僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
朝日新聞をとっていないのに、友人にすすめで天声人語
実家でとっていた新聞は、父が、連載している、
私の履歴書」を、気に入っていることもあって、
サラリーマン御用達である、日本経済新聞だった。

今でこそ、入学試験対策には、朝日新聞掲載の、
天声人語が役立つ、などと言われたりしているが、
自分たちが受験した頃は、どうだったのだろうか。

ほととんど、天声人語を、読んだことのない自分が、
就職した83年、本好きの友人に、薦められたのが、
深代惇郎の天声人語」、「深代惇郎の青春日記」。

深代は、46歳で夭折した、朝日新聞論説委員で、
「反骨のコラムニスト」などと、紹介されていたが、
その文章のうまさに、友人が感動し、教えてくれた。

日記文学というのもあるが、個人が書いた日記を、
没後に公開する是非は、作家ならいざしらず、
記者の青春時代のノートを、公開するのはどうか。

有名な「アンネの日記」や、「二十歳の原点」のように、
読み継がれているものも多いが、音楽の世界でも、
未発表音源のように、生前の本人の意思に関係なく、
公開するのは、ファン心理との、葛藤もあるところ。

「青春日記」の大学時代は、読書日記が中心だが、
入社前後の気持ちなど、やはり就職した自分には、
すごく身近に感じたし、考察の鋭さに、すごく感銘した。

初めて、正面から向き合って、読んだ天声人語は、
限られた字数の中、5つの段落で、(改行はせずに、
▼マークによる)、起承転結をつけていく文章に、
すごくひかれたし、思わず、ひざを打つ内容が多い。

深代本人が自戒の意味をこめ、「▼印が良かったか、
気にしてしまうし、物事を5つで考えてしまいがち」と、
語ったことが、あと書きで紹介され、ストイックに思う。

それでも、段落がうまい配分になれば、良いことだし、
先人の言葉や、時節の事柄から、文章を書き始めて、
時事問題などへ、展開していく見事さに、魅かれた。

その後、一人暮らしを始めて、朝日新聞をとったが、
天声人語を読むと、深代の文章に慣れていたせいか、
大学生のレポートや、入社試験の小論文に感じた。

おそらく、当時の自分より、はるか年上の論説委員で、
自分には、とうてい書けないような文章だが、内容が、
今一歩だなど、どこか馬鹿にしてしまい、読んでいた。

若いころに読んだ名文で、好みの文章や、使う文体が、
確立されるのだろうし、このブログでは、見た目を気にし、
各段落を3から4行にして、各行の字数がそろうように、
書いてしまうのも、天声人語の影響かもしれません。


スポンサーサイト

トラックバック0 コメント0 page top





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.