僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
バルセロナギターフェスの「聖母の御子」
バルセロナギターフェスティバル」が、
91年に、NHKで放送されました。

巨匠、ナルシソ・イエペスを見ようと、
何となくつけると、クラシック以外の、
そうそうたるギタリスト達が、出演。

イエペスは、なぜかCDを持ってなくて、
嫌いでもないのに、今考えても不思議。

もともと、荘村清志山下和仁のLPを
買い集めていて、曲がだぶっているからと、
あえて別の演奏者で、買わずにいたせいか。

イエペスは、セゴビアと対照的な硬い音で、
機械的に演奏するなんて、イメージが、
いつのまにか、自分の中で形成されていたが、
この演奏を見たら、勝手な思い込みでした。

フラメンコのパコ・デ・ルシアも出演。

アル・ディメオラとの共演で話題の頃、
」だったか、ファリヤの曲集を聴く。

すごく気に入って、自分でも弾きたいと、
恋は魔術師」「三角帽子」から編曲した、
全音ギターピースの、楽譜を探したり、
J・ウィリアムスのCDを聴いてみるが、
パコの演奏とは、全然違っていた。

パコ流に、かなりアレンジしていたり、
アドリブソロの部分も多かったのでしょう。

バルセロナフェスでは、若手ギタリストと、
数曲演奏していたが、右手もさることながら、
左手で、かなり弦をチョーキングなみに、
押し下げているのに、すごく驚いた。

チョーキングなど、普通やらないだろうが、
握力が強くて、自然に弦が、たわむのか、
音程を微妙にコントロールしているのか、
このあたりも、異端児たるゆえんか。

両手タッピングで、一躍注目を浴びていた、
スタンリー・ジョーダンも、なぜか登場。

デビューLPは、すぐに輸入盤で買ったが、
実際の演奏を見るのは、初めてでした。

アレンジした演奏だと思っていたが、
アドリブしているように、見えたし、
かなり強く、タッピングしているのか、
音はクリアで、雑音もなく、感心した。

渡辺香津美は、山下洋輔とのデュオで、
息の合ったプレイを聴かせてくれた。

現地で活躍しているという、鈴木一郎は、
声楽歌手の伴奏の形で、カタロニア民謡、
聖母の御子」を、高らかに演奏した。

74年のNHK「ギターをひこう」で、
荘村清志のミニミニコサートで聴き、
レコードや譜面を探し回った曲のひとつ。

その後、小原聖子が、同番組の講師の際、
テキストに楽譜が掲載され、弾けることに。

今は、「クラシックギターのしらべ」や
名曲てんこもり」にも載っているのだが、
どれも和音などが、微妙に違っている。

編曲の違いなどもあるようで、一般には、
リョベート編カタロニア民謡とされるが、
演奏したセゴビア編という説もある。

イエペスのCDは、「セゴビア編」とあり、
セゴビアのCDでは、「トローバ」とある。

この記事を書くために、調べたのですが、
「トローバ」とクレジットされているのは、
セゴビア・ギターマジシャン」というCD。

ひええ、自分のニックネームに、なんと、
おそれ多い名前をつけてしまったんだ…。

自分の場合は、ギターの魔術師ではなく、
手品とギターの好きな一般人の意味です。

それで、フェスの鈴木一郎の演奏ですが、
すごく歌声が、ホールに響き渡っていて、
こういうのもいいなあと感動した。

同じNHKで、ペーター・シュライヤーが、
ギター伴奏で、シューベルトの歌曲、
水車小屋の娘」を歌うのを、以前見た。

そのときも、感動して、レコードと、
ギター伴奏譜を、すぐに買ってきた。

ソロギターも好きですが、ギター伴奏も、
奥が深くて、取り組む価値があります。

さすがに、弾き語りで「聖母の御子」を、
演奏しようとは、思いませんが…。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.