすぎの汚い音にはならずに、
ギターの音も前に出ているミキシングは、気に入った。

雑誌や、アルバム解説で、やたらと書いてあったのが、
エアー」という曲が、バッハの対位法で作曲されて、
10代の若さで、その技法を習得しているのは珍しく、
音楽理論にも精通した、驚異のギタリストだと言うこと。

自分は、クラシックギターのバッハの曲が好きで、
確かに、その雰囲気だと思うが、何がどうすごいのか、
理論的なことはわからず、この曲よりも、その他の、
早弾きだらけの方が好きという、単純な考えとなる。

ジェイソンは、デイブ・リー・ロスのバンドに参加したり、
ソロアルバムも出すが、不治の病との闘病生活となり、
演奏より作曲活動が、主となってしまうが、10代での、
この瑞々しい演奏は、今も輝きを放っているのです。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.