僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
変則チューニングは、ドロップDから慣れてみる
中学のときに見た、「ギターをひこう」で、
荘村清志が弾いた、タルレガ「タンゴ」は、
5・6弦を一音下げるよう、指示されていた。

見よう見まねで、音を下げて弾いてみると、
本物に近い音が出て、感動したのだが、
いちいち、弦をいじるのが面倒だった。

クラシックでは、バッハの編曲などで、
6弦をE音からDに下げることも多い。

たった1本の弦をいじるだけでも、面倒で、
通常のままでよい曲ばかり、弾いていた。

そんな自分が、アコギマガジンの特集で、
オープンチューニングに、興味がわく。

響きが変わり、何となく雰囲気が出ると、
もうその曲が、弾けたような達成感。

面白くなって、いろいろ試してみる。

オープンGや、Dなど、開放弦だけで、
和音になる、代表的な変則チューニング。

ツェッペリンジミー・ペイジが弾いて、
有名なのが、DADGADチューニング。

楽譜とCDを買った、打田十起夫の曲は、
1と6弦をDに下げ、このチューニングは、
村治香織がCMで演奏して有名になった
「サンバースト」にも使われている。

マイケル・ヘッジスなどは、1曲ごとに、
独自に編み出したチューニングを使用。

こうした曲を弾くとき、楽譜を見ると、
無意識に、レギュラーチューニングの、
ポジションで、指を動かしてしまう。

当然、まったく違う音が鳴るわけで、
ギターの指使いで、暗記するしかなく、
いつも以上に、指板を凝視することに。

そんな自分でも、6弦をEからDにする、
ドロップDチューニングは、慣れてきた。

ソロギターのアレンジ曲など、弾くと、
たった1音いじるだけで、音が広がり、
運指が楽になる曲もあり、新しい発見。

ギターの弦が切れそうで、びびりながら、
チューニングをいじって、楽しんでいます。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


初めまして。
僕もチューニングを変えるのはめんどくさくて、
オープンチューニングはやっていなかったのですが、
面白そうですね。いずれやってみようと思います。
『ゴキたん』 | URL | 2010/12/01/Wed 16:27 [編集]
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。

> 初めまして。
僕もチューニングを変えるのはめんどくさくて、
オープンチューニングはやっていなかったのですが、
面白そうですね。いずれやってみようと思います。


ほんの少し、弦のチューニングを変えただけなのに、
ちょっとおおげさですが、世界が広がったような気になります。

オープンGなどは、かき鳴らすだけで、楽しくなりますが、
チューニング時に、弦を切りやすいので、替えを用意しないと、
しばらく弾けなくなったり、楽器屋へ走ることになります。

今後も、よろしくお願いします。
ギターマジシャン | URL | 2010/12/01/Wed 19:15 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.