僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
FMクロスオーバーイレブンは、ナレーションも聴かせどころ
78年頃から、NHKFMで放送された、
クロスオーバーイレブン」は、当時、
流行し始めた、クロスオーバー音楽を、
かける番組として、楽しみに聴き出した。

いわゆるDJの、音楽情報や流行の話題、
リスナーのハガキというパターンでなく、
曲紹介もなく、エッセイのような語りは、
ジェットストリームとも、違っていた。

最初は、FM誌で、曲目をチェックして、
録音したい曲のかかる日だけ聴いていた。

そのうちに、かかる曲もさることながら、
ナレーションを楽しみに聴くようになる。

何度か、120分テープを回しっぱなしで、
ナレーションごと録音して、聴き返したが、
アカシアの花の話が、妙に記憶に残っている。

森山周一郎と、ずっと思い込んでいたが、
単発放送時は、森山、根津甚八だったが、
レギュラー放送からは、石橋蓮司らしい。

女性ボーカルで、気に入っていた曲が、
ヒットする前の、シーウィンドだったり、
インスト以外に、歌ものも多くオンエアされた。

ニール・ラーセンと、バズ・フェイトンの、
幻のアルバムと呼ばれた「フルムーン」が、
再発されない時に、何曲か、流してくれた。

持っている曲でも、この番組で流れると、
また違った印象になり、さらに気に入ったり、
この番組の思い出は、書いていて尽きない。

クロスオーバーが、フュージョンとなる頃、
番組でかかる曲も、どことなく変わって、
次第に、番組を聴くこともなくなっていった。

それよりも、自分の音楽の嗜好性などが、
徐々に、変わってしまったのかもしれない。

番組のナレーションを掲載した本を、
今は無き、渋谷旭屋書店で見つけて、
懐かしさに、購入したのも、はるか昔。

ナレーション入りの、コンピアルバムが、
10枚組で出ていると、ネットで知ったが、
まだ、購入をクリックできずにいます。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.