僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
トニー・マカパインを聴いたのは、リカちゃん電話(?)で
イングヴェイに続けとばかりに、
86年頃から、やたらと出てきたのが、
シュラプネルレコードが発掘した、
ネオ・クラシカルスタイルのギタリスト。

トニー・マカパインが、先陣を切ったが、
雑誌YGは特集記事に加え、広告欄に、
電話で演奏が聴けると、載っていた。

まるで、昔のリカちゃん電話だなと、
笑いつつ、かけてみると、すごい演奏。

エッジ・オブ・インサニティ」の、
1曲目が、かかっていて、冒頭から、
ハーモニックマイナーのフレーズ炸裂。

気に入って、すぐにCDを買いに、
公園通りのディスクユニオンに行った。

リズム隊は、ビリー・シーンがベースで、
ジャーニーのスティーブ・スミスがドラム。

ドラムは、ジャーニーに加入する前に、
ジャン・リュック・ポンティのバンドで、
ホールズワースとも、共演していたり、
その後は、スティーブ・ガッドの後任で、
ステップスアヘッドに参加する、つわもの。

ベースも、デイブ・リー・ロス・バンド
Mr.Bigへと加入して、大活躍するが、
当時から、タラスのバカテクベーシスト。

これだけの、リズム隊に支えられて、
マカパインも、デビュー作とは思えない、
数々の名演を、繰り広げていました。

もっと、リズム隊に暴れて欲しいとは、
思うのですが、大人の演奏というところか。

全曲インストというアルバム構成なども、
ギター青年(もうキッズではなかった)には、
うってつけで、お気に入りの1枚となる。

アドリブの始めなど、メロディックだったり、
スリリングだったり、すごく参考になった。

どう聴いても、イングヴェイ・スタイルだが、
「イングヴェイは知らなかった、関係ない、
昔からクラシカルスタイルで弾いていた」と、
ヴィニー・ムーアや、クリス・インペリテリ
口をそろえて、言っていて、昔の録音でも
出てこなければ、真偽のほどは、どうだか。

CDには、解説にギター楽譜が載っていて、
多少弾いてみるが、7曲分あるものの、
どれも4小節程度で、中途半端な感じ。

ジェフ・ベックBlowByBlow」のように、
2曲も、コピー譜面が載っているのは、
そうそうないだろうが、それにしてもなあ。

クロスオーバー・ブームの頃にも、
CTIなどの名盤LP復刻に際して、
ギター楽譜つきと、宣伝していたが、
やはり数小節程度、載っていただけで、
かなり、がっかりした記憶があります。

それでも、マカパインのコピー譜は、
自分には、珍しく、買わないままだった。

イングヴェイを弾けるようになれば、
コピーできるとでも、考えていたのか、
いつもの行動からみて、今も不思議です。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.