僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
吉祥寺で探した、マイク・ブルームフィールドの教則レコード
76、77年頃に、雑誌「プレイヤー」で、
マイク・ブルームフィールドの教則LPが、
紹介されていて、すごく賞賛したレビュー。

輸入盤でしか、手に入らないと書いてあり、
渋谷の店を何軒も回るが、置いてない。

新星堂楽器の広告に、入荷したとあって、
それだけ買うために、吉祥寺に出かける。

渋谷駅から、井の頭線1本で行けるから、
吉祥寺店にしたのか、覚えてはいないが、
着いてからも、どの出口から行くのか、
けっこう迷って、なんとかたどり着く。

教則レコードだから、楽譜だの解説が、
ついているのかと思ったが、実物を見ると、
単なる輸入のLPで、ちょっとがっかり。

どこかの広告では、日本語解説付きと、
書かれていた気がするが、勘違いらしく、
別売りの楽譜などもないのか、尋ねたが、
それもないようで、LPだけ買って帰宅。

本人が解説というか、コメントをして、
ブルースの曲を、いろいろなパターンで、
演奏していて、それが教則ということか。

アコースティックブルースや、スライドも
演奏していたが、そっち系は少し苦手で、
スローブルースの曲など、コピーして練習。

ただ、「フィルモアの奇蹟」の演奏に比べ、
リラックスしすぎな印象で、やや物足りない。

ギターも、あの美しいレスポールの音でなく、
ストラトみたいだが、それでも良い音だった。

自分の中で、ブルースギターというと、
BBキングや、レイ・ヴォーンよりも、
最初に聴いたM・ブルームフィールドが、
基本というか、血肉になっているのです。






スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.