僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
初代ゲームボーイで、行列待ちが、楽しくなる(?)
スペースインベーダー世代と言ってよいか、
高校から大学にかけて、ゲームセンターや、
ゲーム喫茶に、はまっていた時期があった。

いつのまにか、そうしたゲーム熱は冷めて、
就職後に、ファミコンが一大ブームとなって、
ドラクエ現象が起きても、興味がなかった。

89年に、初代ゲームボーイが出たときに、
何がきっかけだったか、パズルゲームの、
テトリス」がやりたくて、本体を探し回って買う。

ゲームボーイと共に、ブームとなっているのが、
テレビで放送でもして、興味がわいたのか、
旅行先の旅館や、遊園地のゲームコーナーで、
アーケードタイプで遊んだか、どちらだったか。

当時は、セット販売が当たり前のように横行し、
ゲームボーイ本体に、テニスなどのソフトが、
いわゆるクソゲー程ひどくはないが、2本と、
バッテリーなどの付属品も、一緒に買わされた。

今さら「テトリス」を、説明するのも不要だろうが、
上から落ちてくるブロックを、フィールドに積み上げ、
横一列がそろうと、消すことができ、得点できる、
単純明快なルールの、落ちものパズルの元祖。

RPGなどが今も苦手で、インベーダーに始まる、
100円入れて、すぐに片がつく類のゲームが、
性に合っている自分は、テトリスは格好のゲーム。

すぐに片がつくゲームに、一度で終わらず、連続で、
コイン投入するように、何度も繰り返しプレイして、
気がつけば、夜中になっていることも多かった。

同年、横浜博覧会に出かけたが、行列に並ぶとき、
持参したゲームボーイで、テトリスをやったら、
待ち時間が、まったく苦にならなくて、それどころか、
いいところで、パビリオンに入れると、損した気に。

昔から行列が嫌いで、70年の大阪万博のときにも、
アメリカ館の月の石は、見ないまま帰ってきたし、
学生時代も、昼食時に、並ばずに、すむ店を探して、
周囲をうろつくうちに、1時となり、食べそびっていた。

そんな自分が、待ち時間が楽しくなってしまい、
行列が嫌で、83年の開園から、一度も行ってない、
ディズニーランドにも、何の苦もなく、出かけました。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.