僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
待望のフュージョンスコアを、宝の持ちぐされに、しないために
毎日、Amazonの画面を眺めては、
めぼしい楽譜を探して、レビューや、
財布と相談しながら、注文したりする。

三千円台になると、悩んでしまって、
カートに入れたものの、レジへ進まず、
「今は買わない」をクリックしてしまう。

シンコー「ベスト・オブ・フュージョン」は、
代表的なミュージシャンの、バンドスコア。

必ずしも、代表曲でないのもあるが、
どれも、聴いたことがある有名どころ。

1ヶ月以上、迷ったが、購入を決意し、
お急ぎ便にはせず、3日ほど待つことに。

ようやく手にした、フュージョンスコアは、
カシオペアスクエア高中正義などから、
ラリー・カールトンジョージ・ベンソンと、
幅広いが、それぞれ1曲ずつなのが難点。

続編なり、各ミュージシャンごとのスコアを、
出して欲しいが、いかんせんマイナーかも。

カシオペアの超有名曲である「朝焼け」や、
スクエアの「トゥルース」は、聴くだけで、
弾いたことはないが、挑戦しがいがある。

ラリー・カールトンの「ルーム335」は、
当時のギター少年の、大半がコピーして、
バンドでも演奏していたんじゃないだろうか。

この曲は、小林克己「ロックギター教室」の、
練習曲に入っていて、伴奏テープもあったから、
バンドを組めない自分でも、よく弾いていた。

久々に弾いてみると、テーマから手こずるが、
昔からリズム音痴で、裏ノリが、弾けてない。

アドリブソロも、わりと覚えていたつもりが、
1コーラスの途中で、指がもつれてくるわ、
16分音符に、ついていけない始末…。

それで、せっかく買ったバンドスコアだから、
MTRで、カラオケを作ろうと、はりきる。

MTRで、まずドラムを打ち込んでいくが、
いつもながら、ベースやピアノが問題。

だいたい、スコアだと何ページにもなるから、
見開きに収まるよう、ベースの譜面を書いたり、
ギターも、コードと決めのリズムなどを書く。

ピアノは、全音符のコードしか弾けなくて、
ギターシンセで、それっぽく代用してみる。

でも、こうして、文句たらたらというか、
愚痴をこぼしながらも、ギターが好きだから、
楽しい作業だし、すごく充実しています。

これも、ブログを訪問してくれる方々の、
励ましやら、先方の音源に刺激されたり、
本当、このブログを始めて、良かったです。

それで、今回アップした「ルーム335」は、
ラリー・カールトンの3枚目のソロアルバム、
夜の彷徨」の冒頭に収録されていた曲。

77年に五輪真弓のバックで来日したときに、
サマーサン」のタイトルで、演奏した曲で、
フリーテンポのギターソロから始まっていた。

その後のライブでも、同様のアレンジなので、
レコードの演奏を、最初に聴いたときには、
コンパクトにまとめている、という印象。

そのコンパクトの、さらに最初の部分だけ、
弾けないピアノソロの前まで、アップして、
いずれ、フルコーラスに挑戦するつもり。

335を持っていないので、レスポールで、
弾いた分、音が汚い歪みになってしまい、
セミアコの箱鳴りの再現も、今後の課題。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


まいどです
聴かせていただきました。
原曲をしらないのですが(恥)、
私の畑とは違ってお洒落な音選びがされた
良い曲ですね~。
気持ち良く聴かせていただきました。

ギターマジシャンさんのプレイは
幅広いですね!羨ましいです。
たむ~ | URL | 2010/12/13/Mon 05:01 [編集]
Re: まいどです
いつも、コメントありがとうございます。

> 聴かせていただきました。
原曲をしらないのですが(恥)、
私の畑とは違ってお洒落な音選びがされた
良い曲ですね~。
気持ち良く聴かせていただきました。

そう言ってもらえると、ますますギター練習やオケ作りに、気合が入ります。

ぜひ、カールトン本人の演奏を、youtubeや、Amazonの試聴で、聴いてください。
たむ~さんのように謙遜して、「ゴミ演奏」とまでは言いませんが、
自分の演奏で、本物を勘違いされてしまうと、気が引けますので…。


> ギターマジシャンさんのプレイは
幅広いですね!羨ましいです。

ギターであれば、いろんなジャンルに挑戦したいというか、
何でも手を出して、どっちつかずですが、がんばっています。
ギターマジシャン | URL | 2010/12/13/Mon 07:04 [編集]
じつは
ソロの部分もできませんが、最初のテーマのところもうまく弾けなかったりします。
それでそこを抜かした音をアップした記憶がよみがえってきました。(^^ゞ
せっかくセミアコがあるのに弾けないなんていかんですね。頑張ります。
テイルピース | URL | 2010/12/13/Mon 13:38 [編集]
ルーム335。
聴かせてもらいました。
レスポールの方がレコードに近い音が出ると思いますよ。
理想はストラトにハムPUがより近いと思いますが。

テーマ部分はとても音程がしっかりしていて良かったと思います。
雰囲気も出ていましたね。
1回目のソロは我々世代なら完全に口ずさめるはずです。
その位有名なアドリブだったと思います。
ソロの〆の部分はレスポールで弾くにはかなりキツいポジションだと思います。
上手くいったと思います。
その部分のフレーズは明らかに仕込みのフレーズですね。
カールトンは出だしや〆にそういうパターンが多いです。


Les Paul L-5 | URL | 2010/12/13/Mon 19:07 [編集]
Re: じつは
いつも、コメントありがとうございます。


> ソロの部分もできませんが、最初のテーマのところもうまく弾けなかったりします。

裏のリズムが取れなかったり、走ってしまったり、異弦同フレットも、難しいです。


> それでそこを抜かした音をアップした記憶がよみがえってきました。(^^ゞ


早速、聴かせてもらいましたが、いつもながら、よい音していますね。

機材のセッティングも上手なのでしょうが、丁寧にピッキングされていて、
やけくそで、ムチャ弾きしてしまう自分には、見習うところが大です。


> せっかくセミアコがあるのに弾けないなんていかんですね。頑張ります。

ぜひ、お聴かせください。
ギターマジシャン | URL | 2010/12/13/Mon 19:35 [編集]
Re: ルーム335。
> 聴かせてもらいました。
レスポールの方がレコードに近い音が出ると思いますよ。
理想はストラトにハムPUがより近いと思いますが。

次回は、レスポールのまま、セッティングを工夫してみますが、
ストラトのハムPUってのは、全然、思いつきませんでした。
確かに、トロペイとか、スピノザあたりが、弾いていました。


> テーマ部分はとても音程がしっかりしていて良かったと思います。
雰囲気も出ていましたね。

なかなか、本物のニュアンスが、出せなくて苦労しています。

Les Paul L-5さんのブログを参考に、2本重ねてみたのですが、
1弦開放などからめると、うまくできず、同じポジションで弾いています。

> 1回目のソロは我々世代なら完全に口ずさめるはずです。
その位有名なアドリブだったと思います。

おっしゃるとおりで、今も口ずさめるので、すぐに弾けると、勘違いしました。


> ソロの〆の部分はレスポールで弾くにはかなりキツいポジションだと思います。
上手くいったと思います。

慣れなのでしょうが、15フレット以上は、明らかに、ストラトのほうが楽です。


> その部分のフレーズは明らかに仕込みのフレーズですね。
カールトンは出だしや〆にそういうパターンが多いです。

ほかの曲でも、キャッチーなフレーズが多くて、弾いていて気持ちがよいのですが、
自分のアドリブに利用するには、パクリがバレバレになってしまいます。
ギターマジシャン | URL | 2010/12/13/Mon 19:50 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.