僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
村治佳織が、CMでさりげなく弾く曲は、難易度が高かった
村治佳織を知ったのは、雑誌ヤングギターに、
今、話題の、クラシックギター天才少女みたいに、
紹介されたときで、2枚目のCDが出た95年頃。

クラシックギターは、山下和仁など聴いていたから、
かわいらしい女の子だけれど、クラシック界では、
恒例の世代交代の話、くらいの印象しかなかった。

当時出ていた、2枚のアルバムにしても、曲目が、
ルネッサンス時期の、リュートからの編曲だったり、
古典的なレパートリーで、興味はわかなかった。

実際の演奏を聴いたのは、CMでの演奏だったが、
はちすずめ」だったか、「カプリース」だったか、
ほんのわずかだが、すごく印象に残る好演だった。

「はちすずめ」を含む、CD「カバティーナ」を買って、
その端正な演奏に、感心したし、1曲目に入っている、
「サンバースト」のポップなメロディと、随所に光る、
さりげないテクニックに、その実力を知らされた。

「サンバースト」が弾きたくて、その1曲だけのために、
収録している「クラシックギターのしらべ」を買うが、
開放弦を、どこまで鳴らすか、どこで消音するかで、
メロディの響きが変わってしまい、すごく難しい。

「はちすずめ」の楽譜は、細かい音符というだけで、
20代の頃に買っていて、右手が要求される速さに、
まったくついていけず、しまったままになっていた。

せっかくだからと、右手の基礎練習からやり直し、
少しは、クラシックギターのレパートリーを増やそうと、
がんばってみるが、壁にぶつかり、やる気がうせたり。

村治佳織が、現代ギターのインタビューだったか、
ギターを続けること、将来のこととか迷ったとき、
「そうだ、私はギターの音が、すごく好きなんだ」と、
気づいたと言い、これには、すごく納得してしまう。

その後、村治の新譜が出ると、ほとんど購入したし、
旧譜も、図書館などでレンタルして、聴きまくった。

それでも、最初に聴いのが、一番という癖もあってか、
「サンバースト」、「はちすずめ」、「カバティーナ」に、
「森に夢見る」「マイ・フェイバリット・シングス」と、
名曲ぞろいの「カバティーナ」が、一番気に入っています。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


俺が通っていた中学校の音楽室には、クラシックギターが数本置いてありました。まだマイギターを手にする前だったのもあり、休み時間に先生に頼んで弾かせてもらってたけど、ハンパない弦高と幅広いネックに難儀した記憶があります^^;あんなギターを弾きこなすってだけでも「クラシック・ギタリストってすごい」と思いますです。
マジェ | URL | 2011/03/02/Wed 11:01 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 俺が通っていた中学校の音楽室には、クラシックギターが数本置いてありました。まだマイギターを手にする前だったのもあり、休み時間に先生に頼んで弾かせてもらってたけど、ハンパない弦高と幅広いネックに難儀した記憶があります^^;あんなギターを弾きこなすってだけでも「クラシック・ギタリストってすごい」と思いますです。


自分が初めて手にしたギターが、中1のときに買ってもらった、クラシックギターでした。
指は届かないし、きちんと押さえられず、1ヶ月もしないうちに、押入れの中でした。
今でも、指は届かないのですが、バレーコードなどは、アコギよりは、ましに鳴ってます。
ギターマジシャン | URL | 2011/03/02/Wed 21:04 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.