僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
BS放送の、東儀秀樹とCharの競演で、思い出したこと
BS放送で、東儀秀樹の特集があり、Charとギターで競演していた。

二人とも楽しそうに、セッションしていて、
ああ、音楽って、やっぱり良いなあと、嬉しくなったのです。

東儀秀樹は、ビートルズ特集の雑誌でコメントしたり、
コレクションのエレキギターを、披露する記事など見て、
雅楽という、伝統芸能を守りつつ、
自分と同年代の音楽を経験している人だと、親しみを感じていた。

Charは、76年頃、NSPのライブアルバムで、
いかしたギターを弾いているのを聴いて、気になっていたら、
大々的に音楽雑誌で宣伝されて、デビューアルバムが発売された。

渋谷の河合楽器だったか、東急プラザのコタニレコードだったか、
サイン入りLPが置いてあって、急いで購入した。

早速聴くと、ギターの演奏もさることながら、
各曲がアレンジも含めて、洋楽の最先端に思えた。

高校の友人たちも、こぞって、Charの曲を練習し、
フェンダーのムスタングという、同じギターを買う奴までいたほど。

当時、そのスリリングなギターフレーズゆえに、
ジェフ・ベックに例えられ、
ベックフリークの自分も、そう感じ、ますますファンになった。

だったら、ギターインストアルバムを出せばいいのに、とも思っていた。

ところが、コンサートを見に行くと、ギターは放り投げるし、
レコードよりもトレブルが効いた、骨太のギターサウンドに、
この人は、ベックよりも、ジミ・ヘンドリックスに近いんじゃないかと、
いつものように、自分勝手な解釈をしたのでした。

でも、Charのギターって、「みんなのうた」の曲や、
CMでの演奏でも、この人だってわかる音ですよね。

ミュージシャンや音楽好きの人が、競演したり、
対談する番組って、見ていて幸せになります。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.