僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
一歩間違うと、ムード歌謡の、「哀愁のヨーロッパ」
高1の頃、ビートルズ目的で買ったヤマハの、
ロック完全コピー譜に載っているギタリストを、
次々と聴いていき、音楽世界が広がっていった。

サンタナも同様で、別冊ライトミュージックに、
君に捧げるサンバ」の楽譜が、掲載されて、
「サンタナの譜面があるけど、どんな音楽だろう」と、
高校で話すと、友人が、カセットに録音してくれた。

ブラック・マジック・ウーマン」や、「君に~」は、
独特のギターの音色と、どこかつっかかるようで、
タメもきいているフレーズが、何より個性的だった。

「ブラック~」などは、もともとフリートウッド・マックが、
ブルース志向だった頃、ピーター・グリーンの名演で、
有名な曲だが、見事にサンタナの曲になっている。

「君に捧げるサンバ」は、クロスオーバーとは違うが、
ギターインストの初期の名曲と、呼んでも良くて、
ささやくようなメロディが、リズムと共に盛り上がり、
気合のチョーキングで、説得力満点の演奏となる。

そして、当時は新曲の「哀愁のヨーロッパ」は、
日本人好みで、一歩間違うとムード歌謡のような、
泣きのフレーズで、ものすごく、気に入った。

井上陽水の「心もよう」の歌いだしに、似ていると、
今でもすごく思うし、邦題に「哀愁」とつくこと自体、
国内のレコード会社は、ムード路線を狙ったのでは。

フイードバック奏法での、ロングサスティンも、心地よく、
コーラスかフェイザー(レズリー?)を効かせた、
ゆったりしたBメロも、うっとりするような調べだった。

その後、エアチェック中心だったが、新譜を追っかけ、
シーズ・ノット・ゼア」の、ワウワウの熱い早弾きや、
ムーンフラワー」のコンプの音を感動して聴いた。

ウッドストックの映画で、若き日のサンタナが出演し、
ラテンロックの真髄という、熱い演奏も良かったし、
マイク・ブルームフィールド「フィルモアの奇蹟」で、
マイクの代役で、演奏したブルースプレイも聴かせる。

右手ピッキングのフォームや、左のフィンガリングも、
独特であって、テクニカルとは、呼べないのだろうが、
個性のすごさ、音の良さ、そして、表現力の豊かさと、
他の追随を許さない、すごさがあり、気に入っている。

本当、サンタナのギターは、聴けば、すぐわかる音で、
ボズ・スキャッグスのCM曲で、フューチャーされた時、
チョーキング1発で、「うわ、サンタナだあ」というほど。

大好きで完コピしたくても、独特の音色が出し切れず、
難しいギタリストばかりで、サンタナは、最たるものです。
(そもそも音つくりには、誰の曲を演奏していても、
 それほど気を使っていない、手抜きなのですが…)


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


Europe。
この曲は好きでも嫌いでもないんですが、誰しも一度は弾く冒頭のフレーズ・・・
確かに陽水の曲に似ていますね。
サンタナの場合ヘタウマに近いギタリストなので、似た感じは中々出ませんよね。

この曲はブレイク後のクリーントーンにレスリーを掛けたような音で弾くセカンド・パートは、
結構リズム的に難しいと思います。
付点8分から次のフレーズに繋がる部分は、中々シビアなリズムで弾かないと、ずっこけた感じになりがちです。

この曲はアドリブ部分も完コピしないと雰囲気が出ないのか、殆どのギタリストはアドリブパートも弾き切る曲となっていますね。

エンディングの無い曲なので色々なバージョンのエンディングが存在する不思議な曲でもあります。

私的には、“サンバ・パティ”の方が、曲・ギター共に上回っていると思いますが、代表曲はこの曲になるんでしょうね。
Les Paul L-5 | URL | 2011/02/07/Mon 00:37 [編集]
Re: Europe。
いつも、コメントありがとうございます。

> この曲は好きでも嫌いでもないんですが、誰しも一度は弾く冒頭のフレーズ・・・
確かに陽水の曲に似ていますね。
サンタナの場合ヘタウマに近いギタリストなので、似た感じは中々出ませんよね。


そう、「ヘタウマ」が、一番ぴったりの表現ですね。
あの独特の、もたるような感じが、昔からうまく出せません。


> この曲はブレイク後のクリーントーンにレスリーを掛けたような音で弾くセカンド・パートは、
結構リズム的に難しいと思います。
付点8分から次のフレーズに繋がる部分は、中々シビアなリズムで弾かないと、ずっこけた感じになりがちです。


ブレスが長いというか、何となくつながって弾いているので、リズムの頭を見失いそうです。


> この曲はアドリブ部分も完コピしないと雰囲気が出ないのか、殆どのギタリストはアドリブパートも弾き切る曲となっていますね。


自分も市販カラオケで弾いていた時、フェイドアウトまで、同じようにしか弾けませんでした。
どこからアドリブを始めようか、悩んでしまうほど、元のフレーズが印象的だったし、
自分のアドリブにすると、サンタナの曲でなくなってしまうような感じでした。


> エンディングの無い曲なので色々なバージョンのエンディングが存在する不思議な曲でもあります。


この曲に限らず、フェイドアウトの曲は、本人でも、アドリブからスローテンポにする、
決めのフレーズを出して繰り返す、再度テーマに戻るなど、いろいろありそうです。


> 私的には、“サンバ・パティ”の方が、曲・ギター共に上回っていると思いますが、代表曲はこの曲になるんでしょうね。


サンバの方が、フレーズも豊富ですが、知名度が違うし、何よりマイナーキーの方が好まれるのでは。
ギターマジシャン | URL | 2011/02/07/Mon 01:11 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.