僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
はやぶさの帰還より、感動した宇宙船ボストン号のカムバック
7年に及ぶ宇宙の旅から、苦難の末、帰還した、
惑星探査機はやぶさが、昨年話題となるが、
自分にとっては、8年ぶりのカムバックだった、
ボストン「サードステージ」の方が、泣けました。

ボストンが、リーダー、トム・ショルツの宅録で、
デビューしたのは76年だが、「宇宙の彼方」の、
大ヒットも、自分は、ほとんど知らなかった。

78年になり、2nd「ドント・ルック・バック」が出て、
宇宙船ボストン号が帰還したなどと、騒がれて、
YGや、ロッキンFなどでも紹介される。

シンセサイザーを使わず、何本もギターを重ねた、
ギターオーケストレーションは、クイーンの方が、
元祖だろうが、サウンドは、まったく違っていた。

サウンドは、アメリカン・プログレ・ハードらしいが、
自分が聴いた印象としては、後期イーグルスや、
ドゥービーブラザーズジャーニーを思わせて、
いわゆるアメリカン・ロックの王道と感じた。

ギターのサウンドは、のちにジェイ・グレイドンや、
TOTOに影響を与えたと思うほど、際立っていた。

79年の初来日時は、本国よりパイプオルガンを、
空輸すると話題になったが、実際のライブでは、
張りぼての、パイプオルガンだったという説もある。

完全主義者の、トム・ショルツのことだから、
ライブでも、自分が作った多重録音のテープを、
流しているんじゃないか、なんて考えていた。

大学の友人が、武道館のライブに行ったようで、
途中のブルース・ギター・ソロが良かったんだと、
興奮していたので、実際に演奏したようだが、
ボストンがブルースねえ、横目に見ていた。

雑誌のインタビュー記事で、トム・ショルツは、
ギターや機材について、いろいろ語っていて、
練習中というライトハンドを、披露してみたりと、
気さくで、誠実という印象で、好感が持てた。

次作「サードステージ」は、8年のインターバルで、
86年の発売となり、完璧主義の伝説を裏付けた。

特段、ファンでもなかったから、その8年の間、
待ちわびていたわけでもないが、逆に懐かしく、
FMなどで聴くこともせず、すぐにCDを買った。

冒頭の「アマンダ」が、ボストンそのものの音で、
この音を作るために、8年間も、ほとんど一人で、
がんばったのかと思い、ウルウルして聴いた。

実際のところは、特許がらみの発明をしたり、
ロックマンのブランドの、ギターエフェクターや、
ヘッドフォンアンプの開発で、忙しかったのかも。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.