僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
突然出てきたわりに、ベテランだという、ジョージ・リンチ
80年代になり、自分も20歳を過ぎた頃、
ギター中心に、音楽を聴き続けていたが、
次第にロックよりも、ジャズ、フュージョンが、
興味の対象となり、そうしたLPを集めていた。

ところが、イングヴェイの登場で、血が騒ぎ、
また、自分をロックギターへと、呼び戻した。

シュラプネル・レーベルから、次々と出る、
早弾きギタリストのCDも、かなり買い集めた。

ギターマガジン、ヤングギターは毎号購読し、
新しいギタリストの情報にも、とびついた。

85年頃からだろうか、LAメタルという言葉が、
ヤングギターの記事に、見受けられるようになる。

オジーバンドに参加した、ジェイク・E・リーや、
ラットの片割れ、ウォーレン・デ・マルティーニから、
何かにつけ、ジョージ・リンチの名前が上がる。

誰なんだろう、と思っていたら、LAメタルの老舗、
ドン・ドッケン率いるバンド、ドッケンのギタリストで、
若手たちから尊敬されている、ベテランだという。

今まで、まったく名前を聞いたこともないのに、
いきなりベテランですと、言われても、何だか、
納得できないが、苦節何年のデビューでもない。

大河ドラマで、準主役になり、大抜擢かと思うと、
舞台では、いつも脇を固めていた大御所だった。

M1などで、初めて知った漫才コンビなのだが、
関西では、昔からレギュラー番組を持っていた。

例えが今一歩だが、知らなかったのは、自分だけ、
メタルには、疎いからなあと、思ってスルーした。

そのジョージ・リンチのプレイを聴いたのは、
シュラプネルから出た、トニー・マカパインの、
2nd「マキシム・セキュリティ」にゲスト参加し、
ギターバトルを繰り広げた、2曲での壮絶な演奏。

フレーズの緩急も見事だし、早弾き1・2位を争う、
マカパインとも、堂々と渡り合う、スピードプレイ。

これはドッケンを聴かないことにはと、買ったのが、
当時の新譜だった、「バック・フォー・ジ・アタック」。

1曲目の、「キッス・オブ・デス」は、冒頭から、
格好良いリフが決まって、抜群の疾走感で始まる。

どの曲も、リフがいかしていて、ギターの音色も、
エッジが利いているが、歪み過ぎることもなく、
LAメタルにあっても、かなり自分好みの音だった。

インスト曲「ミスター・スケアリー」は、もう最高で、
ギターソロも完璧で、この1曲で、元が取れるほど。

繰り返す、ギターの雄たけびのようなフレーズが、
ツェッペリン「移民の歌」に、似ていると思うのは、
空耳というか、自分の勝手な思い込みでしょうか。

結局、今に至るまで、このアルバムしか、ドッケンは、
聴いたことがないのですが、十分満足の内容です。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


LAメタル系は私も結構聴きました。
ドッケンの「キッス・オブ・デス」も私のお気に入りですが、ギターの音色が
中音域中心の、ある意味イケイケな感じなんですが、アルバム全体としては
飽きがきちゃってどうしても最後まで聞くことができないんですよね~^^;
(ラットも同じくアルバムすべてを通して聴くのは結構苦痛です・・・シングルとしては「ラウンドアンドラウンド」とかは秀逸ですが)

逆にウインガーなんてのは、それほど気に入った曲もないんですがアルバム全体を通しで聴くことができます。

こういうのって何なんでしょうかね~??
シングル一発のキャッチー性に全てをかけるのか?アルバムとしてバンド全体の音楽性にかけるのか??
ミュージシャンの、あるいみポリシーを感じさせて興味深いです。
ひょい。 | URL | 2011/01/26/Wed 23:50 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。

> LAメタル系は私も結構聴きました。
ドッケンの「キッス・オブ・デス」も私のお気に入りですが、ギターの音色が
中音域中心の、ある意味イケイケな感じなんですが、アルバム全体としては
飽きがきちゃってどうしても最後まで聞くことができないんですよね~^^;


自分も、通しでは、ウォークマンで流して聴くような感じで、
後半の曲になると、よほどのメロディでないと、覚えてないです。


> (ラットも同じくアルバムすべてを通して聴くのは結構苦痛です・・・シングルとしては「ラウンドアンドラウンド」とかは秀逸ですが)


ラットは、早送りして、ギターソロだけ聴いたりしました。


> 逆にウインガーなんてのは、それほど気に入った曲もないんですがアルバム全体を通しで聴くことができます。


ギターオムニバスで、レブ・ビーチの演奏は聴いてしましたが、ウィンガーはスルーでした。
Amazonで試聴しましたが、曲のバラエティさと、キーボードの有無が大きいかと。


> こういうのって何なんでしょうかね~??
シングル一発のキャッチー性に全てをかけるのか?アルバムとしてバンド全体の音楽性にかけるのか??
ミュージシャンの、あるいみポリシーを感じさせて興味深いです。


シングルヒット狙いで、アルバムは、単に曲数を合わせただけというパターン、
いわゆる「捨て曲」ばかりの作品が、横行するのは、昔から多いですよね。
ドッケン、ラットは、必ずしも、そうではないと思ってはいますが…。

それと、歳をとったせいか、聴きこむアルバムは、かなり限定されてきて、
新譜は、イントロと1コーラスで、スキップすることが多くなっています。
ギターマジシャン | URL | 2011/01/27/Thu 03:27 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.