僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
「養成ギプスより、プロティン」と主張する教則本
超絶ギタリスト養成ギプス」に、
もはや、力つき、いくつかの教則本を、
買ってきては、少しずつ練習しています。

追加で、2冊を購入したものの、
楽譜だけ集める悪い癖が、また出て、
さらに、もう1冊見つけてしまう。

リットーの「ひたすら弾くだけ!
超絶ギタートレーニング
」が、それ。

なんか、リットーの教則本ばかりで、
回し者みたいだが、HPで、試聴や、
楽譜が見れると、購買意欲が増大。

科学的トレーニングの提唱とかで、
大リーガーボール養成ギプスをやめ、
筋トレプロティンのイメージらしい。

そのへんは、言葉遊びなのだろうが、
著者の加茂フミヨシは、先日買った、
「速弾きがうまくなる理由~」で、
模範演奏がすごく気に入った人。

ミュート気味の低音が、いい音だし、
早弾きの練習曲でも、ための効いた、
さりげないフレーズを決めていた。

失礼ながら、ソロアルバムを買うほど、
聴きたいって、わけでもなかったが、
「ひたすら~」の曲を、HPで試聴し、
レガート奏法の演奏が、すごくよい。

アラン・ホールズワースの楽譜や、
TAB譜付き教則ビデオなどで、
彼の奏法を研究し、練習もしたが、
フレーズが難解で、身に付かないし、
音もレガートできず、途切れ途切れ。

HPに出ている、譜面の紹介では、
「1本の弦で、4箇所の音の弾く、
フィンガリング」が掲載されている。

ホールズワースのフレーズが、
わかりやすい練習曲になっていて、
「これが弾きたかった」と、とびつく。

われながら、どうして、こうも、
あちこち目移りしてしまうのか…。

ロック、ジャズ、クラシックと、
どっちつかずのジャンルに加えて、
教則本から、練習方法にいたるまで、
今もぶれまくっている、中年なのです。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.