FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
カシオペア・野呂一生と、プリズム・和田アキラのギターバトル
78年、渋谷の西武デパートのディスクポートで、
ギターバトルの曲が流れ、片方は、プリズムの、
和田アキラが弾いていると、すぐにわかった。

もう一人は、誰だろうと思いながら、飾ってある、
LPジャケットを見ると、カシオペア野呂一生で、
ライブハウスなどで、話題になってきたギタリスト。

カシオペアのデビューLPは、翌79年であって、
まだ知る人ぞ知る存在だったが、雑誌にも載り、
クロスオーバー・ファンの間では、注目されていた。

自分も、77年に、ヤマハ主催のコンテストである、
EastWestで、その演奏を聴いて、すごく気に入り、
渋谷ヤマハのライブスポットでも、何度か見ていた。

Tokyo Fusion Night」と、名づけられたLPは、
ドラムの村上秀一、愛称ポンタがリーダーとなった、
セッションで、ギタリストも、数名が参加していた。

アール・クルーや、リー・リトナーの名演で知られる、
キャプテン・カリブ」は、リトナーのアレンジに近いが、
いかしたドラムソロが、かなりフューチャーされていた。

大村憲司と、野呂一生の、ギターソロも聴けるうえに、
松原正樹も、存在感あるリズムギターで参加していて、
かなり豪華な共演で、ギターマニアには納得の演奏。

和田アキラと、野呂一生のギターバトルが聴けるのは、
B面1曲目の、「カム&ダウン」で、当時最速と言われた、
和田アキラの早弾きに、引けをとらない野呂のプレイは、
フレーズもジャズっぽく、新しいスタイルだった。

今回、ブログを書くに当たり、CDで買い直したのだが、
ギターバトルは、16小節を互いに3回プレイする程度で、
もっと延々とやりあったように、自分は勘違いしていた。

きっと、レコードを買ってきて、家で聴きなおした時に、
同じような失望感を抱いたかもしれないが、ほかの曲も、
すごい演奏が聴かれるので、買って損したとは思わない。

渋谷ヤマハで見たときに、野呂は、ジョー・パスのような、
ソロギターから始まり、コードソロでテーマを奏でる、
ジャズ系の演奏をしていて、こうした初期ライブで演奏した、
LP未収録曲の音源は、どこかにないものでしょうか。


スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんにちわ♪ いつもありがとうございます!

当時はフュージョン全盛期で、プリズム カシオペアといったユニットで演奏していた和田アキラや野呂一生など テクニカルなギタリストのプレイに惹かれ、それこそテープが擦り切れるくらい耳コピしてたものです。

和田アキラの速弾きフレーズはホールズワースの影響も感じとれますが、それに彼オリジナルなアップダウンスケーリングを駆使したもので、特に ナイトピクニックなどの曲でのプレイは信じられないレベルの超速パッセージの連射でただただ驚愕したものです。

曲的には、プリズムⅢにクレジットされている、"SUNRISE CRUISE" がいちばん好きなんですが、今 その音源はYouTubeにもDaily Motionなどにもなくて残念です。なので、何年か前、ネットで曲をダウンロードしてスマホに入れています。
野呂一生も非常にテクニカルなギタリストで、和田に比べると早いパッセージにおいても、よりジャズ寄りなプレイが特徴的ですね。
ももPAPA | URL | 2019/08/02/Fri 14:26 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちわ♪ いつもありがとうございます!
当時はフュージョン全盛期で、プリズム カシオペアといったユニットで演奏していた和田アキラや野呂一生など テクニカルなギタリストのプレイに惹かれ、それこそテープが擦り切れるくらい耳コピしてたものです。


往年のロックギターのテクニックも侮れないものがありますが、
フュージョン全盛期となり、プロもアマチュアもそのレベルが、
一気に上がりましたし、みんな真剣にギターを練習しましたね。


> 和田アキラの速弾きフレーズはホールズワースの影響も感じとれますが、それに彼オリジナルなアップダウンスケーリングを駆使したもので、特に ナイトピクニックなどの曲でのプレイは信じられないレベルの超速パッセージの連射でただただ驚愕したものです。


和田は、よりロック的なフレーズをぶちこんできたり、
とにかく、当時としては、海外でも群を抜いたのでは。


> 曲的には、プリズムⅢにクレジットされている、"SUNRISE CRUISE" がいちばん好きなんですが、今 その音源はYouTubeにもDaily Motionなどにもなくて残念です。なので、何年か前、ネットで曲をダウンロードしてスマホに入れています。


プリズムのアルバムは、何度かボーナストラック付で再発していて、
LPや初期のCDで持っていても、買い直そうかと、悩んでいます。


> 野呂一生も非常にテクニカルなギタリストで、和田に比べると早いパッセージにおいても、よりジャズ寄りなプレイが特徴的ですね。


野呂は、ジョー・パスをかなり研究したと語っていましたし、
最初の頃は、もろジャズのビバップフレーズを弾いてました。
ギターマジシャン | URL | 2019/08/02/Fri 18:49 [編集]
こんばんわ♪

和田アキラ、大村憲司、野呂一生 そして松原正樹
凄い面子ですね。

カシオペアの楽曲で、ミッドナイト・ランデブーという曲がありますが、野呂のギターがかっこよくてコピーにもチャレンジしましたが、甘かったです。

プリズムの "Sunrise Crues" での和田のソロがあまりにかっこよくて、何度も何度も繰り返し聴き込んでコピーに励んだものです。
ただ、あの超速フレーズが難しく、ごまかしごまかしで上っ面を撫でただけのようなコピーしかできませんでした。

ただ、もっと巧くなりたいって思いで継続して繰り返しコピーチャレンジした楽曲でもあります。

ももPAPA | URL | 2020/01/23/Thu 21:33 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんわ♪
和田アキラ、大村憲司、野呂一生 そして松原正樹
凄い面子ですね。


日本のフュージョン創成期の奇跡のセッションです。


> カシオペアの楽曲で、ミッドナイト・ランデブーという曲がありますが、野呂のギターがかっこよくてコピーにもチャレンジしましたが、甘かったです。


自分もカバーしたいのですが、ドラムが細かすぎて、
入力が挫折したままで、何年もたってしまいました。


> プリズムの "Sunrise Crues" での和田のソロがあまりにかっこよくて、何度も何度も繰り返し聴き込んでコピーに励んだものです。
ただ、あの超速フレーズが難しく、ごまかしごまかしで上っ面を撫でただけのようなコピーしかできませんでした。
ただ、もっと巧くなりたいって思いで継続して繰り返しコピーチャレンジした楽曲でもあります。


和田アキラのフレーズは、本当に格好良いですし、
それをコピーするのは、ハードルが高いですよね。
ギターマジシャン | URL | 2020/01/24/Fri 07:18 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.