僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
アランフェスとスペインのセット演奏を、ギター二重奏で
チック・コリアが作曲した「スペイン」を聴いたのは、
ギター誌の企画によるLP、「ギタープレイヤー」で、
ラリー・コリエルの、アコースティックギターによる、
一人二重奏で、すごくメロディもアドリブも気に入った。

その後、スティーブ・カーンと、コリエルの二重奏や、
本家、チック・コリアの演奏も、聴いてみたのだが、
最初に聴いた方が一番良い、という昔からの癖で、
今でも、コリエルの一人二重奏が、最高と思っている。

今週、オケ作りが間に合わず、かと言ってソロギも、
何かとミスが目立ってしまう、実力不足の状態で、
久々に、ギターデュオでも、やってみることにした。

レコードプレイヤーが壊れて、そのままになっていて、
コリエルも、スティーブ・カーンとのテイクも聴けず、
CDで、チックの初演や、ベスト盤に収録されている、
ビル・コナーズスティーブ・ガッドとの演奏を聴き返す。

譜面を探すと、雑誌ギターマガジンの81年2月号に、
コリエル&カーンの演奏での、コピー譜が載っていて、
テーマ部分は、これを参考にして、ソロはアドリブで。

3テイク録音したが、自分勝手にやるアドリブだと、
勢いで弾いてしまい、コードから、音が外れていたり、
一つ一つの音が、きちんとピッキングできなくて、
自然とミュート奏法になったり、どれも未完成テイク。

テーマとリフの部分で、ミスが少なかったテイクを、
ミックスダウンしたものの、アドリブのラインだけでも、
録音し直そうと思うが、パンチインなどが、今もできない。

将来的に、演奏の映像の公開も、目標にしているが、
そうなると、さらに編集できなく、ライブ演奏になるから、
一発録りは無理でも、通して弾くように習慣づけないと。

チックは、冒頭に、アランフェス協奏曲の第二楽章、
「わが心のアランフェス」、「恋のアランフェス」などの
邦題で有名な、テーマの部分を演奏しているが、
コリエル&カーンは、第一楽章のさわりだけ演奏。

自分は、第二楽章を、オーケストラ版は無理なので、
ギター&ピアノ編曲の楽譜から、ピアノのパートを、
アコギで省略して演奏したが、ガットギターのほうは、
ピック弾きだが、できるだけ、原曲に忠実に弾いてみた。

アランフェス協奏曲も、全楽章を弾いてみたい曲で、
定年退職したら、退職金で、オーケストラを雇い、
プロになった気分で、合奏するのが、夢のまた夢。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


これは...
プレイ、音色ともに申し分ないですね。
聴き惚れちゃいました♪
やわらかい音色が素晴らしいと思います!
リバーブが上品で心地いいです♪
どのような環境で録音されたものなのでしょうか?
エレギ師 | URL | 2011/03/08/Tue 20:11 [編集]
納得です。
過去のご自身の音源の中で、私個人はナンバーワンだと思います。
とにかくギターが素晴しく“いい音”で録れていて、引き込まれてしまいます。

2本の音程もビシッと合っていて、1人2重奏のアドバンテージを実感しました。
此処に至って、ブランクを克服したのではないでしょうか?

Les Paul L-5 | URL | 2011/03/08/Tue 22:39 [編集]
Re: これは...
いつも、コメントありがとうございます。

> プレイ、音色ともに申し分ないですね。
聴き惚れちゃいました♪


そう言っていただけると、すごく嬉しいです。


> やわらかい音色が素晴らしいと思います!
リバーブが上品で心地いいです♪
どのような環境で録音されたものなのでしょうか?


エレガット、エレアコをMTRにプラグインした、ライン録りです。
どちらのギターも、ギター側のトーンを半分にしぼっています。
リバーブは、MTR内蔵のホールリバーブを、そのまま使っています。
エレキギター同様、MTRのエフェクターに、かなり助けられてるようです。
ギターマジシャン | URL | 2011/03/09/Wed 00:19 [編集]
Re: 納得です。
いつも、コメントありがとうございます。


> 過去のご自身の音源の中で、私個人はナンバーワンだと思います。
とにかくギターが素晴しく“いい音”で録れていて、引き込まれてしまいます。


そこまで言っていただけると、恥ずかしいくらいで、ありがたいです。
以前と同様のライン録りですが、トーンなどの調整が、うまくできたようです。



> 2本の音程もビシッと合っていて、1人2重奏のアドバンテージを実感しました。


以前、ガットのチューニングを指摘していただいたので、録り直すたびに、
チューナーで合わせましたが、本当、すぐに上がったり、下がったりで、
気づかないまま、録音を繰り返していたら、大変なところでした。


> 此処に至って、ブランクを克服したのではないでしょうか?


ブログをはじめて、毎日ギターを弾くのも、半年以上となりますが、
ようやく、ある程度のレベルには、なれたのでしょうか。
ギターマジシャン | URL | 2011/03/09/Wed 00:26 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.