僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
プリズムやカシオペアとも違うスタイルの、クロスウィンド
78年、プリズムは2ndLPを出し、
カシオペアは、ライブが注目された頃、
クロスウィンドが絶賛され、LPデビュー。

雑誌プレイヤーの記事で知ったのだが、
下北沢音楽賞優勝という肩書きで、
クロスオーバー路線、ギターは早弾き。

下北沢音楽賞など、聞いたこともないが、
ヤマハのイーストウエストみたいなのか、
それなら、カシオペア同様、期待できる。

それだけの前評判で、試聴もせずに買い、
1曲目「蟻の大移動」に針と落とすと、
ベースのイントロは、ジェフ・ベックの、
「ワイヤード」を思わせる曲調だった。

そこへ、まさにベックのようなギターで、
スリリングなフレーズの連続に、興奮。

当時、プリズムのギター、和田アキラが、
ホールワース、ディメオラ路線の演奏で、
カシオペアの野呂一生は、リトナーや、
カールトン、ジョー・パスを取り入れていた。

そんな中、クロスウィンドの小川銀次は、
ジェフ・ベックや、ジミ・ヘンドリックスを、
感じさせる、よりロック路線のアプローチ。

ただ、全体にギターの音が、コーラスや、
ディレイのダブリングで処理されていて、
もっと、荒々しいディストーションでも、
良いだろうにと、ぜいたくな感想を抱いた。

流氷」の泣きのギターは、まさにベックで、
今も愛聴しているが、最近の感想では、
フォーカスや、ロイ・ブキャナンにも近い。

1分にも満たない「ダンサー」という曲は、
全員一致の決めフレーズが、繰り返されて、
プリズムやRTFだって、俺たちには楽勝、
というような主張に感じるのは、自分だけ?

B面の「夕焼け」もスローなエレピ曲で、
途中のギターソロは、ジャズに近いアドリブ。

それより、この手のゆったりした曲を聴くと、
なぜか自分は、映画「宇宙怪獣ギララ」の、
ソノシートの曲と、勝手に結びつけてしまう。

「ギララのロック」か、「月と星のバラード」か、
記憶はあいまいなのだが、幼い頃ソノシートで、
何度も聴いたので、この手の代表曲になる。

クロスウィンドのこのデビュー作は、
アルバムジャケットは、収録した曲の、
題名を思わせる絵が、ちりばめられて、
「絵を耳で聴く音楽」のコンセプトどおり。

これも、CDで買いなおした数少ない、
30年以上聴き続けた愛聴盤なのです。








スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


小川銀次。
本名だと思いますが凄い名前ですよね。
クロス・ウィンドはメジャーに成り切れないまま、いつの間にか聞かなくなりました。
確かアレンビックのコピーモデルを使っていたと思います。凄く印象に残っています。
小川銀次さんを知ったのは、高校入学前後で多分入学前でハードロックをやっていたと思います。
その流れかどうか・・・クロス・ウインドはかなりハードな音を出すバンドでしたよね。
ギターのハードさがイマイチ当時のお洒落ムードに合わなかったんじゃないかなと思いますし、世の中テクノカットに向かう中でロングヘアーに拘り続けたのも一因かと。

当時の東京のバンドは口コミでの評価がそのままデビューに直結していましたが、バンドにとってとてもいい環境だったと思います。

今どんな活動をしているのかこれから調べてみます。
Les Paul L-5 | URL | 2010/12/29/Wed 15:09 [編集]
Re: 小川銀次。
いつも、コメントありがとうございます。


> 本名だと思いますが凄い名前ですよね。

そのまま、芸名かと思うような人が、けっこうミュージシャンに多いです。

> クロス・ウィンドはメジャーに成り切れないまま、いつの間にか聞かなくなりました。
確かアレンビックのコピーモデルを使っていたと思います。凄く印象に残っています。

演奏する写真を見たことがなかったのですが、アレンビック系の音だったんですね。

> 小川銀次さんを知ったのは、高校入学前後で多分入学前でハードロックをやっていたと思います。

プロフィールでは、ねずみ小僧というハードロックバンドだったようです。


> その流れかどうか・・・クロス・ウインドはかなりハードな音を出すバンドでしたよね。
ギターのハードさがイマイチ当時のお洒落ムードに合わなかったんじゃないかなと思いますし、世の中テクノカットに向かう中でロングヘアーに拘り続けたのも一因かと。

プリズムが、ある意味聴きやすいサウンドになっていった分、
ハードさが気に入っていたのですが、確かに時流に反していました。


> 当時の東京のバンドは口コミでの評価がそのままデビューに直結していましたが、バンドにとってとてもいい環境だったと思います。


クロスオーバーに限らず、いくつものバンドがメジャーデビューしていました。


> 今どんな活動をしているのかこれから調べてみます。

かなり昔ですが、RCに一時在籍したり、自主制作盤を出したあたりまで、記憶にあります。
ギターマジシャン | URL | 2010/12/29/Wed 17:31 [編集]
はじめまして
クロスウィンドの「カセットテープ」を聞きながら、クロスウィンドで検索かけて
やってきました(^^;

高校時代、渋谷あたりのライブハウスでクロスウィンドを見てました。
遠い昔の話ですね~♪
小川さんはいつも、オーバーオールを愛用して飄々としてましたね。
猫左衛門 | URL | 2011/04/24/Sun 01:17 [編集]
Re: はじめまして
コメント、ありがとうございます。


> クロスウィンドの「カセットテープ」を聞きながら、クロスウィンドで検索かけて
やってきました(^^;


クロスウィンドの記事で、訪問していただいたなんて、嬉しいです。

自分は、カセットテープの保存状況が悪くて、昔の曲が聴きたくなり、
見つけ出して再生するたびに、テープが切れていきます…。


> 高校時代、渋谷あたりのライブハウスでクロスウィンドを見てました。
遠い昔の話ですね~♪
小川さんはいつも、オーバーオールを愛用して飄々としてましたね。


自分は、生演奏を見たことがないく、再発CD収録の、
ライブバージョンが聴けただけなので、うらやましいです。

これからも、よろしくお願いします。

ギターマジシャン | URL | 2011/04/24/Sun 08:12 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.