僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジャズギター教本で知った、モード奏法と「ソー・ホワット」
78年、高3年のとき、クラスに、ジャズピアノの、
得意な友人がいて、昼休みにジャズ理論書や、
ピアノの譜面などを見ていて、すごく影響された。

真似するように、ジャズギターの楽譜を買おうと、
渋谷のヤマハで、あれこれ見て、渡辺香津美の、
ジャズギターインプロビゼイション」を選んだ。

モード奏法を学ぶ例として、ジョージ・ベンソンによる
ソー・ホワット」が掲載されていて、高校の教室で、
ベンソンのフレーズを、演奏していた友人もいたから、
なんとか、この曲を弾けるようにしたいと思った。

マイルス・デイビスが始めた、モード奏法の発端は、
ジャズスタンダードの、演奏に際して、コード進行が、
複雑化するというか、代理コードや、テンションにより、
アドリブが、コードに束縛されたことへの、反動らしい。

コード進行の呪縛から、開放するため、同じコードが、
数小節続き、そのコードに対して、一つのスケールが、
対応することで、より自由な、アドリブが可能となる。
(書いている自分でも、もどかしい表現ですが・・・)

そんな背景をふまえつつ、ジョージ・ベンソンの楽譜を、
弾くと、FMで聴いた、ベンソン版「テイク・ファイブ」の、
早弾き、弾きまくりに近いフレーズで、気合が入る。

収録されたLPを探し、輸入盤「ブルー・ホライズン」を、
公園通りディスクユニオンで買い、早速聴いたのだが、
譜面で考えていたより、早いテンポで演奏していて、
当時の自分には、弾けるようなスピードではなかった。

原曲も聴こうと、マイルス・デイビスが、これを初演した、
カインド・オブ・ブルー」を買ったが、このテイクは、
ゆっくりのテンポで、何だか、拍子抜けした気分だった。

マイルスの演奏は、ライブ盤「フォア&モア」でも聴け、
かなり早いテンポだったが、自分にとってはベンソンの
演奏のほうが、気に入っていて、ギターびいきだろうか。

それから15年近くたってから、フラン・クギャンバレが、
中心となったギターバトル、MVPシリーズの第2弾で、
ファンク調にアレンジされた「ソー・ホワット」が聴ける。

ゆったりとしたテンポだが、チョッパーベースのソロや、
ブレッド・ガーストショーン・レーンの新人二人による、
ものすごい早弾き合戦で、これは、これで気に入った。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.