僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
インペリテリのフレーズに、コレってアリですか?
80年代、イングヴェイに端を発した、
ネオ・クラシカルのギタリスト達。

ほとんどが、マイク・ヴァーニーの、
シュラプネルレーベル出身なのだが、
まったく関係なく、ミニアルバムで、
デビューした、クリス・インペリテリ

自分が、耳にしたのは、2枚目で、
グラハム・ボネットと組んだ作品。

シュラプネルの連中よりも、ずっと、
イングヴェイスタイルと言えそうで、
だいだいグラハムをボーカルにするとは、
新生アルカトラスと呼んでもいいくらい。

White And Perfect」なんて曲は、
アルカトラスのビデオ(VHSでした)で、
似たような曲を演奏してたような気がする。

グラハムの持ち歌と言ってもよい、
Since You’ve Been Gone」も、
元祖であるレインボー、リッチーでなく、
明らかにアルカトラスのバージョンで収録。

インギーに比べて、ブルージーだとか、
マシンガンピッキングだとか言うけど、
まんまインギーだよ、と当時思った。

「自分はイングヴェイなど知らなかった。
自分と同じスタイルで演奏するやつが、
突然出てきた」と平気で言ってのけたが、
そんな言動は関係なく、この手の早弾きが、
大好きな自分は、YGの楽譜で練習しました。

それだけに、クラシカルスタイルでなくなると、
聴かなくなってしまい、さらに続くギタリスト、
ジェイソン・ベッカージョージ・ベラスと、
自分の思い込み、いわばイングヴェイ幻想を、
追いかけ続けて行くこととなるのです。

何かの記事で、ギターの最速の勝負は、
インペリテリの出現で、終止符を打った、
なんて、読んだが、そういうものなのか。

まあ、今ならYoutubeにも出るギネスが、
速さだけなら決まりなのでしょうが、
早弾き大好きの自分としても、さすがに、
ストップウォッチで、計る気はないです。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


見事なまでに
このネオクラシカルといわれるような音楽を聴かなかったので
気の利いたコメントができませんが、

> 早弾き大好きの自分としても、さすがに、
> ストップウォッチで、計る気はないです。

これには少し笑わせていただきました。それをやったら音楽じゃ
なくてスポーツかゲームになっちゃいますよね。(^^ゞ
テイルピース | URL | 2010/11/19/Fri 10:18 [編集]
お邪魔します
インペリテリをはじめて聴いたのは、
私も2枚目のやつです。
あまりにも内容の無い速いだけのフレーズに
愕然としてしまい、それ以降は聴くのを
やめてしまいましたが、
最近になって聴き始めたところ、
内容が最悪なのは、この2枚目だけでした。(笑)
指摘があったのか、自分で気づいたのかは
わかりませんが、速いだけのフレーズは
封印され、考えて作った計算されたフレーズ満載に
なっているのに驚きました。
今は案外好きなギタリストになっています。(笑)
何でも出来てしまう、器用なギタリストなんだとおもいます。
たむ~ | URL | 2010/11/19/Fri 17:18 [編集]
Re: 見事なまでに
いつも、コメントありがとうございます。

>このネオクラシカルといわれるような音楽を聴かなかったので
気の利いたコメントができませんが、

> 早弾き大好きの自分としても、さすがに、
> ストップウォッチで、計る気はないです。

>これには少し笑わせていただきました。それをやったら音楽じゃ
なくてスポーツかゲームになっちゃいますよね。(^^ゞ


自分としても、ぎりぎりのところで、音楽にとどまっているような。
大道芸が好きだったりするので、危ないところです。
ギターマジシャン | URL | 2010/11/19/Fri 18:34 [編集]
Re: お邪魔します
いつも、コメントありがとうございます。

> インペリテリをはじめて聴いたのは、
私も2枚目のやつです。
あまりにも内容の無い速いだけのフレーズに
愕然としてしまい、それ以降は聴くのを
やめてしまいましたが、
最近になって聴き始めたところ、
内容が最悪なのは、この2枚目だけでした。(笑)
指摘があったのか、自分で気づいたのかは
わかりませんが、速いだけのフレーズは
封印され、考えて作った計算されたフレーズ満載に
なっているのに驚きました。
今は案外好きなギタリストになっています。(笑)
何でも出来てしまう、器用なギタリストなんだとおもいます。

本当、「内容の無い速いだけのフレーズ」の表現とおりの演奏でした。
でも、自分は、けっこうその世界にはまりかけたような…。
ただ、アルバムを通して聴くのは、きつかったです。
ギターマジシャン | URL | 2010/11/19/Fri 18:47 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.