僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
表現力育成エチュードったって、弾けないことには
先日の、超絶ギターに挑戦した音源が、
あまりにも下手だったので、反省して、
毎日、スケール練習から、やり直してます。

それで気づいたのが、早弾きに関しては、
オルタネイトで、強引に弾ききっていて、
ある程度までは、エコノミーも不要だろうが、
スイープ奏法となると、話にならないレベル。

2弦パターンから、ゆっくりとやり直すが、
ちょっと調子づくと、開放弦のノイズがひどい。

それと、チョーキングの音程が甘いのと、
何より、ビブラートが、中途半端だから、
曲の聴かせどころなのに、しっくりこない。

テクニックもさることながら、表現力不足で、
譜面を必死に追うから、感情の入れようもなく、
あせって弾くから、余裕のない演奏となる。

超絶ギタリスト養成ギプス」を眺めたら、
表現力育成フュージョンエチュード」があり、
これこそ、今の自分が求めるものだと歓喜。

ところが、スイープも早弾きも、出てくるし、
弾けないことには、育成できるわけがない。

何をしようとしても、まだまだ先は長いが、
この歳でも上達できないかと、挑戦してみる。

付属のカラオケは、ベースもチョッパー奏法で、
すごく格好良いので、自分でもやりたくなる。

自分の持っているのは、フレットレスベースで、
チョッパー特有の、はじける音には遠いが、
けっこう楽しんで、チョッパーして、オケ作り。

超絶と言えば、イングヴェイストラトの出番だが、
何箇所か、22フレットのチョーキングがあって、
レスポールを使うが、ハイポジの運指はきつい。

Youtubeの映像だと、ケリー本人は、ストラトで、
21フレットでも、楽々と2音チョーキングしている。

この曲は、途中のカッティングも勉強になるし、
チョーキングやビブラートの、聴かせどころ満載、
コードに沿っていくフレーズも、絶妙な音使い。

今後も練習を続け、少しは聴けるようにしたいが、
まずは、今の自分のレベルを記録しておくので、
超絶ギプスの教則本の、EX-97をアップします。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


こんばんは
ギター演奏上手ですね
そんなに弾けるまで一体何年かかったんですか?
僕も弾けるようになりたいです
(そのためには練習!)
REO4 | URL | 2011/01/18/Tue 20:13 [編集]
Re: こんばんは
いつも、コメントありがとうございます。

> ギター演奏上手ですね
そんなに弾けるまで一体何年かかったんですか?

かなり雑な演奏ばかりなのですが、ほめていただき、恥ずかしいくらいです。
ギターは、中学時代から36年弾いていますが、レベルアップしたのは、
5年くらいたってから、ギター教室へ行き、基礎からやりなおしたときです。
1年間、スケール練習ばかり、やらされて、かなり鍛えられました。


> 僕も弾けるようになりたいです
(そのためには練習!)

そう、練習するのが、何より上達の秘訣だと思います。
ギターだけ弾くわけでなく、ほかの趣味や勉強もあって、大変でしょうが…。
ギターマジシャン | URL | 2011/01/18/Tue 21:35 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.