僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ギターは通販で 夢のトーマスセット
運動音痴にもかかわらず、
「巨人の星」を見ては背番号16のユニフォームを、
「柔道一直線」を見ては柔道着を買ってもらい、
果ては「俺は男だ」を見て剣道部に入部してしまう、
そんな性格の自分が、ギターを手に入れた。

これまた文字通りの音痴だった自分が、ギターを欲しがったのは
、実は音楽とは関係なく、「人造人間キカイダー」が変身する時に、
ギターを抱えた渡り鳥よろしく、1曲演奏するのに憧れたのでした。

近所にあるギター工房で、手づくりクラシックギターを、
ひびが入っているという訳あり超特価で、手に入れたものの、
どうも変身するギターとは違うぞと、すぐに飽きてしまった。

そんな自分にも、中学2年のとき、
遅ればせながら、ビートルズの洗礼が訪れる。

ビートルズについて書くと、きりがないので、
折を見て書いていきたいが、
ともかくエレキギターが欲しくてたまらなくなったわけです。

あまりギターの知識もない中学生だった自分たち、
雑誌の広告で見る二光通販のギターが、情報のすべてに近かった。

当時、国産のエレキギターでも数万円していたろうに、
「夢のトーマスセット」と謳われたエレキギターは、
ギターアンプもセットで2万円弱という価格。

誕生祝いと進級祝いと、何でもかんでもまぜて、
親だけでなく祖父母までまきこんだあげく、
ようやく買ってもらえることになった。

夢のトーマスセット


何十年ぶりで、押入れから出してみたら、
ギターのチューニングも合わないし、
アンプの音もフォークギターの生音より小さいくらいしょぼいのだが、
当時の自分は、これでプロミュージシャンに一歩近づいたような気分だったし、
近所の大人まで、あそこの家はエレキを買ったのかと覗きにきたほどだった。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.