僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
口ずさむビートルズは、初期ベスト「Oldies」の曲順
中2の74年夏、友人につきあって、
ビートルズ映画の、3本立を新宿で見た。

ヘルプ!」の映画が、すごく面白くて、
友人に、サントラ盤がないのか尋ねると、
ビートルズの初期ベストを、貸してくれた。

A Beatles’ Collection Of Oldies」は、
1stから、「リボルバー」までの作品で、
ちょうど赤盤と、同じ時代を収録している。

自分にとって、この「オールデイズ」こそが、
ビートルズ原体験であり、今でもルーツ。

冒頭「シー・ラブズ・ユー」から始まって、
抱きしめたい」で終わる珠玉の16曲は、
ビートルズの魅力を、あまねく伝えていた。

映画館で、何曲も聴いていたはずなのに、
ものすごい衝撃で、これまで知っていた、
テレビやアニメの主題歌とは大違いだった。

ビートルズには、申し訳ないが、デビュー曲、
ラブ・ミー・ドゥ」から、LPが始まっていたら、
衝撃度は、もう少し低かったかもしれない。

当時持っていた、電蓄、卓上プレーヤーは、
イヤホンジャックなどが、付いていない代物。

スピーカーの前に、リンガフォンテレコを向け、
家族に音を出さないように、きつく注意して、
必死で、カセットテープにLPを録音した。

そうして、何度も何度も聞いたLPなので、
ビートルズの曲を、無意識に口ずさむと、
「オールディズ」の曲順で、次の曲へ進む。

フロム・ミー・トゥ・ユー」を歌ったあとで、
恋を抱きしめよう」につながるなんて、
このLPにしか存在しない、曲順だろう。

その後、ビートルズの世界にどっぷりと、
つかっていくのですが、また別の機会に。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.