僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ウォークマン登場で、24時間、音楽と過ごせるように
79年に、ウォークマンが発売されたとき、
当初は、どの程度のインパクトだったのだろう。

カッパの本が驚いた」のキャッチフレーズで、
新書版サイズのカセットテレコが、76年頃出て、
自分は、初めて秋葉原まで行き、買ってきた。

高校の昼休みに、友人たちとテープを聴いたり、
文化祭などでは、友人バンドの録音と、活躍した。

スピーカー付だったから、イヤーフォンはせず、
電車の中で聴くとか、まして歩きながら聴くなど、
まったく、考えたこともなく、バッグに入れていた。

79年、友人が、話題のウォークマンを買ったと、
いつもベルトに付け、音楽を聴いていた時には、
そこまでして、聴きたいのかと、不思議に思った。

初代ウォークマンは、マイクがついていたが、
音量を下げて、外部の音を聞くためのもので、
録音機能ではなかったから、再生専用なのか、
それじゃ、テレコじゃないよと、横目で見ていた。

しばらくして、「この曲、すごくいいんだから」と、
友人が、ウォークマンで聴かせてくれて、音のよさ、
左右からのステレオサウンドに、すごく感激した。

ウォークマンは、高価だったし、品薄だったから
渋谷の宮益坂にある、ディスカウントショップで、
半額以下のパチものを見つけて、早速購入した。

それでも、通学の電車でカセットを聴いたり、
歩きながら、聴くことは、どこか気恥ずかしくて、
自宅で使うくらいで、あまり意味がなかった。

就職した83年、文庫本を開く余地のないほどの、
毎日の通勤ラッシュが、痛勤に感じてくると、
音楽を聴こうと、本物のウォークマンを買うことに。

新型は、本体にカセットテープを入れないときには、
スライド式で小さくできる、コンパクトサイズだが、
そもそもテープを入れずに、どうするんだって気分。

出してあるテープの1本分、バッグがかさばるよと、
文句を言いつつ、毎日テープを20本くらい入れて、
自宅から勤務先まで、ヘッドフォンはつけたまま。

LPを買えば、聴くより早く、すぐにテープに録音し、
通勤時間で、何回も聴き込み、ギターで弾く曲も、
編集したテープを作り、暗譜の手助けになった。

さらには、雨用、夏用など、好きな曲を編集し、
まるで自分が、ドラマの主人公のような気分で、
BGMに浸りながら、街をさまよっていました。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ウォークマン
79年発売ですか。
それより前はどんな日常生活だったのか。
あっ、たぶん家でラジカセでした。
アイワ製のモノラルで英会話用のテープスピードコントロールノブが付いていて、
テープスピード落とせるので、ギターのコピー聴き取り用に使えましたが、
キーも下がるので、どうもイマイチでした。

でも、凄いですね!毎日テープを20本くらい通勤で持ち運びされていたとは。
ヘッドホンはオープンエアタイプの耳あて部分がオレンンジ色のスポンジタイプですか?
自宅から勤務先まで、ヘッドフォンはつけたままと言うのも最先端ですね。
リッチーエリックボーン・ペイジリックス | URL | 2011/01/14/Fri 05:35 [編集]
Re: ウォークマン
いつも、コメントありがとうございます。

> 79年発売ですか。
それより前はどんな日常生活だったのか。
あっ、たぶん家でラジカセでした。
アイワ製のモノラルで英会話用のテープスピードコントロールノブが付いていて、
テープスピード落とせるので、ギターのコピー聴き取り用に使えましたが、
キーも下がるので、どうもイマイチでした。


自分も、最初は、リンガフォンの英会話用テレコ、次は、ナショナルのラジカセでした。
英会話のためと言って、ラジカセを買ってもらう人が多かったような…。

スピードが落とせて、キーはそのままなんて、今では夢のような環境ですが、
それも最初は、「耳コピに最適」なんて、ギタートレーナーが出たような記憶です。


> でも、凄いですね!毎日テープを20本くらい通勤で持ち運びされていたとは。

おまけにもらった、10本入るケースを2個入れてました。
ちなみに、ディスクマンになってからも、CDは20枚くらい持ち歩きました。


> ヘッドホンはオープンエアタイプの耳あて部分がオレンンジ色のスポンジタイプですか?


あまり覚えてないですが、パチものと違って、買いなおしたウォークマンは、
無愛想な黒のイヤホンで、iPodが出る前に主流だった左側にケーブルがあり、
左側のポケットに入れざるえない作りでした。


> 自宅から勤務先まで、ヘッドフォンはつけたままと言うのも最先端ですね。


今思えば、ただの馬鹿というか、しかも当時は音漏れがすごかったから、
大迷惑な乗客だったのではと、すごく反省してます。
ギターマジシャン | URL | 2011/01/14/Fri 07:08 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.