僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
少しは、落ち着いた演奏でもと、「流宇夢サンド」をジャジーに
先日、今剛の「アガサ」を練習する時、
Youtubeで、パラシュートのライブだかで、
松原正樹と演奏している映像を、参考にした。

そのとき、松原正樹が、往年の名曲である、
流宇夢サンド」を、スタジオライブ形式で、
演奏している映像もあり、しばらく聴き入った。

たまには、こんな感じの落ち着いた曲でも、
演奏して、ムチャ弾きだけじゃないんだよと、
自分の違った面をアピールしてみたくなる。

この曲は、LPで聴いて、すごく気に入ったので、
渋谷河合楽器のギター教室で、先生に話して、
コードを採譜してもらい、少しは弾いたことがある。

ジャズギターを習ったと、ブログで吹聴しながら、
それらしい演奏もアップしないままだったから、
この曲で、ジャジーな雰囲気を出そうと思う。
(自分の表現には、死語が多いが、ジャジーも?)

そう思ったものの、ジャズギターの演奏となると、
20年以上弾いてないから、オクターブ奏法も、
ポジション移動が、思ったようには、いかない。

コードソロなどは、かなり練習しないと無理で、
いつもながら、中途半端な演奏になってしまった。

ジャズっぽいアドリブを、後半弾きまくるつもりが、
指がもつれて、これまた、要リハビリの様子。

4ビートのジャズ演奏も、いつかアップしたいので、
この曲をきっかけに、ジャズギターも挑戦したい。

ハードルをあげるというより、ただ欲張りすぎて、
どこが着地点だか、わからないカオス状態だが、
クラシック、アコギ、ロック、フュージョンに加え、
ジャズと、ギターならば、全ジャンルが弾きたい。

今回の曲は、売れっ子スタジオミュージシャンの、
松原正樹が、78年に出した初ソロアルバム、
流宇夢サンド」から、タイトル曲に挑戦しました。

一度、Youtubeにアップしてから、聴いてみたら、
あまりに後半のソロが、ひどい演奏だったので、
テーマも含めて、もう1テイク録音してみたのだが、
練習からやり直さないと、意味なかったようです。

それでも、多少は、ましになったテイク2の方を、
ブログに貼り付けますので、お聴きください。





スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


こんばんは。

今日は落ち着いた感じでしっとりと、またいい感じです。

じっくり聴かせていただきました。

ST Rocker
ST Rocker | URL | 2011/02/13/Sun 17:43 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> 今日は落ち着いた感じでしっとりと、またいい感じです。


たまには、こんな曲調もどうかと、挑戦してみました。


> じっくり聴かせていただきました。


本当、じっくり聴いていただける演奏を目指して、今後も練習します。
ギターマジシャン | URL | 2011/02/13/Sun 19:03 [編集]
流宇夢サンド。
このアルバムは発売と同時に手に入れました。懐かしいです。
CD化されているのかは分かりませんが、今は音源なしですが耳にはしっかり残っています。
当時聞いた時「少しコンプ掛かり過ぎかな・・・」と感じました。
イントロの m9~♭13 の流れをきれいにメロディーに乗せていて、とても印象的な曲です
タイトルの“流宇夢サンド”はルームをもじったと聞きましたが定かではないです。

最近の映像は私も見ました。円熟と余裕の音が、この曲にピッタリでした。
その全てを思い出させてくれる演奏をアップしていただきました。感謝。

Les Paul L-5 | URL | 2011/02/14/Mon 22:13 [編集]
Re: 流宇夢サンド。
いつも、コメントありがとうございます。


> このアルバムは発売と同時に手に入れました。懐かしいです。


78年発売だから、自分たちが高3の頃ですね。
自分は、大学生協で買ったはずなので、翌年になります。


> CD化されているのかは分かりませんが、今は音源なしですが耳にはしっかり残っています。


どの曲も、メロディが覚えやすいし、ギターソロも、印象的なフレーズだらけでした。


> 当時聞いた時「少しコンプ掛かり過ぎかな・・・」と感じました。


確かに、頭がつぶれた音で、オレンジスクイーザーやダイナコンプを使って、
パコーンという音にするのが、やたら流行していたように思います。


> イントロの m9~♭13 の流れをきれいにメロディーに乗せていて、とても印象的な曲です


ジャズのテンションコードを教わるまで、ぜんぜん音が取れなかったのですが、
すごく響きがきれいな和音で、メジャー7を覚えた時以上に、感動してました。


> タイトルの“流宇夢サンド”はルームをもじったと聞きましたが定かではないです。


確かに、「るうむさんど」と、「るーむさんさんご」って、似すぎです。


> 最近の映像は私も見ました。円熟と余裕の音が、この曲にピッタリでした。


ギターの音色といい、アドリブソロといい、名人芸の域ではないでしょうか。


> その全てを思い出させてくれる演奏をアップしていただきました。感謝。


自分の演奏自体は、まだまだですが、今後も懐かしい曲など挑戦していきます。
ギターマジシャン | URL | 2011/02/15/Tue 03:23 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.