僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
大阪万博で、リピーター気分
70年の大阪万博

春先に、祖父母が町内会で出かけ、
夏休みになって、ようやく自分も、父母と行けることに。

生まれて初めて乗った新幹線に、大興奮。

テンションがあがったまま、万博会場へ。

アポロが持ち帰った、月の石を展示している、
アメリカ館は、すごい行列で、後回しに。

日本館、IBM館、三菱未来館などを回ったのです。

大阪の宿は満杯だったそうで、奈良のほうのホテルへ1泊。

万博会場以上に、往復の電車から見えた、
千里ニュータウンの印象が、強く残っています。

翌日こそ、アメリカ館と思ったが、また長蛇の列。

もう今日は帰るので、
すいているパビリオンを回って、
スタンプだけでも、できるだけ集めようか。

先に行った友人から、
あちこちの会場のスタンプを押した、
スタンプ帳を見せてもらっていた。

対抗して、回れるだけ回ろうと思っていた矢先、
すでにスタンプを押してある、記念スタンプ帳を、
おみやげ売り場で見つける。

最初から押してあるスタンプ帳と、自分で押したもの


目的は達成された気分になり、
昨日行ったIBM館などに、もう一度入る。

天才バカボンの漫画が、画面に表示され、
いくつかの場面で選択肢があり、
マルチエンディングになるゲーム。

自分の選んだストーリーが、
カタカナでプリントされ、記念にもらえる。

これが楽しくて、4回もIBM館に入ったのでした。

恐竜の展示されていた、三菱未来館も3回と、
たった2日間なのに、ちょっとしたリピーター気分。

今考えると、両親は、よく付き合ってくれたと思う。

自分の子供と、ディズニーランドへ行ったとき、
イッツ・ア・スモールワールドに、3回連続で入り、
親の苦労が、わかった気がした。

結局、月の石は見ないままに、万博会場を去ることに。

大阪からの帰りは、これまた初めての飛行機だったが、
途中、エアーポケットに落ちて、すごく怖い思いをした。

このトラウマで、新婚旅行まで、
飛行機に乗ることはなかったのです。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.