僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
カシオペア・野呂一生と、プリズム・和田アキラのギターバトル
78年、渋谷の西武デパートのディスクポートで、
ギターバトルの曲が流れ、片方は、プリズムの、
和田アキラが弾いていると、すぐにわかった。

もう一人は、誰だろうと思いながら、飾ってある、
LPジャケットを見ると、カシオペア野呂一生で、
ライブハウスなどで、話題になってきたギタリスト。

カシオペアのデビューLPは、翌79年であって、
まだ知る人ぞ知る存在だったが、雑誌にも載り、
クロスオーバー・ファンの間では、注目されていた。

自分も、77年に、ヤマハ主催のコンテストである、
EastWestで、その演奏を聴いて、すごく気に入り、
渋谷ヤマハのライブスポットでも、何度か見ていた。

Tokyo Fusion Night」と、名づけられたLPは、
ドラムの村上秀一、愛称ポンタがリーダーとなった、
セッションで、ギタリストも、数名が参加していた。

アール・クルーや、リー・リトナーの名演で知られる、
キャプテン・カリブ」は、リトナーのアレンジに近いが、
いかしたドラムソロが、かなりフューチャーされていた。

大村憲司と、野呂一生の、ギターソロも聴けるうえに、
松原正樹も、存在感あるリズムギターで参加していて、
かなり豪華な共演で、ギターマニアには納得の演奏。

和田アキラと、野呂一生のギターバトルが聴けるのは、
B面1曲目の、「カム&ダウン」で、当時最速と言われた、
和田アキラの早弾きに、引けをとらない野呂のプレイは、
フレーズもジャズっぽく、新しいスタイルだった。

今回、ブログを書くに当たり、CDで買い直したのだが、
ギターバトルは、16小節を互いに3回プレイする程度で、
もっと延々とやりあったように、自分は勘違いしていた。

きっと、レコードを買ってきて、家で聴きなおした時に、
同じような失望感を抱いたかもしれないが、ほかの曲も、
すごい演奏が聴かれるので、買って損したとは思わない。

渋谷ヤマハで見たときに、野呂は、ジョー・パスのような、
ソロギターから始まり、コードソロでテーマを奏でる、
ジャズ系の演奏をしていて、こうした初期ライブで演奏した、
LP未収録曲の音源は、どこかにないものでしょうか。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.