僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
チェット・アトキンスと、レスポールの、さりげない名人対決
76年、高1のとき、ギターがうまくなりたいと、
インストのLPを雑誌で調べて、買ったのが、
ジェフ・ベック「ブロウ・バイ・ブロウ」だった。

同じときに、ギター界の大御所の共演だと、
話題になった、「チェスター&レスター」。

カントリー、ポピュラーギターの第一人者で、
チェット・アトキンス奏法と呼ばれる、伴奏と、
メロディを同時に奏でる達人である、チェット。

ギブソンのエレキギターに、その名前を残し、
エレキの開発者、多重録音の元祖、レス・ポール

チェットは、ビートルズの、ジョージ・ハリソンが、
影響されたと有名で、聴いてみたいと思っていた。

渋谷東急プラザのコタニで、店員さんに尋ねると、
「ジェット・アトキンス、デスポールですか?」と、
首をかしげられて、自分で、レコード棚を探した。

のちに、グラミー賞を受賞する作品だったから、
店頭にも置いてあり、早速買って、すぐに聴いた。

名人同士の丁々発矢のギターバトルではなく、
互いがギターで会話する、リラックスムードだが、
随所に、それぞれの持ち味のテクニックが光る。

チェットが、フィンガーピッキングならではの、
開放弦をからめた、早いフレーズを決めると、
レス・ポールは、フレットレスワンダーと自慢する、
弾きやすいギターらしく、縦横無尽のフィンガリング。

演奏後に、突然チェットが倍速でリズムを刻むと、
全員が、そのテンポについていき、いきなりの、
早弾きの応酬となり、セッションの楽しさも伝わる。

全体的に、ジェット・ストリームで、よくかかる、
ムード音楽の世界だが、時折ムキになったような、
レスポールの早弾きが現れ、ディメオラ級の速さ。

ギターの練習用で買ったものの、楽譜はなくて、
もっぱら聴くだけだったが、すごく気に入って、
ポピュラーギターも、あなどれないなとばかり、
後に、クロード・チアリや、タバハラスなども買った。

当時、ジャズのスタンダードの知識などはなくて、
レコード解説に、1926年の○○の曲なんてあると、
そんな昔の曲を、よく探し出して、演奏したなあ、
解説の人も、よく知っている、なんて感心した。

その後、グラミー賞受賞に、気を良くしたのか、
2枚目となる「ギターモンスター」を発表したが、
まさに、ジェットストリームでエアチェックしました。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.