僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
TVCMで、「ダッタン人の踊り」をアレンジした、天野清継
91年、TVのCMから、聴き覚えのある、
メロディーが、ガットギターで奏でられる。

ちょうど、その頃、小学館のCDブックから、
クラシック・イン」が出て、いくつか買って、
遅ればせながら、クラシックの有名な交響曲、
協奏曲、ピアノ、フルートの小品を聴いていた。

ボロディン「ダッタン人の踊り」が、気に入ったが、
そもそも、ダッタン人って、何のことだろうと、
辞書を引くと、「ダッタン国の人」と書いてあり、
ますます、訳がわからず、逆に印象に残った曲。

その曲を、天野清継が、ガットギターで弾き、
フュージョンインストの、かなりいい感じ。

「ダッタン人~」をアレンジした「アズール」を、
アルバムタイトルにした、デビュー作を買うと、
エレキも弾いていて、サックスやオケも入った、
極上のフュージョンアルバムと、なっていた。

天野が、神埼オンザロードに、在籍していた頃、
FMのライブを聴いたことがあるが、その時には、
ああ、ジャズ系のギタリスト、という程度の印象。

このソロアルバムは、ギターサウンドも良かったし、
どの曲も、ヒーリングミュージックのようであり、
各楽器のソロもフューチャーされた、上品な作品。

ドビュッシーの曲を、モチーフにした作品もあり、
「ダッタン人」といい、数少ない自分の知っている、
クラシックの曲ということもあり、アマの自分でも、
なんだか、先を越されたような、悔しさを感じた。

ギターに合いそうな、クラシックの名曲を探して、
自分も何とかできないだろうか、なんて考えるが、
そもそもギターのレベルが違うことは、思いもせず。

「アズール」は、さらにアコギのルバートソロによる、
CMバージョンも放映され、彼の代表曲となった。

ヒーリングミュージックの、コンピレーションである、
「イマージュ」や「フィール」「ピュア」などに先駆けて、
JTのCMが、いやしの音楽を輩出したと思うのです。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.