僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジャーニー初来日で、ニールショーンのレスポール名演
79年に、ジャーニーが初来日したが、
まだ、そんなに有名ではなかったはず。

スティーブ・ペリーがボーカルとなり、
インフィニティ」と、すぐ続けての、
エヴォリューション」を出しての来日。

ライツ」などがヒットはしていたが、
大ヒット曲となる、「オープン・アームズ
セパレイト・ウェイズ」は数年後のこと。

FMのライブを、何となく聴いていたが、
ギターの音色が、すごく良くて、感動する。

この頃ニール・ショーンは、レスポールの、
ゴールドトップあたりを弾いていたような。

フロントピックアップの、こもり気味で、
太く甘いディストーションは、自分の
理想とする、ウーマントーンに近かった。

ジャーニーのデビューアルバム収録の、
時の彼方へ」も演奏して、延々と続く、
ギターソロに、ものすごく魅かれた。

早速LPを買ったら、ボーカルも違うし、
ギターの音色も、全然違っていた。

次回作「デパーチャー」をFMで聴くと、
曲は良いのだが、やはりギターの音が、
ライブと違い、エッジが効いた音色。

さらに、ライブアルバムに期待すると、
これも、日本公演と同じ曲目でさえ、
自分の好きなギターの音ではなかった。

ジャーニー自体は、楽曲も良いから、
その後3枚くらい、買い続けたが、
結局、あのライブの音色は聴けない。

海賊盤でも探すなり、Youtubeあたりで、
検索すれば、あのレスポールの名演に、
出会うことが、できるのでしょうか。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.