僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
校内放送で、やたら流れた、ホテル・カリフォルニア
高1の頃、お昼の校内放送の、
ホテル・カリフォルニア」で、
初めて、イーグルスを聴きました。

ドゥービー・ブラザースなんかは、
文化祭で、演奏するバンドもあり、
いくつかの曲は知っていたのだが、
イーグルスは、このときが最初。

やたらと長い曲だと思ったが、
最後の延々と続く、ギターソロは、
すごく格好良い、掛け合いだった。

次の日の昼休みにもかかって、
イントロの12弦ギターの響きに、
すごく魅かれて、LPを買うことに。

1曲目のタイトル曲ばかり、聴いて、
曲が終わると、レコード針を戻して、
また最初から、聴き入っていました。

次の「ニュー・キッド・イン・タウン」に、
針が進んだのは、1ヶ月後くらいで、
間奏のギターがいかしているなんて、
なかなか、気づかずにいたのでした。

続く「駆け足の人生」のギターリフも、
気に入って、楽譜が欲しくなってくる。

とにかく、珠玉の名曲だらけで、
LP全曲が気に入るのは、そうない。

77年5月号の、雑誌ヤングギターは、
イーグルス総力特集で、過去の数曲と、
「ホテル・カリフォルニア」全曲の楽譜が、
掲載されていたので、、すぐに購入。

メロディとコード程度の譜面だっが、
当時の自分には、これで十分であって、
イントロを弾いてから、弾き語ったり、
ギターソロを真似て、嬉しくなっていた。

20年近くたって、アンプラグドで、
「ホテル・カリフォルニア」を聴いた。

すごく懐かしくて、ウルウルしたし、
こんなアレンジもありだと思ったが、
あのエレキギターのバトルがないと、
やっぱり納得できない自分でした。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


はじめまして
はじめまして。
たむ~と申します。

ホテルカリフォルニア・・・
名曲ですよね。

私は畑違いの音楽をやっていますが
このギターソロは、めちゃめちゃ好きです!

簡単そうにおもえるソロですが
ギターのキャリアを積めば積むほど
難しさがわかるソロですね・・・・

私が弾いた音源もブログにあります。
お粗末なものですが、
時間がある時にでも聴いてみてください。

こちらのブログを
リンクさせてもらってもよろしいですか?
よろしかったら相互リンクのご検討も
お願いいたします。
たむ~ | URL | 2010/11/13/Sat 05:46 [編集]
Re: はじめまして
コメントありがとうございます。

> ホテルカリフォルニア・・・
名曲ですよね。

本当、他に形容のしようがないくらいの、名曲です。

>私は畑違いの音楽をやっていますが
このギターソロは、めちゃめちゃ好きです!
簡単そうにおもえるソロですが
ギターのキャリアを積めば積むほど
難しさがわかるソロですね・・・・

あのニュアンス、タイム感は、半端じゃないです。
特に、ジョー・ウォルシュのフレーズは、絶妙です。

> 私が弾いた音源もブログにあります。
お粗末なものですが、
時間がある時にでも聴いてみてください。

さっそく、聴かせてもらいました。
すごくシンクロしていて、見事な完コピです。
その中で、ハーモニクスや、チョーキングの個性も、チラッと出て、
テクニカルギタリストの意地みたいなものを感じます。

> こちらのブログを
リンクさせてもらってもよろしいですか?
よろしかったら相互リンクのご検討も
お願いいたします。

喜んで!

いくつかのブログで、リンクしていただいたのですが、
相互リンクは、実は、やり方がよくわからずにいます…。
マニュアルで調べるので、是非お願いします。
ギターマジシャン | URL | 2010/11/13/Sat 06:19 [編集]
ドン・フェルダー。
この曲を境に、確実に全盛期のアメリカン・ロックが衰退したのは間違えないです。本当に凄い曲です。
当時はいたるところでこの曲を聴かない日はなかったですし、ギターを弾かない人でも自然に精度の高い耳コピーが出来る程の印象的なギターでしたね。
個人的にはドン・フェルダー大好きです。
彼は、かなりのテクニックを隠し持っているはずです。
後のフュージョン・ギタリストに大きな影響を落とした、“呪われた夜”のソロのインパクトは凄かったです。当時中学生だった私には衝撃の音でした。
日本公演ではダミーアンプの後ろで、しっかりブギーの100wを鳴らしていました。
最近発売になった、シグネチャー・レスポール・・・本気で欲しいです。

リンクして頂き、ありがとうございます。
近々私のブログでギターマジシャンさんのブログをリンクします。宜しくお願いします。
Les Paul L-5 | URL | 2010/11/14/Sun 23:12 [編集]
Re: ドン・フェルダー。
いつも、コメントありがとうございます。

> この曲を境に、確実に全盛期のアメリカン・ロックが衰退したのは間違えないです。本当に凄い曲です。

イーグルス本人も含めて、この曲の亡霊につきまとわれてしまったような気がします。

> 当時はいたるところでこの曲を聴かない日はなかったですし、ギターを弾かない人でも自然に精度の高い耳コピーが出来る程の印象的なギターでしたね。

やたらと流れていたし、ギターソロまで口ずさめてしまうほどでした。

> 個人的にはドン・フェルダー大好きです。
彼は、かなりのテクニックを隠し持っているはずです。
後のフュージョン・ギタリストに大きな影響を落とした、“呪われた夜”のソロのインパクトは凄かったです。当時中学生だった私には衝撃の音でした。

食い込むようなフレーズと、あの音色ですね。

> 日本公演ではダミーアンプの後ろで、しっかりブギーの100wを鳴らしていました。

ダミーアンプなんて、ライブでは見た目重視もあったのでしょうか。

> 最近発売になった、シグネチャー・レスポール・・・本気で欲しいです。

自分が黒いレスポールを使っている、ひがみかもしれませんが、
シグネチャーに限らず、なんで、サンバーストは、やたらと高くなるのでしょうか。

> リンクして頂き、ありがとうございます。
近々私のブログでギターマジシャンさんのブログをリンクします。宜しくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いします。
ギターマジシャン | URL | 2010/11/15/Mon 02:00 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.