僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ビリー・シーンとのユニゾンプレイで、スティーブ・ヴァイの本領発揮
84年、イングヴェイが脱退したアルカトラスに、
急遽、新人に近い、スティーブ・ヴァイが参加し、
来日公演を行ったが、当日まで知らない人も多く、
がっかりする反面、その実力に驚いたと、聞いた。

雑誌ギタープレイヤーに、1ページ足らずだが、
インタビューが載り、写真では、ドレッドヘアーで、
奇抜なストラトを抱えていて、すごく違和感がある。

元々イングヴェイが弾いた、超早弾きフレーズを、
ステージでどうしているか、という質問に対しては、
バークリー音楽院にいた時なら、弾けたけどね」

言い訳だか、負け惜しみだか、と思いつつ、自分が
「ジャズギター教室に、通っていた時には~」と、
言っているのとは、ぜんぜん次元の違うレベル。

その後のヴァイのプレイから考えても、ごく普通に、
弾けそうだと思うし、来日公演のビデオで見ても、
JetToJet」の高速リフを、最初はピッキングで弾き、
次にヴァイ得意の、タッピング奏法でも演奏していた。

どっちでも弾けるんだと、アピールしたかったのか、
「やっぱ、ピッキングは、きついぜ、クソ!」とばかり、
タッピングに切り替えたのかは、本人のみ知るところ。

85年、デイブ・リー・ロスのバンドに参加すると、
別のバンドだから後釜ではないのだが、結果的に、
エディ・ヴァン・ヘイレンと、比較されることになる。

1作目「イート・エム・アンド・スマイル」のアルバムも、
サミー・ヘイガーが加入した、ヴァン・ヘイレン初の、
「5150」と比較されたが、自分は、どちらも気に入る。

ヤンキーローズ」は、デイブとの対話ではないが、
ギターがしゃべったり、笑ったりするような演奏で、
鬼才フランク・ザッパのバンド出身を、感じさせた。

何と言っても、このアルバムでの、ハイライト曲は、
シャイボーイ」で、ビリー・シーンの弾くベースと、
お互いライトハンド奏法で、ユニゾンを完璧に決めた。

ビリー・シーンは、元々いた自分のバンド、タラスで、
エディ・ヴァイ・ヘイレンの代表曲「暗闇の爆撃」を、
ベースで演奏したり、エディ本人とも対談していたりで、
この曲も、タラス時代の曲だが、さらにパワーアップ。

ビリーも、スティーブ・ヴァイも、超絶テクニックに、
ついてこれる相棒を見つけて、互いに喜んでいるような、
そんな演奏に思えて、こっちまで嬉しくなって聴いた。

レディス・ナイト・イン・バッファロー」のギターソロは、
チョーキングから、流れるような早弾きフレーズとなり、
ジェフ・ベックを思わせる、泣きのフレーズへと変わる、
変幻自在かつ、ドラマチックなソロ構成に、すごく感動した。

この曲の、オクターブ奏法を交えたバッキングリフも、
ジャズ、フュージョンを感じさせて、すごく格好良く、
ギタートリオながら、厚みのある音にも、リズム隊の、
実力を感じさせ、他の曲も、全部が気に入ったのです。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


実は生まれ初めて行ったライブが、VAIのいたアルカトラスだったりします♪

まだギターもよく知らないガキでした~。(^^)
TK | URL | 2011/03/05/Sat 12:19 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 実は生まれ初めて行ったライブが、VAIのいたアルカトラスだったりします♪


それって、すごいことですし、イングヴェイも、スティーブ・ヴァイも、
アルカトラスでの来日は、一度きりだったから、貴重な体験ですよ!


> まだギターもよく知らないガキでした~。(^^)


その段階で見るヴァイの演奏は、どう映ったのでしょうね。
ギターマジシャン | URL | 2011/03/05/Sat 14:28 [編集]
スティーブ・ヴァイ。
スティーブ・ヴァイを本格的に聴いてきた方ではありませんが、好きなギタリスト」ですし、常に気になる存在ですね。
おそらく、ギターを弾く事に関して苦手な物を練習で全て克服出来た、数少ないギタリストだと思います。
弾けないスタイル・ジャンルは無いのでは・・・と思わせてくれます。
彼が在籍していた時期のザッパ・バンドは飛び抜けてテクニカルなミュージシャンの集まりで、その中で鍛えられたと思います。

デイブ・リー・ロスのバンドに加入した時には、不安に思いましたが“スカイ・スクレイパー”は西海岸のロックの中でもトップランクの出来だと思います。
モントローズから繋がる、テッド・テンプルマンの音を期待以上に出来たのもヴァイのギターによると思います。

しかし衝撃度とキャラクターのマッチングが良かった“クロスロード”は他の誰よりも、彼なくしてはあそこまで盛り上がる事は無かったでしょう。

Les Paul L-5 | URL | 2011/03/05/Sat 21:19 [編集]
Re: スティーブ・ヴァイ。
いつも、コメントありがとうございます。


> スティーブ・ヴァイを本格的に聴いてきた方ではありませんが、好きなギタリスト」ですし、常に気になる存在ですね。


自分も、持っているCDは数枚ですが、それを聴きこむくらい好きです。


> おそらく、ギターを弾く事に関して苦手な物を練習で全て克服出来た、数少ないギタリストだと思います。
弾けないスタイル・ジャンルは無いのでは・・・と思わせてくれます。


ギタープレイヤー誌でも、さまざまなジャンルのギターを採譜して解説していました。


> 彼が在籍していた時期のザッパ・バンドは飛び抜けてテクニカルなミュージシャンの集まりで、その中で鍛えられたと思います。


歴代のドラムだけでも、エインズレー・ダンパー、チェスター・トンプソン、
テリー・ボジオ、チャド・ワッカーマンなど、そうそうたる面子です。

当時、ザッパのギターを採譜させられ、すごい訓練になったとも、ヴァイが語っていました。


> デイブ・リー・ロスのバンドに加入した時には、不安に思いましたが“スカイ・スクレイパー”は西海岸のロックの中でもトップランクの出来だと思います。
モントローズから繋がる、テッド・テンプルマンの音を期待以上に出来たのもヴァイのギターによると思います。


デイブのバンドは、他のギタリストにメンバーチェンジもしましたが、
ヴァイ在籍時の音が、一番似合っていたと思います。


> しかし衝撃度とキャラクターのマッチングが良かった“クロスロード”は他の誰よりも、彼なくしてはあそこまで盛り上がる事は無かったでしょう。


Youtubeでギターバトルを見ましたが、あの表情、動きは見事でした。
ギターマジシャン | URL | 2011/03/05/Sat 22:11 [編集]
イート・エム・アンド・スマイル
発売当時、大好きなアルバムでした!
ビーズを髪に付けたドレッドのスティーヴ・ヴァイに違和感ありましたが、
かっこよく変身していてたので驚きました。
ベースのビリーシンもテクニカルなユニゾンベースが
かっこ良かったです。
タラスで、暗闇の爆撃を弾いていたんですか?
知らなかったです。今度聞いてみます♪
ビリーシーンは大好きなベーシストです。
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/03/06/Sun 13:28 [編集]
Re: イート・エム・アンド・スマイル
いつも、コメントありがとうございます。

> 発売当時、大好きなアルバムでした!
ビーズを髪に付けたドレッドのスティーヴ・ヴァイに違和感ありましたが、
かっこよく変身していてたので驚きました。


あのドレッドヘアーで、かなり損してしたような気がします。


> ベースのビリーシンもテクニカルなユニゾンベースが
かっこ良かったです。
タラスで、暗闇の爆撃を弾いていたんですか?
知らなかったです。今度聞いてみます♪
ビリーシーンは大好きなベーシストです。


タラス時代に、プレイヤー誌だったか、紹介された記事の中で、
ベースで「暗闇の爆撃」を弾くと、書いてあったのですが、
ライブで、ライトハンドの部分だけ、演奏したのかもしれません。
ギターマジシャン | URL | 2011/03/06/Sun 14:46 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.