僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
四人囃子「レディヴァイオレッタ」は、プログレで元祖フュージョン
四人囃子ゴールデン・ピクニックス」が出て、
ラストのインスト曲「レディ・ヴァイオレッタ」が、
一躍話題になったのは、76年だったようだが、
自分が、その曲を聴いたのは、翌77年でした。

高校の文化祭で、演奏しているバンドを聴いたり、
雑誌ロッキンF連載で、プリズムの和田アキラが、
この曲を紹介して、譜面も出ていたのが、きっかけ。

渋谷東急プラザのコタニレコードに、置いてあり、
すぐに買ってきたのだが、どんなバンドなのかは、
ほとんど知らなかったから、耳にしたメロディが、
よほど気に入ったのか、アキラ推薦を信じたのか。

ビートルズの唯一のインスト曲「フライング」の、
カバーから始まるLPは、ビートルズはもちろん、
パープル、ツェッペリン、ベックとも違っていた。

「日本のピンクフロイド」と言われていたらしいが、
ボーカルがいない、4人編成が同じというくらいで、
「なすのちゃわんやき」は、変拍子の連続で、
プログレらしさが出ていたが、イエスに近い感じ。

実質デビュー作の「一触即発」は、売り切れていて
78年になり、デビュー当時の幻のライブ盤が出て、
「おまつり」「一触即発」が聴けるようになると、
確かに、ピンクフロイドと呼べるなあと、実感した。

森園のストラトが奏でる、マイナー調のフレーズは、
デイブ・ギルモアを、思わせたのだが、全体的には、
ピンクフロイドよりも、ずっとロックしていた感じ。

「ゴールデンピクニック」に戻るが、「空と海の間」に、
さりげなく、オクターブ奏法のフレーズが出てきて、
「これは、ジャズだよ」と、友人と、興奮して聴いた。

当時、ギターが生音だったり、スケールを弾いたり、
まして、オクターブ奏法だと、高校の友人たちと、
「ジャズの弾けるすごいギタリスト」と、盛り上がった。

そして、「レディ・ヴァイオレッタ」は、アコギで、
テーマを奏でると、中間部のフルートソロをはさみ、
テーマをフェイクしながら、泣きのフレーズへ続く。

ややこもったストラトの音が、コンプレッサーを通し、
クゥィーンという感じに、サスティンのロングトーンで、
歌い上げていく、テーマのラストに、ぞくぞくした。

当時、ジャズロック、クロスオーバーと呼んだが、
まさに黎明期のフュージョンの、名曲中の名曲です。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


レディ・ヴァイオレッタ。
お久しぶりです。

この曲はおっしゃる通り、名曲だと思います。
私もこの曲を聴きたいだけで、アルバムを買った一人です。

90年代に森園氏自身がセルフカバーしたアルバムも買いましたが、残念な事にオリジナルを超えるには至りませんでした。

偶然テーマが出来た様なナンバーなので、延々と2コードでのアドリブを展開する形になったのかと思います。
もしかしたら、イントロ部分が先かもしれないです。
それ位前半の流れは素晴らしいです。

当時のインタビューでは、発売前のジャグボックス(2スピカーのタイプ)でレコーディングしたと記憶していますが、アコギとE・ギターが切り替わる際のトーンは絶品です。

時代を意識して、リードしてきたバンドの名曲ですね。
Les Paul L-5 | URL | 2011/02/02/Wed 09:26 [編集]
Re: レディ・ヴァイオレッタ。
いつも、コメントありがとうございます。


> お久しぶりです。

こちらこそ、ご無沙汰しております。


> この曲はおっしゃる通り、名曲だと思います。
私もこの曲を聴きたいだけで、アルバムを買った一人です。


1曲だけなら、シングル盤とも思いましたが、バージョンが違うので、
自分も、この曲だけのために、LPを購入して聴きました。


> 90年代に森園氏自身がセルフカバーしたアルバムも買いましたが、残念な事にオリジナルを超えるには至りませんでした。


Youtubeで、ライブの映像も見られますが、このLPバージョンを聴きこんだせいで、
本人にも、完全コピーで弾いてもらいたいと、思ってしまいます。


> 偶然テーマが出来た様なナンバーなので、延々と2コードでのアドリブを展開する形になったのかと思います。
もしかしたら、イントロ部分が先かもしれないです。
それ位前半の流れは素晴らしいです。


あのイントロと、テーマは、ギターインストの上位に入る、メロディだと思っています。


> 当時のインタビューでは、発売前のジャグボックス(2スピカーのタイプ)でレコーディングしたと記憶していますが、アコギとE・ギターが切り替わる際のトーンは絶品です。


昔から、ストラトにコンプをつないでみても、なかなか再現できないままで、
アンプ側の音つくりが、大きな要因でしょうか。


> 時代を意識して、リードしてきたバンドの名曲ですね。


自分にとって、他に形容のしようがない、名曲です。
ギターマジシャン | URL | 2011/02/02/Wed 18:32 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.